台湾のコンセントって実は日本と一緒!台湾旅行での基本知識まとめ。旅行前に準備が楽になる7つの注意事項を作ってみました


Taiwan kyufun01

海外旅行というとハードルが高いかもしれませんが、実は台湾なら日本と全然変わらないって知っていましたか?

こんにちは。そろそろ台湾在住1年半を突破しそうなまえちゃん@Maechan0502です。

さて近年ブームの気配を見せている台湾旅行ですが、それでも海外旅行というと心理的ハードルは高いものです。

ぼくも海外旅行に慣れていない自分の家族が台湾に来た時に日本からペットボトルの水を持ってきたのを見て

「あー、海外旅行っていうとみんなこんなイメージだよね……」と適切な情報を伝えなかった自分を反省しました。

そう!意外と台湾って安全で、日本と同じものも多いので、肩肘張って準備しなくてもいいんです。

というわけで、今回はぼくが台湾旅行に来る時に初心者が知っておくと準備がラクになるまとめを作ってみたので、旅行前に台湾への心理的ハードルを下げられたら嬉しいです。

ビザやベストシーズン、コンセント、トイレ、水道水、日本語がどれくらい通じるかなど、まとめてみました。

ではどうぞ!

スポンサーリンク

台湾に入国するときにビザはいるのか?

Passport stamps 018

さて台湾旅行だけでなく、海外旅行をする時にはパスポート (旅券)と一緒にビザ (査証)が必要です。

ビザ (査証)とは聞き慣れませんが、要は入国許可証のこと。パスポートが自動車に乗れる免許証なら、ビザとはそこに入れる許可証になります。

国によってはアメリカやオーストラリアのようにESTAやETASという電子ビザを申請しないといけなかったり、カンボジアやロシアのように紙のビザを渡航前に取得する必要があります。

しかし台湾はパスポートさえあれば観光で90日間の滞在が許されているので、観光目的ならビザは必要ありません。

また余談だと、日本だと外国人は年間180日間しか滞在できませんが、台湾は日本人の場合は入国に制限がありません。

台湾で長期滞在している日本人は90日間観光ビザで出入りしている日本人が、ぼくを含めて多く見受けられます。

結論:観光目的ならパスポートさえあれば90日間の滞在が許される

親日国・台湾はどれくらい日本語が通じるのか?

Chahonaji taipei 016ぼくの台北に住んでいた時のお気に入りドリンクスタンド。お姉さんが日本語をしゃべれます。

続いてビザの問題がわかったところで、気になるのは日本語がどれくらい通じるか?です。

こちらは台湾の観光地だと理解してくれる人が多いと言えます。『千と千尋の神隠し』のモデルになった九份のお店は二言語が通じるし、名の知れた小籠包の高級レストラン鼎泰豐 (ディンタイフォン)でも日本語でオッケー。

台北は観光地化されすぎてるので、日本人の訪れる王道観光地は日本語が通じます。

また台湾の大学には4年間みっちり日本語を学ぶ日本語学科があるので、若い人でも日本語を話せる人はいます。全然観光客のいない場所でも日本語を流暢に話せる台湾人がいたりするので、日本人旅行者は驚くことでしょう。

あと1945年までの日本統治下で教育を受けているため、まだ80歳以上の台湾のお年寄りは日本語を話せます。運よく旅行中に出会ったら話せるチャンスがあるかもしれませんので、もし出会ったらその時間を大切にしてほしいです。

あと少しで、外国人なのに日本人のように日本語をしゃべれる人はいなくなってしまいます。台北の二・二八紀念館などでボランティア活動をされている台湾のお年寄りもいらっしゃいますので、チャンスがあれば話を聞いてみてください。

結論:観光地は日本語対応してる。しかし普通の台湾人も大学で勉強してたり、80歳以上のお年寄りは戦前の日本教育を受けているので、意外なところで日本語が通じる

[関連記事]

【お店が変わりましたが、オーナーと場所は一緒です】台湾人のリアルな親日さをあなたに。中正紀念堂駅近くのジュース屋さんは穴場観光地です

台南に来たら老店紅茶 雙全で一杯紅茶を飲んでほしい。なぜならここは美味しいだけなく、日本語が話せる台湾老人がいるから

観光ベストシーズンはいつ?

