人生で初めてバスキングしたのはメキシコ。でも怖過ぎて、路上に出るのに3日かかった……。バスキングで世界一周したトニーさんにインタビューしました。中編


Tony san 05

遅れてすみません。借金300万円、バイトは遅刻で全てクビになった元バンドマン。そして現在バスキングをやってるトニーさんインタビュー中編です。

35歳の時に沖縄の波照間島で見た星空に感動したトニーさんは、旅に自分のやりたかったことを見つけ、世界一周をする決意をします。そしてトニーさんが取った行動が「クルマの中に住んで、クルマ屋台でタコライスを売って資金を貯める」という計画でした。

しかも商売経験もナシに!だがしかし!イヤ当然ですが、商売はそんな簡単にはうまくいきません。しかしトニーさんは自分で稼ぐことによって、徐々にダメだった自分自身が変わっていきます。

そしてトニーさんはついにバスキングという世界を旅しながら自分で稼ぐ方法を見つけたのです。

ではインタビュー、第2弾をどうぞ!

就職経験なし。バイトは全てクビ。消費者金融で300万円まで借金したトニーさんが、どうやって37歳からバスキングで自分で稼い世界一周したのか?インタビューしてきました 前編 – あしたはもっと遠くへいこう

スポンサーリンク

奄美大島から帰る途中、Gooで5万円のクルマを見つけた。

One little traveler屋台を始めたばかりのトニーさん

ーートニーさんは世界一周をしようと決めてから、自分で商売始めたそうですね。なんで自分でタコライスの屋台をやろうと思ったんんですか?

世界一周は沖縄の波照間島で決めたんだけど、屋台をやろうと思ったのは、自分の稼いだおカネで世界へ行きたかった。

自分でやってみたい、自分の稼いだお金で世界へ行ってみたいって想いが強くあってさ。じゃあークルマでドライブするの好きやし、料理もやっとったから、それ合体させたらええやろって思って。

だから全部合体させた感じ。

最初沖縄から帰る時にクルマ買って、タコライス売りながら帰ったらカッコええなって感じで思って。

ーー屋台をするためのクルマは、沖縄から大阪に帰る時にどうやって買ったんですか?

最初はクルマの買い方もわかんなかったから、Gooかなんか買ったんよ。「おーし!とりあえずGoo買え!」って買って、買ったGoo見てたらクルマが奈良で5万円で売ってるから、「じゃ、ここ行こ!」みたいな感じでね(笑)

ーークルマを5万円で買ったんですか!?

諸々いれたら10万ぐらいはかかったけど。そっから屋台の道具、自分なりに揃えて。でもまぁ最初むちゃくちゃやったけどな。

ーーえ、むちゃくちゃってどこまで?

まずモノの売り方を知らんやん。やったことないし。で、看板がものすごくちっちゃいんよな。もう屋台の商品出す窓口の布だけひいとったんよ。カネもないし。

だからよく通りがかりの人に「何してるんですか?」って言われた(笑)  「いやー、一応屋台やってて」みたいな感じで。でもそれも経験でさ、やり方全くわからんかったけど、いろんな人に意見聞いたりとか、同業者の人と仲良くなってアドバイスもらううちに、だんだんと屋台っぽくなっていって。

Tony san yatai 01

ーーあれ?でもホームページ見ると、かき氷やたこ焼き、Tシャツを売る屋台をしてたって書いてありますよね?始めた時はタコライスの屋台じゃなかったんですか?

うん、最初はタコライスやトムヤンクン、グリーンカレーとかやってたんやけど、でも売れんくて。

ーーえ?売れなかった?

屋台で田舎行った時とか、グリーンカレーやトムヤムクンを売る時に

「それ何?」

って言われて。グリーンカレーやトムヤムクンって食べ物の説明が始まって……。そんなんで生きていけるわけがない(笑)

ーー最初の売上はいくらくらいだったんですか?

いや、ないよ!(笑) 全然ないよ!200円とかちゃう?

最初の売上はたった200円!?でも自分で商売をすることで気が付き始めた自分

Tony san yatai 02

ーーえぇーーー!?たった初日の売り上げ200円ですか!?

