【報告】経験者に生で質問してみて!第2回フィリピン英語留学・ワーホリ相談会を開きました


Second sodankai 01

フィリピン英語留学・ワーホリの不安を経験者に直接質問してみませんか?

こんにちは。現在台湾でワーキングホリデーしているまえちゃん@Maechan0502です。

さてぼくはそんな告知を約1ヶ月前の9月11日にブログでしました。そして今回、日本に一時帰国してきて実際に開いたので、その模様を報告してみたいと思います。

次の帰国でも開きたいと思いますので、「実際どんな感じだったの?」という様子を見てもらえれば嬉しいです。

では行ってみましょう!

スポンサーリンク

2015年10月11日 東京の吉祥寺で開かれた第2回フィリピン英語留学・ワーホリ相談会の様子

Soudankai cafe second

第1回目は新宿のカフェだったのですが、今回第2回目の会場は吉祥寺のカフェです。ぼくは開催当日まで国外にいたので、共同主催者でオーストラリアワーホリ経験者のクスモトさんに全部会場を探してもらいました。本当に彼なしでは開けなかったです。ありがとうございます!

当日は14時に吉祥寺のカフェに集まり、カフェの個室を貸し切りました。

事前に興味あるものを参加応募の時にアンケートをとったのですが、フィリピン英語留学がダントツで一番人気!なんと10人中7人が興味を示してたほどです。

次にオーストラリアワーキングホリデー&留学、カナダ留学やスペイン留学、台湾まで興味ある人がいて、バラエティーに富んでいました。

だから前回の3月に開いたときの参加者の山口さんが、この半年間を経てフィリピン英語留学3ヶ月間の経験者と戻ってきてくれたので、非常にありがたかったです。

ぼくとクスモトさんという2人の主催者と1人のフィリピン英語留学経験者の山口さんが、これから海外へ行く予定の10人の参加者さんが座っている3つのテーブルを、40分ごとにローテーションしてまわりました。

Kingspark 02

ぼくが聞かれて答えた内容は

  • フィリピン英語留学するか、オーストラリアで語学学校に通うか、どちらがいいのか?
  • オーストラリアへどうやってお金を持っていくか?
  • ワーホリで保険に入ったほうが良いのか?
  • オーストラリアでの仕事の探し方
  • 日本から海外へでこれだけは一番変わった思えたこと
  • おカネを稼ぐんじゃなくて、本当にやりたいことを探しにワーホリに行ったほうがいいこと
  • 怪しいと思う外国人の見分け方
  • 台湾人やフランス人と話すときの心の開き方
  • ワーホリに行く直前に日本で消費税を払うことなく、買い物をする方法
  • なんでそんなに腰が低いんですか?などなど

などなど、ぼくの語れる範囲でいろいろ答えてみました。特に「ワーホリに行く直前に日本で消費税を払うことなく、買い物をする方法」はブログに書けてないので、対面で話すという形ならではかと。

そして「いつまでも準備なんてしてないで、できる準備だけしてさっさと行ったほうがいいですよ」と足踏みしている人には伝えてきました。

ぼく自身が台湾へ今年の5月からワーホリへ行く前は、足踏みもしてて非常に情けなかったです。でも未完成でも良いから挑戦することは、今住んでいる台湾で良い出会いも引き寄せてくれました。だから参加者さんの何人かに「ある程度準備したら、早く行きましょう!」と焚き付けてきた次第です(笑)

Second sodankai 05

そしてぼくのタイムキープがなっていなかったので、全員と話しきれずに2次会へ突入。

幹事のぼくは「まさか2次会は行かないだろう」と思っていたので、2次会の会場選びに慌てて、参加者の方に助けてもらいました。Aさん、ありがとうございます。

参加してくれた方は、本当にこれから海外へ挑戦していこうという方々ばかりなので、ぼくが2次会でサヨナラを言うまで、本当に楽しかったです。

そもそもぼくが何で相談会を開こうと思ったのか?

DSC07280

さて実際に開いてみて、「まわりにフィリピン英語留学やワーキングホリデーを行く人がいないので、こういう集まりを開いてもらってありがたいです」と嬉しいことを参加者の方々から言ってもらえました。

その言葉を聞いた時に、まさに「こういう海外を目指す人の集まりを開いて良かったなぁ」と実感しました。

なぜなら昔のぼく自身が、フィリピン英語留学やワーキングホリデーへ行く時に、行ってきた経験者と話せたことが嬉しかったからです。

「え、海外行く?学生時代に英語の偏差値がダメだったのに、オマエがしゃべれるようになるのかよ?」

ぼくはこんな感じで海外へ行く前に、まわりのいろんな人から否定されました。そして「あなたのためを思って」という前置きをつけて、たくさんの友人や親戚の人たちから、「いかに26歳がこれから海外挑戦するのが甘いか」をダメ出しばかりされたことを思い出します。

