[旅エッセイ] はるかぁなるアンコールワット。その1


IMG 2616

ケツが痛い。

 
そう私が気づいたのは、カンボジアへと向かうバスの中でだった。
 
もう10時にバンコクのバスステーションから乗車して、かれこれ4時間が経つが、いっこうにこのバスは目的地のカンボジア国境に着く気配を見せない。
 
ケツが痛い。
 
ケツが痛い。
 
このままではオレの尻がフラットシートになってしまいそうだ。
 
一体あと何時間かかるんだ?
 
そう思ってiPhoneを取り出し、Googleマップで国境付近にピンを立てて時間を調べると、どうやらここからさらに50分近くかかるらしい。

IMG 2621
 
長い。長すぎる。
 
しかも国境にたどり着くだけでこの時間だ。さらにアンコールワット近くの街カンボジアのシェムリアップまでの時間を調べたら、さらにここから約3時間かかるそうだ。
 
狂っている。
 
私は確信した。自分のケツが発狂するのも時間の問題だろう。
 
しかし本当の問題は、自分のケツがフラットシートになることではない。
 
 
である。
 
 
どうやら今朝バスステーションのトイレに入った時に気づいたのだが、持病の痔が悪化したようだ…。
 
原因はおそらく……というより、ほぼ100%だろうが、連日のトムヤンクンの食べ過ぎで、ケツの奥底が焼けるようにペイン(Pain)している模様である。
 
このままでは明日8月15日の終戦記念日を待たずして、私の
 
「ア・ナルニア帝国」
 
白ブリーフを挙げかねない
 
きっとタイが2500年以上どこの国の支配下に置かれずに独立を保っているのは、私のようにトムヤンクンの食べ過ぎで尻を下し、いろんな国の兵士が戦意を喪失したからだろう。
 
そんな確信を私はそろそろ国境にさしかかろうとする、この国で得た。
 
そして最後にどうしてもみなさんに伝えたいことがある。
 
 
ケツが痛い。
 
 
今の私がみなさんに伝えたいのはそれだけである。
 
PM 2:45  Near the border between Thailand and Cambodia 
 
続く