うん、辛かったよ!だからぼく、その頃一番イヤやったかき氷とかたこ焼きをやったんよな。そうするとオールジャンルになって、年齢も全部に広がった。

ーーそれ、ジャンルのを絞るパンクからみんなが知ってるJ-Popを演奏したようなもんですね。

そうそうそう!!だからJ-Popが一番いいんよ!一番受け入れられるし(笑) だから屋台でたこ焼きやかき氷始めた時、また自分の見方が変わったかな。

最初はやりたくなったんよ。たこ焼きとか普通やと思ってたから。でもやっぱ生きてくためにはJ-Popがいいんよな。

だから今はすごく広くなった。マニアックな目線で行くより、できるだけ広くものごとを見ていきたい。

ーーへぇー、そこまで変わったんですか!?

うん!変わった。それは生きていくためってこともあるし、たとえばエスニック料理を出す屋台やってると、旅人とかエスニック好きの人が集まってくれるんやけど。

Starduck tony busking custmer 03

一般に広げたら、たとえばかき氷とかたこ焼きをやることによって、サラリーマンが来る。子どもが来る。

Starduck tony busking custmer 01

おばあちゃんが来る。タクシーのオッチャンも来る。

Starduck tony busking custmer 02

いろんな人が来てくれて色んな話が聞けて嬉しかったんよ!

だからジャンル問わずになったんよな。

そのパンクの頃やったら、もっと固かったからオールジャンルがダメやったと思う。

行動することでわかってきた。雇われて働いてたときじゃ見えかった自分。

Tony san 05

あとぼく、たこ焼きとかかき氷やって気付いたんやけど、売るもんって何でも良かったんよ!

ーーえ?売るものは何でも良かった?

うん、結局、ぼくの場合「話」なんよ!一番やってて嬉しかったのは「トニーと出会えて良かった!」って言われることやったし。

だから「たこ焼きが美味しかった」って言われることじゃなかったんよな。

屋台のクルマで、すーごいいろんな街に行って、いろんな出会いが会ったけど、「たこ焼きが美味しかった」ってあんま言われへんもん(笑)

ーーハハハハ(笑)

いや、フツーにはやっとったで!(笑) 普通にはやっとたけど、「今日出会えてよかった。」って言ってくれることが嬉しかった。

だから「たこ焼きの味をマニアックに追求することじゃなしに、お客さんと話をすることや」と思ったんよ。で、「いい気分で帰らすことがぼくの仕事なんや」って思って。

ーーへぇー!!実際に屋台を始めることで、トニーさんは昔やってたパンクバンドや雇われて仕事してた時と、いろんなことが大きく変わったんですね。

うん。……いや、むちゃくちゃ変わったよなぁ。ホンマに。

だからやったことないけど、「それをやる」って気持ちのほうが大事だと思うんよな。やっぱ振り返っても。だから関係ないもんな。できるか、できへんじゃなしより、やるか、やらんかのほうが大事やから、やった。その勢いで。

売上が低かったら、これじゃマズイよ。なんとかせな!って思ってね。で、毎日「なんとかせな」って気持ちのままおるから、だから売上が伸びたよ。

もう生きてくために。そうなると、やるしかないやん?ほんならもういろいろ学ぶやん?だからその状況が一番学ぶんじゃないかな?

頭で考えて、ネットで検索するだけじゃなしに、もうぼくはアホやから実践で学ぶしかないタイプやからさ。でもそれで、だんだん屋台っぽくなっていったよ。

屋台を2年間やっても世界一周資金は貯まらなかった。だからバスキングで稼ぎながら世界一周する決意をした

Tony san 06

ーーその屋台生活ではどれくらい資金を貯める予定だったんですか?

だいたい世界一周行くのに、150万から200万くらい要るんよ。だからそれくらい貯めたかった。

ーートニーさんは貯められたんですか?

いや、貯められてなかったからバスキングしとんねん。アヒル被って(笑)

ーーじゃあ屋台ではどれくらい貯まったんでしょう?

あー、50万くらい貯まったんちゃうかな?

ーーなるほど、5万円のクルマ買って、2年の屋台生活でかき氷やたこ焼き売って、50万円ですか。

いやー、それでも必死なんよ!生きるんが。生活するって。まあそれで50万くらい貯まったんかなぁ?でも世界一周するには、たらんやんか?

ーーはいはい、たりないですね。

だから稼ぎながら行かなって思って。

ーー世界一周の資金が貯まらなかったから、トニーさんはバスキングをしながら世界一周することにしたんですね。バスキングは世界一周する時に初めてやったんですか?それともそれ以前に経験があったんでしょうか?

