台北のマンゴーかき氷の名店と言えば冰讃(ピンザン)!半年か営業しないお店が2016年も営業開始しました


Pingzan 015

台北でマンゴーかき氷が食べれる名店と言ったらここでしょう。なんせ半年間しか営業しないのですから。

こんにちは。マンゴーかき氷と言えば原宿に出店してるアイスモンスターも有名ですが、アンチアイスモンスター派のまえちゃん@Maechan0502です。

……なんで台湾の台北まで来て、あんな250元 (約850円)もするかき氷店に行かなきゃいけないのか、正直台湾に約1年間住んで疑問に思うようになりました。サービスもそんな良くないし。

いやー、観光客向けのお店って、値段と味とサービスが見合わなくてイヤになりますよね。

しかし!いや、だからこそぼくが台北でマンゴーかき氷を食べるなら、オススメしたいところがあります。

それがマンゴーが取れる半年間のシーズンしかオープンしない台北の冰讃(ピンザン)です。

今年も4月15日からオープンしたので、さっそく去年に引き続き食べに行ってきました。

ではどうぞ。

スポンサーリンク

冰讃(ピンザン)への行き方

Pingzan 001

さて冰讃 (ピンザン)はかなり立地的に良い場所にあります。台北駅から赤い淡水線に乗って淡水側に2駅行き、雙連駅から徒歩3分!なので、出口さえ間違えなければすぐに着きます。

Taipei pingzan map

地図で見るとこんな感じ。いやー、非常に近いですね。しかしぼくは先日人と一緒に行って、余裕ぶっこいて地図を見ずに行ったので、見事に道を間違えて反対方向に行ってしまいました。

ここでは道を間違えないためにも、書き残しておきます。ぼくみたいにはならないでください。

How to go to pingzan 01

まず雙連駅の2番出口を出ましょう。そこから2番出口を背にして、右側に歩いて行きます。

How to go to pingzan 02

民生西路を真っすぐです。

How to go to pingzan 04

途中の目印としてモスバーガーがありますので、そこを通り過ぎ、次の目印はファミリーマートになります。

How to go to pingzan 05

How to go to pingzan 06

ファミリーマートを過ぎたら、ここに出るのでそこをすぐに右折!

これで冰讃 (ピンザン)に着きました!本当に出口さえ間違えなければ簡単に着きます……。

冰讃(ピンザン)のオススメの注文メニュー

Pingzan 008

店内に入ったら、そのまま注文しましょう。

こちらの店員さんは日本語ができるし、メニューも日本語対応しているので、日本人にも簡単です。

Pingzan menu 06

Pingzan menu 01

オススメはマンゴー雪花氷(シュエファービン) 120元 (約410円)です!

1台湾ドル=3.4円計算 (2016年4月現在)

去年の100元より20元値上がりして120元になりましたが、去年は1台湾ドル=4円(2015年4月当時)で、約400円だったので、値段的にあまり変わりませんね。

為替レートって本当に重要です……。

雪花氷(シュエファービン)は雪のようにフワフワなかき氷のことで、2015年から日本でも流行り始めた台湾かき氷のことです。

マンゴーミルク氷は普通の荒い氷ですが、練乳がたっぷり乗っています。

どちらか好きなほうをどうぞ。

Pingzan menu 03

マンゴーとスイカのかき氷もオススメです。ただぼく的には日本では食べられないマンゴーをたっぷり食べたほうがいいので、どちらかといえば雪花氷(シュエファービン)が好きですね。

まあまあなメニュー

Pingzan menu 07

60元 (約210円)で飲める新鮮果汁もいいです。持ち帰れるので、お店を出る時に飲みながら出るといいかもしれません。

Pingzan 019

逆にやめておいたほうがいいメニュー

Pingzan menu 05

逆にオススメできないってほどでもないですが、いきなり初回で行って注文するともったいないのがマンゴー以外のかき氷です。

他のお店でも食べれるので、ここであえて注文する必要はないでしょう。

Pingzan 016

注文のやり方

カウンターでメニューを決めたら、番号札を渡されるので、その後に席を見つけてください。順番がきたら日本語で呼ばれます!

Pingzan 009

そしたらカウンターのかき氷を取りに行けば大丈夫です。

冰讃(ピンザン)のマンゴー雪花氷(シュエファービン)食べてみた

Pingzan 013

というわけで、去年も通いまくりましたが、今年も台北に行ったので食べてきました。

Pingzan 010

いやー、金色に輝いています!これで120元 (約410円)はたしかにお得。日本じゃ絶対食べられないコストパフォーマンスです!

Pingzan 014

このきめの細かい氷が雪花氷(シュエファービン)。非常に綺麗ですね。台湾に来ると、日本のかき氷文化がいかにショボいかを痛感します。

Pingzan 015

ヤバイ!うまい!

正直に言うとまだ時期的に早いので、甘さはまずまずってところでしたが、マンゴーが食べれるのでそれだけで満足です!

これから6月のマンゴーシーズンに向かうにつれて、糖度が増してもっと良くなることでしょう。夏が楽しみです。

台湾に来て良かった!!

Pingzan 012

ちなみにぼくはいろんな人をここに案内するんですが、最近仕事で台北に住み始めたさとちゃんを連れてきたら、とても喜んでくれました。

本当にいろんな人に反応いいので、誰が来ても満足度が高いかと思います。

まとめ 台北のマンゴーかき氷と言えば、冰讃 (ピンザン)!!

Pingzan 013

というわけで、ぼくの台北でオススメするかき氷のお店・冰讃 (ピンザン)!

アイスモンスターやマンゴーチャチャというお店で食べるマンゴーかき氷も美味しいことは美味しいんですが、250元 (約850円)の値段を取られて、しかも2人分の量が出てくるので、1人で行くには向いていません。

忠孝復興駅近くのマンゴーチャチャはサービス的にもいいし親切だし、東門駅から入る永康街のスムージーもザ・フルーツ台湾かき氷って感じでオススメなんですが、1人分のマンゴーかき氷を美味しく食べるなら冰讃 (ピンザン)がオススメです。

さらにこれの上を行く台湾史上最高のマンゴーかき氷は、マンゴーの名産地・台南の玉井で食べられるらしいんですが、台北で食べられるぼくのオススメはここ!

今度は台南の玉井のマンゴーかき氷もレポートしますが、今年台湾旅行する方は台北で食べるならこちらの冰讃 (ピンザン)がいいです。

ぜひ台湾旅行を楽しんでください!今年は2016年10月末までしかやっていないので、お早めに!!

ではまた。

【詳細情報 冰讃 (ピンザン)】

住所 台北市雙連街2號

営業時間 11:00~22:30

休業日 不定期 2016年11月から2017年3月まではまた閉店する予定です。

[関連記事]

初心者必見!3泊4日で台北を思う存分エンジョイする旅!台湾人の監修付き

これを逃したら台湾旅行したとは言えない!絶対に押さえておきたい8つの台湾観光スポットまとめ

台北食べ歩きデートは永康街で!ぼくが男友達とデートの予行練習してみたよ☆

台湾でタピオカミルクティー(珍珠奶茶)を飲もう。有名店7つを集めて、ぼくのオススメランキングを発表します

日本で今大注目の台湾かき氷!台湾旅行にきたら台北で行くべき有名店5つをランキングでオススメします