フィリピン英語留学から約1年!!あれからみんなの人生が確実に変わっててオモシロイ!!


IMG 1339

人生を確実に変えるイベントってなかなかありません。だけどハッキリ言えます。ぼくはフィリピン英語留学して確実にいろんなことが変わりました。

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのニューカッスルでハウスキーピン中のまえちゃん@Maechan0502です。

さてぼくは2013年の5月から7月まで3ヶ月間、フィリピンのセブ島という場所でフィリピン英語留学をしていました。

フィリピン英語留学の特長はマンツーマンレッスンです。1日6時間のマンツーマンレッスンを3ヶ月やり、ぼくは日常会話レベルの英語を話せるようになりました。

でもフィリピン英語留学で変わったことは、英語が話せるようになったことだけではありません。それはほんのわずかな側面だけで、フィリピン英語留学なんだから当たり前だろ!!ってツッコミが聞こえてきそうです。

というわけで、今日はフィリピン英語留学時代の仲間がどう変わったか?を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英語以外でみんながどう変わったのか?これから留学する人の参考になると嬉しいです。

1.海外の友達ができたので、お互いの国に遊びに行く

Photo写真はぼくの地元 横浜に遊びに来てくれた台湾人のKenと中国人のJoy

フィリピンの留学する英語学校には韓国、台湾、タイ、中国などいろんな国から留学する人が来ています。だから仲良くなって、その後もお互いの国に遊びに行くケースがほんとうに多いです。

もうぼくは何度もみんながお互いの国で再会している投稿をFacebookで見ています。笑

実際にぼくも台湾やタイに遊びに行った時に、留学していた時の友達と再会しました。そして日本でも台湾人や中国人の友達と会って、東京やぼくの地元である横浜を案内しています。

ぜひこれから留学する人は英語の勉強を頑張るのもいいけど、それ以上に外国人の友達を作ってほしいとおもってます。なぜなら英語は誰かと話すためにあるからです!!

2.外国人の彼氏や彼女ができて付き合う

IMG 1867

写真のぼくのルームメイトだった台湾人のKenは、フィリピン英語留学時代に日本人の彼女が出来ました。そしてなんと今でも続いてます!!おめでとう!!

日本と台湾を2人いったりきたりしていて、とっても仲睦まじいです。この前もメールしたら「ぼくらの関係は今とてもいい」とノロケてました。

また台湾人のNickyは韓国人の彼氏がいて、この前その韓国人の彼氏はぼくらのいるオーストラリアのニューカッスルまで訪ねてきました。正直フィリピンで付き合った時は、誰もが速攻別れるだろうと思っていたのにここまで続くとはビックリです。

付き合うと超遠距離恋愛になりますし、そしてフィリピンのセブ島でのひと夏ならぬ、ひとセブの恋になるパターンもあります。でも続いている幸せなカップルがいるということも報告しておきます。

3.フィリピン英語で出会った友達と一緒に仕事することになる

IMG 1761現在学校で出会った仲間と起業を企ててるフィリピン英語留学時代の友人

フィリピン英語留学で出会った友達と会社を立ち上げて、仕事をしようとする。こんなパターンもあります。まだ立ち上がってはいませんが、ぼくの日本人の友達同士で意気投合し、そしてセブで起業する人もいます。

また他の友だちも日本で起業について密かに計画してるみたいですし、意外とここでの出会いが人生を変えてると思いました。

またぼくもここで会った人からライターの仕事の依頼を受けて、文章を書かせてもらったことがあります。こういうパターンでも仕事を請け負うことがありました。

フィリピン英語留学はまだメジャーな留学手段となっていないため、新しいモノへの感度の高い人が多く留学してきています。だからか、ここで話が弾んで、そういうパターンにつながっているのかもしれません。

また日本人生徒ひとつとっても、東大から大手メーカー、デザイナーに、夜の水商売をしていた方、リタイア後のおじいさん、これからメキシコやインドで働く人など、とにかくいろんな経歴の人がくるので、本当に出会いがたくさんあります。

これらの多彩過ぎる繋がりが、予想もしなかった次のアクションを生むことになっていると肌で実感しました。そういった意味でもフィリピン英語留学は、同世代で固まりがちな英語留学よりオモシロイと思います。

4.その後ワーキングホリデーで一緒に行動する仲間になる

写真はこのワーキングホリデーで一番行動を共にしたLilyとNicky。台湾の桃園国際空港でオーストラリアに行く前に撮った

フィリピン英語留学する人の中で、一番多い次のパターンが「ワーキングホリデー」です。その多さは「この後オーストラリアでワーキングホリデーします!」と自己紹介すると「え?またそのパターン?」とガッカリされるほどでした。聞いておいて、それはないでしょ!!

特に韓国人も、台湾人もその後オーストラリアやカナダへワーキングホリデーする人がたくさんいます。だからフィリピン英語留学した時点で友達を増やしていくと、その後のワーキングホリデーが楽しくなります。

実際にぼくのワーキングホリデーはどの場所に行ってもフィリピン英語留学した時の台湾人や、日本人の仲間と行動を共にしています。この人脈は非常に強いので、もし行かれる方がいたら友達を作ってみてください。

5.フィリピン英語で出会った台湾人の女の子と一緒の家に住むことになる

DSC07351一緒に住んだ台湾人のLilyとNicky、そしてネパール人のカップル。

この例は他にないかもしれません。なぜならぼく以外で聞いたことがないからです。笑

2014年4月現在、ぼくはフィリピン英語留学で出会った台湾人の女の子と一緒に住んでます(もう一人いましたが、すでにこの前旅立ちました)。その子に仕事も紹介してもらって一緒に働き、ほぼ丸一日同じ場所で過ごしてます。

実際に同じフィリピンの学校で留学していたのは2013年の7月の1ヶ月だけだったのにです。その後ぼくが台湾に遊びに行ったり、一緒のタイミングでオーストラリアにワーキングホリデーしにきたりしました。

フィリピン英語留学での出会いが、意外なところまで一緒に行動を共にさせてくれました。ありがとう!!Lily。

こういうこともあることを、これからフィリピン英語留学するみなさんには報告しておきます。

まとめ フィリピン英語留学してぼくらは確実に変わっている

DSC01814

さていかがでしたか?そう、ここで今まで書いてきたことは一つの共通点があります。

それは全部「人」という言葉にまとめられることです。友達や彼氏彼女、仕事をする仲間など、共通点は全部「人」なんです。

しかも日本では正直浮いていたと思います。フィリピン英語留学をする人って。周りの日本人は英語の重要性をわかってくれないし、海外で働きたかったり、起業したかったりしても、すぐ否定から入ってくるような人ばかりに囲まれてきました。

でもフィリピン英語留学した時にぼくが一番良かったと思ったことは、「自分のやりたいことをわかってくる人がたくさんいる!」と感じ、そして一緒に話の合う仲間がたくさんできたことです。

それは日本人でも、外国人でも一緒でした。ぼくは決して独りじゃなかったんです。

だからこそぼくらは、今でも付き合える友達や仕事を一緒にしたりする仲間ができているんでしょう。

人との繋がりこそ何よりの財産です。それを与えてくれたフィリピン英語留学にぼくは本当にありがとうと言いたいです。

みなさんもフィリピン英語留学をすれば、こんな素晴らしい経験ができるかもしれません。悩んでいる人がいれば、一歩踏み出してみることをオススメします。

ではまた!