Eikougai 002夏の台湾は暑すぎて、こんな光景が見られる

台湾観光のベストシーズンは、ズバリ3月中旬〜5月中旬と10〜11月です。

ここの正味2ヶ月ずつの4ヶ月間が気温的に30度以下を下回って暑くもなく、逆に20度以下にもならないので寒すぎないと言えるでしょう。

そして声を大にして伝えたいのが、12月〜3月上旬の台北は意外と寒いし、天気も悪いという事実です!

そう、台湾は沖縄より南なので南国のイメージがある人が多いんですけど、中国大陸から季節風が吹き付けるので、冬は寒いんですね。

特に台北は12月から2月にかけて日本の日本海側のように曇り空ばかり続く日が多いので、冬に台北にいると自分の気分まで鬱々としてきます。

冬の台南、高雄はまだ晴れ間が多いので、冬は南部の台湾を旅するのがオススメです。

一方台湾の夏は30度を超える殺人的な直射日光が照らし、強い台風が襲い掛かるのでオススメではないですが、台湾の夏はマンゴーの季節!!

6月から8月に食べられるマンゴーは味が抜群に美味しいので、夏の台湾は暑いけど楽しいです。

結論:台湾の気温的ベストシーズンは3月中旬〜5月中旬と10〜11月。ただしマンゴーを食べたければ、6〜8月がベスト!!

12月〜3月上旬までは台北は寒くて天気悪いので、南部の台南・高雄あたりが良い

治安はどれくらい良いの、悪いの?

Taiwan kyufun02

旅行で気になるといえば治安です!!海外旅行に慣れていないと「海外イコール危険」と思う人もいますが、台湾はかなり安全!!

ぼくも台湾で暮らすようになってびっくりしたのですが、台湾のスターバックスにノートパソコンを放置してトイレに行っても盗まれないくらい大丈夫です。

もちろんひったくりや騙してくる人もいるので油断はしてはいけないと思いますが、路上を歩いていたらストリーチルドレンに囲まれてiPhoneを盗まれるフィリピンなんかより全然大丈夫なので、そこは安心してもらえればと感じます。

日本人海外旅行初心者が一番旅して安全な国。それが台湾です。

あ、ちなみに台湾の駅や公園で寝てもほぼ安全ですが、最近野宿をしようとした日本人旅行者が台湾の警察に止められてニュースになったので、野宿はしないでください。

結論:台湾の治安は日本とほぼ同じくらい安全。ただし気を抜いてはいけない。あと野宿も禁止。

台湾の水道水は飲めるか?

Taiwan suido 01

結論から言うと、台湾の水は一応飲めます。

ただし台湾の上下水道の歴史は戦前に日本統治時代に整備されて、その後1945年以降国民党政権になってから、そこまで熱心に整備されていません。

だから蛇口から直接飲むのはあんまりよくないです。

ホテルなどでは浄水器をつけらて水を濾過された水を飲んでください。また駅や空港ではウォーターサーバーが置いてあるので、そこから飲む水は安心です。

台湾ではそういうウォーターサーバーで水を汲む習慣があるので、日本から水筒を持っていくと便利だと思います。

結論:台湾の水道水は飲めるけど、ウォーターサーバーの付いてるところから飲んだほうが安全。

台湾のトイレにティッシュは流せるか?

Taiwan toilet 02トイレにゴミ箱のついてる台湾のトイレ

水は飲めるとわかりましたが、その一方で気をつけてほしいのは、台湾のトイレにはティッシュは流せないという事実です。

ぼくも慣れない時はやってしまった日本人あるあるですけれど、下水道が整備されていないためにトイレの隣に設置してあるゴミ箱に使用済みティッシュを捨てる必要があります。

「なんでこんなトイレにゴミ箱があるんだろう?」と思われるかもしれませんが、そのまま流すとトイレが詰まるので気をつけて下さい!!

注意!トイレにトイレットペーパーが付いていないトイレもあり!!

Taiwan toilet 01

あと台湾のトイレで危険なのは、時々トイレットペーパーがついてない場合というハードトラップ (深刻な罠)です。

先ほどの写真のトイレはまさにそう!!