でもフィリピン英語留学やワーキングホリデー、ブログのことで生活できつつある今の状況を振り返ると、あのダメ出しは全然役に立たなかったと感じるんです。

Byronbay sunrise 09

世の中ダメ出しだけされて「こんちくしょー!でもありがとう!」と思える人間など、ごくわずかではないでしょうか。ぼくは未だに「否定だけして代案も出さないなんて……。その言い方はないでしょ」と思ってます。

そしてそれよりはるかに役に立ったのは、行く前のぼくに経験者が語ってくれたアドバイスでした。

ブログのワークショップに行ったら知り合ったフィリピン英語留学経験者や、母親が紹介してくれたワーホリ経験者の近所のお兄さん。

そしてネットを通じて出会った『Last day.jp』のまたよしれいさん@Sayobs「マエハラくん、いつまでに日本にいるの?ビビってないで、さっさと行っちゃいなよ!待ってちゃダメだから」など、時には厳しくも温かかった言葉の数々が、今のぼくを作ってくれたと思うんです。

[関連記事]

↓人にエラそうなことを言えないぼくの過去

おカネがないからやりたいことができないと言い訳してたのは、29歳のぼくだった

だからこそぼくは自分がされて嬉しかったことを、次に行く人に伝えたい。そう思って、ぼくはできる範囲でいいから、これからもこういう会を続けていこうと思います。

まとめ 海外へ行く人の輪を広げたい

Second sodankai 07左から主催者のクスモトさん、フィリピン英語留学経験者の山口さん、そしてぼく

今回開いた第2回目の相談会は、半年前の第1回目に開いた時に参加してくれた山口さんが再び参加してくれました。

「前回つながったフィリピン英語留学経験者にたくさんアドバイスをもらえたんで、今度はあの後3ヶ月間フィリピン英語留学を経験した私が伝えられればと思って」

と言ってもらえ、ぼくは心の底から嬉しかったです。あの言葉を忘れることはないでしょう。

また今回一緒に共同主催してくれたクスモトさんもこれからオーストラリアにワーホリに行くし、ぼくより数倍のスピードでブログをさせているので、これから現地で良いワーホリブログを発信してくれると思います。

経験者の言葉は厳しいときもあるけど、ポジティブだし、何より生きた情報です。その熱を直接会うことで感じてほしいと思います。そう、ぼくがその熱に動かされたように。

Second sodankai 01

これからスペインとアルゼンチンを目指す女性、会社を辞めさせられて再スタートを切るタイミングでこの相談会に来てくれた女性も、31歳過ぎてから海外へ長期滞在を目指す男性も、

カナダでGCデザイナーしながらワーホリする男性も、日系ブラジル人のご両親を持っていて、これからフィリピン英語留学とオーストラリアを目指す10代の男の子も、

フィリピン英語留学とオーストラリアのパースで留学する予定の女性も、30歳前で再び海外へ行こうと生き方に悩んでる女性も、台湾が好きな10代の女の子も、

これからオーストラリアへ行くと決めて、さっそくぼくの話聞いてオススメした文法の本をブックオフで買ってくれた男性も、そして会社辞めてから3ヶ月間アルバイトして経験積もうといって、「さっさと行ってください!」とむかし逃げてたぼくに言われた男性も、

本当に来ていただきありがとうございました!

今回は日本でしたが、次は世界のどこかでまたお会いできるのを楽しみにしています。そしてこの相談会でなくてもいいので、経験者にまわったらこれから挑戦する次の誰かに、その経験を伝えていただければ嬉しいです。

ではまた。

[今回の相談会の関連記事]

共同主催者のクスモトさんのブログです。ぼくより詳しくちゃんとレポートされてます。

ワーホリ&フィリピン留学無料相談会に主催者側として参加をしてみて。学んだことと考えたこと。| のぶろぐ〜好きをもとめて1光年〜

参加者のシンさんのブログです!

フリーランスCGアーティストの日常 |

[関連記事]

【報告】2015年3月28日にフィリピン英語留学・ワーホリ無料相談会を新宿で開きました!

【無料】対面で質問してみません? 10月11日 日曜日に都内でフィリピン英語留学・ワーホリ相談会を開きます!

おカネがないからやりたいことができないと言い訳してたのは、29歳のぼくだった

海外旅行者&留学生必読。海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法

これで安心。海外旅行保険をタダにできる年会費永久無料のクレジットカード5選

オーストラリアワーホリでお金を持ち込んで両替するならマネパカードが今一番便利です