世界一周行く前に春休みとって、メキシコでやったんが最初かな。中米のメキシコ・ペルー・ボリビアに行く時に春休みを取ろうと思ったんよな。もうクルマに住むのも限界が来てたから。

ブラジル人とセッションしてわかった「音楽は国境を超える」というたしかな実感

Tony san 08

ーーなるほど。中米に春休み取りにいく時に、バスキングってアイディアはあったんですか?

あった、あった!屋台をやっている時にブラジル人が2人来たんよ。けっこう怖い感じで。

で、その2人から「オマエ、ギター弾いてみろ」って夏の夜中の3時くらいにいきなり言われてさ。もう弾くしかないやん?

そこでぼくがギター弾き始めたら、ギターの周りに太鼓も置いてあったんやけど、ブラジル人がそれを叩き出して、セッションになってさ。

ほんで演奏終わったら、全員でハグなったんよ。その瞬間にぼく、「音楽って世界を本当に超えるんや」って初めて思った。

ーートニーさん、パンクバンドをやってた時はそう感じなかったんですか?

あんまよくわかってないよな。実体験で経験したわけじゃないから、音楽は国境を越えるって信じてたけど、初めて感じたのがそれだった。

で、その時にいつか海を渡って、国境越えて、音楽をしてみたいって想いが生まれた。

そのセッションで「たぶん音楽は世界共通なんや」って実感したから。まあぶっちゃけ言ったら、世界へ行く前の初めての予行練習やったと思う。

世界の路上に立ってみたい!っていう夢が持ててん。そのブラジル人とのセッションで。

だからメキシコ行った時も、実はそんな興味なかったもん。

ーーあれ!?そうだったんですか?

うん、やっぱ路上に出ることに興味があった。やってみたい!って。その時って自分の周りでバスキングの前例もそんなないからさ。今はバスキングしてる人とかおるけど、そんとき2011年はあんまなかったんよな。

ーー当時はバスキングしてる日本人が少なかった?

おったとおもうけど、ぼくが知らんくて。それに今よりは絶対少なかったと思う。ぶっちゃけ初めてやろうとした時は怖すぎた。

でもそこで初めてメキシコの路上に出て、現地の人との出会いがあって、ホンマに行けるんやってなった。

人生で初めてバスキングしたのはメキシコ。でも怖過ぎて、路上に出るのに3日かかった

ーートニーさん、最初にメキシコで初めてのバスキングした時って、演奏するまで3日間かかってますよね?最初の1日目とかどんな感じだったんですか?

いや、もう出れん。怖過ぎて(笑) もうギターもってウロウロしてるだけ!2日目も一緒。

ーーへぇー、2日間ギター持ってウロウロするだけ!?

うん。で、もう自分に問うよな。「オマエ、メキシコに何しにきてんねん!ギター弾きにきてんのやろ」ってなって。で、これでやらずに日本帰ったら、「今まで積み重ねてきたもん、全部消えるやん」って気がして、「行け、オマエ!」って!

ほんでもう3日目はギターカバーからギターの先だけ出して、「今日は行くぞ!今日は行くぞ!」って思って、路上でバスキングやった。

Tony san mexico

で、初めてチップ入った瞬間とか、もう忘れれんな。大した額じゃないんやけど、子どもが入れにきてくれて、ヤバかったなぁ。嬉しかった。お母さんが連れてきて、お母さんが子どもにチップ渡して、そのチップくれたんやけど。すごい経験やった。

で、そのあともちょうど東日本大震災があった後に行ってるから、メッセージ集めたりとかもして。そのままボリビアとペルー行った時も路上に出て、バスキング続けた。

世界一周へ2年間の準備。貯めた額50万。2年間の家賃7万円。やれば何でもできるってわかった

Tony san 09

ーーなるほど、そして帰国して、翌年の2012年2月に世界一周したんですね。

うん、帰って最後に屋台を追い込んだ。それで2年の車検を受けるか、受けへんかやったんよ。で、もう受けんで世界へ行こうって決めて。最後の日なんてクルマ3万円って書いて売ってたからな(笑)

もうたこ焼きとかじゃないの。またそのクルマも売れたんやけど。

ーークルマ売れたんですか?

うん、最後ぼく、クルマ売った(笑) 地元の大阪でファイナルやからさ、もう警察もぼくのことバッチリ知っとんよな。もうダメダメって言われてんのに、もう最後やからやるしかないやん?