その場合はティッシュペーパーを買うか、トイレの入り口にでっかいトイレットペーパーロールが付いているので、そこから紙を取ってきてください。

意外と台北駅から桃園国際空港へと向かうときの國光バスステーションにあるなど、誰もが使う場所に潜んでいるので要注意です。

逆に新光三越のトイレはトイレットペーパーを流せるので、さすが日系デパートだと思いました。またホテルのトイレも流せるので、外出時に気をつけてください。

結論:台湾のトイレにトイレットペーパーを流してはダメ!あとトイレットペーパーが入り口にあるトイレもあるので、急いでいるときは要注意!!ティッシュがあったほうがいいかも。

台湾のコンセントは使えるの?

Takao airport 012台湾の高雄国際空港のコンセント 形状・電圧ともに日本と同じ。

現代はスマートフォン全盛でたとえ海外に行って電波が入らなくても、スマートフォンのカメラを使う人は多いと思います。

そこで気になるのが充電です。海外だと電圧やコンセントの形状を気になる人が多いと思いますが、台湾のコンセントは日本と同じ!!

戦前50年間日本の統治下にあり、コンセントの形状は日本と一緒なので、日本から変圧器やコンセントプラグを買う必要はありません。

台北の駅や空港でも充電できるスポットがあるので、スマホなどの充電コンセントはスーツケースにしまわずに持ち運んでいると便利です。

ただ電圧だけは日本が100Vで、台湾は110Vだから違います。

でも現在のスマートフォンやデジカメに付属してるメーカーの充電器には最初から変圧器が組み込まれているので、スマホ、PC、デジカメなど精密機器関係は変圧器が必要ありません。

結論:台湾のコンセントは日本と一緒。変圧器・プラグともに持って行く必要はなし

数日間の台湾旅行で海外旅行保険は入るべき?

Narita airport hoken mitsuisumitomo

安心して旅行に行けるのがわかったところで、疑問になるが「数日間の旅行で海外旅行保険は必要なのか?」です。

現在はH.I.SなどのパッケージツアーやLCC (格安航空会社)の予約サイトで「安心のために海外旅行保険の購入をお勧めします」と書いてありますが、ぶっちゃけこれは必要ありません。

正確に言うと、一部のクレジットカードに同等レベルの海外旅行保険が付いているので、わざわざお金を払って購入しなくてもクレジットカードの海外旅行保険で代用できます。

年会費無料のクレジットカードについている海外旅行保険の付帯保険さえあれば、無理してお金を出して払う必要もないです。

実際にぼくはクレジットカードの海外旅行保険で台湾の病院に行きましたが、システム的には保険会社のサービスに連絡するか、クレジットカード会社に連絡するかの違いだけだけでした。

数日間から数カ月の短期台湾旅行の場合は、クレジットカードの海外旅行保険で節約することをぼくはオススメします。

結論:90日間の台湾旅行なら一部のクレジットカードの付帯保険で無料にできる

[関連記事]

クレジットカードの海外旅行保険を使ったら、本当に台湾の病院に無料 (タダ)で行けたので、その過程を報告してみました

エポスカードは無料のクレジットカードの中で海外旅行保険、両替キャッシング機能が一番使えるので、ぼくは全身全霊でオススメしたい

まとめ 台湾旅行はほぼ日本と変わらずに旅行可能!

というわけで、いかがでしたでしょうか?

海外旅行というとハードルが高そうに思えますが、台湾旅行は非常にハードルが低いです。

実際に台北に来てみると、「台湾って日本と変わらないね」というコメントを多くの人からもらってぼくはちょっと悲しい気分になります。

しかし裏を返せば、それほど海外旅行ほど気負わずに海外に行けるということなのかもしれません。

LCC (格安航空会社)でチケットを取れば、東京台北間はわずか往復2万円で行けるので、よかったら台湾に来てください。

ではまた。

[関連記事]

初心者必見!3泊4日で台北を思う存分エンジョイする旅!台湾人の監修付き

海外初心者必見!2泊3日で台北を思う存分満喫する旅ガイド!台湾人の監修付き

これを逃したら台湾旅行したとは言えない!絶対に押さえておきたい8つの台湾観光スポットまとめ

初心者でも安心!台湾旅行に必要な持ち物リストまとめ!

海外旅行保険を自動付帯できて、上乗せできる年会費永久無料のオススメクレジットカード5選!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする