【台湾移住準備日記】台湾で住むところってどんな感じなの?住むところを紹介します


Taiwan acomodation 11
6月に台湾に引っ越すので、家の場所を紹介します。

こんにちは。2015年6月に日本から台湾へ引っ越すまえちゃん@Maechan0502です。

さて29歳の誕生日の翌日に台湾に移住するとブログを書いたので、着々と引っ越す状況を紹介しようと思います。いやー、決めるまでは不安でしたけど、今はワクワクします!

……台湾の物価は日本とあんま変わらないよ!ってネットの意見さえ目に入らないようにすれば。

[関連記事]

おカネがないからやりたいことができないと言い訳してたのは、29歳のぼくだった

最初はまず住むところから!では行ってみましょう!

スポンサーリンク

住む場所は台北市中正区中正紀念堂の近く

台北市内地図

さてぼくが住むのは台湾の台北市内になります。いわゆる台湾の首都ですね。台北市内は今まで4回訪れたことがあるんですが、台北市内は東京よりコンパクトです。

東京の東京駅周辺は完全なるオフィス街で住宅がないんですが、台北の台北駅の裏側にはボロいマンションがあったりするので、東京より生活感があふれているイメージです。

その中でもぼくが住むのが台北市中正区にある中正紀念堂の近くになります。MRTと呼ばれる地下鉄の中正紀念堂駅から徒歩5分。家から近くのスーパーまで徒歩3分になります。

中正紀念堂とは何か?

台北観光地 51

中正紀念堂は戦後台湾を統治していた蒋介石の巨大な銅像がある場所です。台北市内の観光地の1つなので、行かれた方も多いんじゃないでしょうか?

蒋介石は歴史の時間に習ったかもしれませんが、元々中国大陸で国民党を率いていました。そして第二次世界大戦勝利後、毛沢東率いる中国共産党との内戦に敗れ、台湾に敗走してきました。

ここらへんは台湾人にとって独立が延びた複雑な歴史で、蒋介石の台湾での政治は日本外交を含めていい面もあるし、台湾人を弾圧したので悪い面もあります。

台北観光地 49

そしてこの中正紀念堂は九州ほどの大きさしかない台湾で、中国大陸並みの建築物を作るとという中国文化をそのまま持ち込みました。

だからぼく自身は蒋介石の業績には「うーん」とうなるところがあるんですが、この中正紀念堂は台北市内の建築物で一番好きだったんですよね。

2008年に初めて台湾を旅行した時から、この中正紀念堂はとても印象に残る場所でした。そしてまさか7年後に自分がこの周りに住むとは……。

人生、本当によくわからないものです。

中正紀念堂は朝起きていくと太極拳をやってたりするんで、ちょっとおじいちゃん、おばあちゃんに混じってやってみようかと考え中です!

台湾のマンションのスペックって?

Taiwan acomodation 10

  • 家賃 14,000NTD
  • 管理費 1,500NTD
  • 家具付き (ワンダブルベッドetc)
  • キッチン有り

さて家賃は管理費も含めて、15,500NTDになります。NTDとはニュー台湾ドルという台湾国内で使われている通貨で、2015年5月11日現在、1NTD=3.9円です。換金レートのことも考えると、1NTD=4円で計算しておいたほうがいいでしょう。

というワケで家賃が、15,000NTD=62,000円
になりました。

げっ……、意外と高い。さすが香港に次いで家賃が高いと言われる台湾の台北です。

しかし台北市内に住んでいる日本人の知人の方がたに聞いてみると、この値段は妥当だと言われました。どうしても駅から近い場所を選ぶとこれくらいの値段になるんだとか。

しかも台湾は外食文化が発達し過ぎて、一食300円から400円で食べられるので、キッチンなしのアパートが普通だそうです。ぼくの住むところはキッチンがあるからその分高くなると聞いてます。

住む部屋の内装は?

それではぼくが住む部屋の内装を写真でお見せしましょう!

と言いたいところなんですが、これが写真がありません……。もうさっさと行こうとおもったんですが、部屋の写真がないと言われたので、見る前に決めちゃいました。

その代わりに比べて検討した部屋があるんで、そちらを紹介します。

Taiwan-acomodation-1

こちらが入り口

Taiwan-acomodation-2

Taiwan-acomodation-3

Taiwan-acomodation-4

Taiwan-acomodation-5

Taiwan-acomodation-6

Taiwan-acomodation-7

Taiwan-acomodation-8

台湾はお風呂じゃなくてシャワーがメインです。

Taiwan-acomodation-9

どうでしょうか?

ちなみにこちらの値段は45,000円。駅から徒歩12分、キッチン、エレベーターなしの4階です。2人は住めるらしいので、誰かとルームシェアするならこちらほうが安いと言われました。

しかしこの部屋より綺麗で新しいと言われたので、ぼくは新しいほうを選んでしまいました。家賃6万円はいい選択だったのでしょうか?

台湾人の友達の家の物件だし、ぼくを陥れるようなことをしないと思っているので、どうなるかわかりませんがとりあえず行ってみます!

まとめ 台北の家賃の高さにビビる

Taiwan acomodation 10

さていかがでしたか?とりあえずわかったのは、台北は家賃が意外と高いということです。この値段だと東京はいかないまでも、横浜市くらいの家賃はするのではないでしょうか?

しかし台湾観光について発信していくので、なるべく観光地から便利なところに住みたいのも事実。そして日本の食べ物も作りたくなるので、キッチンもあったほうがいいかと思ってます。

ブログの収入がそのまま家賃に消えるので、日本語教師などのアルバイトもしてみようと思ってます。

とりあえず半年は台北に住む予定なので、知り合いの人は遊びにきてください!待ってます!

[関連記事]

おカネがないからやりたいことができないと言い訳してたのは、29歳のぼくだった

地元の台湾人が絶賛の餃子あり!台北にあるオススメの晴光夜市を紹介します

台湾でタピオカミルクティー(珍珠奶茶)を飲もう。有名店7つを集めて、ぼくのオススメランキングを発表します

本当は誰にも教えたくない。台湾で台湾人美女と一緒に写真を撮れる「たった一つの魔法の言葉」教えます。

初心者必見!3泊4日で台北を思う存分エンジョイする旅!台湾人の監修付き