でも看板に「たこ焼き」って書いたら「またやってんねんな」って思われるから、「クルマ3万」って書いてさ。警察が来ても「いや今日は屋台やってるんやないんです。クルマ売ってるんです」って言って(笑)

また最後だからすごい友達が会いにきてくれて、だからみんなぼくが屋台してるって知ってるからみんな頼んでくれるんよな。「たこやき!ビール!」って。

でも警察来たら「今日、クルマ売ってるんです!屋台はしてない!」って言って。

ーーハハハハ!!!!(笑)

だけど何でかまわり見たら、みんなたこ焼きとビール持ってんやんか。でももう友達で、「これは奉仕です!」って言って。

うん、めちゃくちゃオモロかった、最後の日は。

クルマも最後は白い煙出てきて、オーバーヒートしてんのにやっとた。もうぼく自体がオーバーヒートしてるもんな(笑)

いやもうすごかった!で、屋台生活フィニッシュ!最後の最後までヤバかった(笑)

で、その後に三重で出会った人がたまたま「トニー、世界一周行くんやったら、持ってたクルマどうするの?」って聞いてくれて。ぼくは「いや、潰すつもり (廃車)にするつもりですよ」って答えたんやけど、

「いや、いいから売ってくれ」って言われて。ほんで2万くれたのかな?

ーーへぇー、クルマが2万で売れたんですね。

うん、一応クルマも動いてた状態やったから。「でもヤバいですよ」って言ったら、「いやいいから。餞別の意味も込めてやるわ」って言われて。

向こうは自動車関係の仕事だったから、ぼくのクルマから部品とかも取ると思うんやけど、結局クルマも売れたんよ。で、10万ぐらいで買って、2万で売れて、7万やん?ぼくの2年間の家賃は7万円(笑)

ーーハハハハ(笑) 2年間の家賃がたった7万円!人間やればなんでもできるんですね!

うん、人間やれば何でもできるって全然できる。笑

ーーすごい!35歳の時に奄美大島へ皆既日食を見に旅に出た時もマンション解約しましたけど、世界一周する時も住んでいたクルマ売って、日本にも戻るところなくしたんですか。

そう、また戻るところなくして、世界一周へ!

次回予告

Tony san 07

さてトニーさんは、2年間の準備を屋台生活準備を終え、ついに50万円とギター、そして餞別でもらったアヒルのマスクをもらって世界一周の旅に出ます。

バスキングほぼ未経験だったトニーさんは果たして無事世界一周できたのでしょうか?そしてその度の途中でトニーさんは稼ぐことによって変わっていく自分に気付きました。

インタビュー第3弾です。

世界一周して自分の人生が変わったわけじゃなかった。自分の手で稼ぐという旅で変わったあるバスカー・トニーさんの人生 インタビュー後編 – あしたはもっと遠くへいこう

[関連記事]

就職経験なし。バイトは全てクビ。消費者金融で300万円まで借金したトニーさんが、どうやって37歳からバスキングで自分で稼い世界一周したのか?インタビューしてきました 前編 – あしたはもっと遠くへいこう
就職経験なし。バイトは全てクビ。消費者金融で300万円まで借金したトニーさんが、どうやって37歳からバスキングで自分で稼い世界一周したのか?インタビューしてきました 前編 …

職業・誰もやってないアヒル業。だけど人目は気にしない。自分の心に素直に従うスターダック・トニーさんにインタビューしました 完結編 – あしたはもっと遠くへいこう

トニーさんのオフィシャルブログです!

トニー オフィシャルブログ「世界一周から帰ってきたスターダックの物語」Powered by Ameba

トニーさんのTwitterフォローはこちらをどうぞ。


ブログから海外飲食経営、バスキングまで。海外就職以外で海外で生活できる8つの仕事を紹介します

ブログで生活しているのに、月収が10万切る現実。だけどぼくは「好きなことで、生きていく」人生を肯定したい

ラーメン屋、中国語経験一切ナシ。海外渡航歴も3日だけで台湾でラーメン屋を開いた出口裕介さんにインタビューしてきました 前編

台湾でブログ収入10万円で生活しているぼくが仕事道具のバッグの中身を大公開します

海外を目指したい人は絶対注目!ぼくが熱い視線を送っている2015年に注目すべき海外在住ブロガー7選!