日本のガイドブックに載ってない超ローカルちまき店を心から絶賛したい。台南の遠馨阿婆肉粽を紹介します!


日本のガイドブックに載ってない地元台南人オススメのお店、紹介しちゃいます。

どうも!!台南在住1年突破のまえちゃん@Maechan0502です。

いやー、ぼくもこんな台南に長く住むとは思わなかったんですが、最近日本人旅行者から聞くのは

「台南に行きたいけど、情報が少なすぎる」という悩みです。

たしかにガイドブックの台南ページはやる気があるのか!?と思うくらいペラペラですので、ここは台南在住のブロガーのぼくが頑張りたいと思います。

そこで今回オススメしたいのが台湾のローカルフードのちまきです。台南ではいくつかお店で食べられるのですが、今回は

街の中心部からちょっと外れてて、お店で買っても持ち帰るだけ、ホテルやゲストハウスに持ち帰って自分で温めないと無理!

という三重苦のようなお店を紹介したいと思います。

おい、やる気あるのか!!

と罵倒されそうなんですが、でも味は抜群に美味しいので是非食べていただきたいと思います。いやほんとなんですよ、この美味しさ。

ではどうぞ。

スポンサーリンク

遠馨阿婆肉粽への行き方

Koushibyou

遠馨阿婆肉粽は台南の中でも少し不便なところにあります。台南の有名観光地の孔子廟から徒歩10分の場所です。

孔子廟自体は誰もが行く台南の観光地なので、そこまで遠くはないんですが、そこから途中に大した名所もないところまで10分も歩かないといけません。

しかも着いてもレストランではないので、おみやげとして買わないといけないところまで歩く必要があります。

しかし!このちまきが美味しいんです!!もうレンタル自転車を借りて行っても元が取れるはずなので、ぜひトライしてみてください。

地図はこちらです。

孔子廟から南門路をまっすぐ進み、南寧路が見えたら、そこを右折します。

ちょうど写真のような狭い小道に入ります。中山國中の前で曲がると知って入れば分かりやすいのではないでしょうか?

曲がったら20メートルくらい行くだけで目的の遠馨阿婆肉粽にたどり着きます!

遠馨阿婆肉粽での注文のやり方

中に入ると、おじいさんとおばあさんがちまきを売っています。日本語は一切通じないどローカルなお店なので、そこは身振り手振りで頑張ってください(笑)

しかしちまきの種類はたった2種類なのでご安心を!!

  • 傳統美味粽 (伝統の美味しいちまき) 35台湾ドル
  • 香菇栗子粽 (栗の入ったちまき) 45台湾ドル

この2つだけしかないので、自分の好きな方を選んでください。2つとも大きいおにぎりくらいサイズがあるので、買いすぎにだけはくれぐれも注意です。

……ぼくはサイズを知らずに10個も買ったので、かなりあとあと食べるのに苦労しました。

種類と個数をおっちゃん、おばちゃんに伝えればビニール袋に包んで持たせてくれるので、あとはホテルやゲストハウスに戻って食べましょう!

ちまきの食べ方

さてここのお店はめちゃめちゃオススメなんですが、1つ問題点としてお店の中では食べられない!!という問題点があります。

そこで必然的にホテルやゲストハウスで温める必要があるんですが、今回ぼくは台南の日本人ゲストハウスはむ家に泊まっていたので、そこでやってみました。

[関連記事]

台南に行くなら絶対オススメ!居心地の良すぎるゲストハウス、台湾の台南にあるはむ家さんを紹介します

使うのは台湾の家庭には必ず1台あると言われている、台湾だけが誇る家電製品の大同電鍋です!!

[関連記事]

日本人の知らないザ・台湾文化!!台湾の家庭に必ず1台ある台湾家電の大同電鍋 (ディエングォ)を使って、お米を炊いてみました!

こちらはその昔日本の東芝と共同開発して両国で発売したのですが、なぜか台湾だけ大受けでしたという家電製品であります。

どうせ台湾で食べるなら、この電鍋を使って温めると美味しくいただけます。台湾感も増しますしね!

ホテルで食べる場合は、スタッフの方に頼めばやってくれるのではないかと思われます。

電鍋の使い方は簡単。電鍋の中に金属製の穴の開いた電鍋付属のむしろを敷き、そこにちまきをセット。

ちまきまで水が浸らない程度に水を入れればオッケーです。台湾人は細かい水の容量とか気にしないので、テキトーに入れてください。

あとはスイッチを下ろして10〜15分ほど待てば、温かいちまきができます。

ハイ、できました!!いやー、とても美味しそうです!!

振り返って ちまきを食べた感想

それでは地元台南人も絶賛するという名店のちまきを食べてみましょう。

台南の別のレストランで食べるちまきは甘いタレがかかっていて結構甘いんですが、ここは持ち帰ってきてるのでそもそもそんなものは付いていません。

食べてみると、薄い塩味で本当に昔ながらの味わいです。ここまではフツーでまあそこそこの味かなぁと思っていたのですが、

……ちまきに入ってる肉がうまい!!なんだか、コレ?美味すぎるんですけど?!

角煮のようにホロホロしたお肉が口の中でとろけて最高です!!うん、これならわざわざ孔子廟から時間かけて歩いていき、買いに行く価値があります。

あまりにもぼくがちまきを買いすぎてしまったため、一緒にゲストハウスで食べてもらった日本人にもおすそ分けしたのですが、2人とも絶賛していたので本当に味は確かです。

中に入っている椎茸もしっかり味がしみて美味しかったので、ちまきのもち米の部分の味が薄かったのは、具材とのおバランスをとるためだったのでしょう。

いやー、ここは本当に大満足です!!

最後に

そんなわけでぼくは長い間気になっていた遠馨阿婆肉粽に行ってきたのですが、もう期待を裏切らない最高のちまきでした!!

台南自体、ガイドブックに情報があまり載っていないし、その中でもここは不便でローカル感に満ち溢れているのですが、それを振り切ってでも行く価値があります。

念のため泊まっているホテルやゲストハウスで買ったちまきを温められるか?という確認は必要ですが、それができたら心から食べてもらいたい一品です。

本当に地元の人から愛されるお店は外れないと感じた出来事でした。

歩いて行くと遠くて不便ですが、ゲストハウスなどで貸し出してるレンタル自転車を借りればすぐですし、台南らしさを味わってほしいです。

それでは楽しい台南旅行を!!

ではまた。

[お店情報]

住所: No. 56, Nanning St, West Central District, Tainan City, 700
06 213 7821

営業時間:

午前7時から夜19時 まで

定休日:年中無休 (旧正月など特定の祝日のみ休み)

予算:35〜80台湾ドルくらい

クレジットカード: 不可

日本語通じるか?: 日本語は通じないです。

Posted from するぷろ for iOS.

[関連記事]

マイ台湾ベスト小籠包!台湾の南部の台南にある都華上海は遠いけど、食べに行く価値を保証します!

台南グルメと言えばサバヒー粥で決まり!地元の台南人から愛される阿憨鹹粥を紹介します

台北じゃ食べられない!正忠排骨飯の265円中華フライドチキン弁当は台湾の弁当で一番ウマいとぼくは思う

台南に来たら老店紅茶 雙全で一杯紅茶を飲んでほしい。なぜならここは美味しいだけなく、日本語が話せる台湾老人がいるから

台湾台南の名物ドリンクはビールのハイネケンと緑茶ミックス!?台南発祥の海尼根緑茶を紹介します