ついにぼくのオーストラリアワーホリが終わります。最後にこの国でまわる場所と、年末までの計画を紹介します


DSC00737

ついにぼくのオーストラリアワーキングホリデーも終わりです。ブログを読んでくれたみなさん、本当にありがとうございます。

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのパースでワーキングホリデー中のまえちゃん@Maechan0502です。

去る2014年9月30日にぼくは4ヶ月間働いた西海岸のパースの回転寿司屋さんを辞め、ついに憧れのニート生活に突入しました。そして10月の下旬にオーストラリアを離れる予定です。

というワケで、今回はざっとぼくのオーストラリアでの最後の予定と、さらに来年に渡るまでのプランを出してみます。多少変わることはあれど、おおざっぱな流れは変わらない予定です。

では行ってみましょう。

スポンサーリンク

2014年10月ワーキングホリデー最後のオーストラリアでの予定

DSC07280

2014年10月14日のお昼まで西海岸のパースに滞在。夢のニート生活。

10月14日の午後にカンタス航空を使って、オーストラリア中部のアリススプリングスに到着。

15日は市内観光とぼくのブログとツイッターで知り合って、長い間連絡を取り合っていた方と会う予定。とても楽しみです。

16日から18日まで念願のウルル(エアーズロック)観光。2泊3日のツアーを申し込みます。たぶん350ドルくらい?

19日にバスか、飛行機でオーストラリアの上部に位置するダーウィンという街へ移動。値段の安いチケットで決める予定。

20日と21日。ダーウィンの街を観光。そしてタスマニアでチェリーピッキングをしていた時の日本人と台湾人の友達に再会予定。

22日の午前6時 ダーウィン空港から台湾に向けて旅立ち。まえちゃん@Maechan0502
ことぼくのワーキングホリデーはダーウィンで終わりを迎えます。

2014年10月から日本帰国までの旅行予定

In 台湾 2014年10月23日〜11月11日まで

22日シンガポールのチャンギ空港でトランジット。シンガポールに午前9時半に着いて、翌日の午前1時に出国なので、シンガポールを半日観光するか、空港で過ごすかで非常に迷ってます。

ちなみにシンガポールのチャンギ空港は世界一居心地のいい空港です。無料の映画館やマッサージ器、ゲームセンター、フリーWi-Fiがあるので、1日空港の中で遊べます(笑)

23日午前6時。台湾の桃園国際空港に到着。感動的なことにフィリピン英語留学時にできたぼくの最初の台湾人の友達、アフーがぼくをわざわざ迎えにきてくれるそうです。

朝も早いのにありがとう。日本のみなさん、この優しさが台湾人です。

10月26日。フィリピン英語留学とワーキングホリデーで一緒だった台湾人のリリーと再会予定。なんか仕事が忙しいようで、たぶん2週間の滞在中に会えるのはこの日だけっぽいです。

11月6〜9日のどこかでフィリピン英語留学時代のぼくのルームメイトだった台湾人のケンと台北で会う予定。彼の日本人の彼女も遊びにきているので、一緒に観光すると思います。

ぼくの来年の予定は台湾でワーキングホリデーなので、この機会に台湾の中国語の語学学校をまわって見学してきます。

他にも2015年の1月に日本でも公開される台湾映画『KANO』のロケ地を巡ったり、台湾一周したり、フィリピン英語留学時代の台湾人の友達に会ったりとやりたいことが盛りだくさん。

今更ですがオーストラリアでは家で引きこもっているのに、自分の積極性にビックリします。やっぱり海外に行くなら自分の興味ある国に行かなきゃダメですね(笑)

In 中国 上海 2014年11月11日〜17日まで

上海

11月11日に台湾を飛び立った後は上海に行ってこようと思います。台湾人の友達に中国人の女の子を紹介してもらったので、台湾から近いし、久しぶりに中国に行こうかと。

ちなみにぼくは大学生の時に中国の大連に1ヶ月、上海に2週間短期後学留学してました。それが2007年だったので、あれから7年。オリンピックと万博を経て、中国がどう変わったかが楽しみです。

ウワサだと2008年の北京オリンピック以降に、街に美女が増えたとか増えないとか……。ぼくが行った2007年は上海に2週間滞在して美女を1人だけしか見かけませんでした。

果たしてどれほど美女を見れるか?オリンピックがもたらす国民への影響がどれほどなのか?社会学的に調査してみたいです。

In 香港 2014年11月17日〜不確定

香港

オーストラリアのワーキングホリデーでたくさんの香港人の友達に出会ったので、彼ら、彼女らと再会できるのを楽しみにしてます。

また香港観光では高城剛さんが出している旅行ガイド、『Nextraveler 香港編』を携えてあちこちまわってみたいと思います。

中国の上海には1週間ほど滞在し、次は香港を旅をしてみたいです。

そして私房菜というプライベートキッチンが香港では流行っているそうなので、どうしてもここに行きたい!ぶっちゃけ美味しい香港の料理を食べられれば、あとは何も文句は言いません。100万ドルの夜景なんてどうでもいいです!

また住田さんというTwitterで知り合った日本人の方が香港で現在農業しています。

住田さんは『農村ジャック』というイベントを企画していて、日本の長野と香港でデュアルライフ農業(2拠点生活農業)をしてる方です。これがとても面白い!せっかく香港にいるので、お会いしてブログでその暮らしぶりを紹介したいと思います。

まだ航空券取ってませんが、11月17日〜23日になるかと。その後帰国ですね。

In 台湾 Again 2014年12月7日まで

台北01

……と考えていましたが、どうやらぼくの入っているオンラインコミュニティー『海外を旅しながら仕事する力』の忘年会が12月6日に台湾であるそうです。

その忘年会には海外で起業している方、留学生、外国人の方が集まります。

数年以内にぼくは海外にワーホリビザ以外で長期滞在したいので、そう考えると現在考えているのが就労ビザをとるために海外起業という道です。これはぜひそんな刺激的な方々とお会いして、将来の自分の参考にしたい!

何よりぼくが大好きな台湾で開かれるところに縁を感じます。なので、いったん香港から日本に帰ると往復の航空券代で高くつくので、香港と台湾で「無料&安く」泊まって12月6日の台湾の忘年会に参加してから帰りたいと決めました。

きっと台湾人の友達に「香港からまた台湾に戻って日本に帰国するよー!」と言ったら、「どれだけ台湾が好きなんだ?どこがいいの?」とあきれられることでしょう。今から言うのが楽しみです(笑)

そして2014年12月8日くらい 日本の関西空港着

釜ヶ崎 47

ぼくは東京から近い神奈川県横浜市出身の人間ですが、帰国する空港は関西空港になりそうです。理由は2013年11月にナリワイの伊藤洋志さん主催の床張りワークショップで出会った仲間の方たちに会うため!

みなさん、自分で本を作ったり、北海道まで行って家のリノベーションを手伝ってくるなど、面白い方達ばかりです。貯金は少ないですが、ちょっと1年ぶりにいろんな方に会ってこようと思います。

他にもツイッターで出会って、ワーホリのアドバイスをもらったり、ブログをやっている人がいるので、そんな方たちともリアルで会ってきたいです。

振り返り やっぱり人に会う旅がしたい

Working holiday 201352013年12月 メルボルンで香港人友達たちと

さて自分でも振り返ってみましたが、非常に人と会う予定が多いです。そう考えると、この1年半でぼくは本当に多くの刺激的な人と出会い、そしてつながれたんだと思います。

それこそ見えなかったけど、フィリピン英語留学し、オーストラリアでワーホリをし、ブログを続けてきたからこそ、ぼくがつながることができた人たちです。

元々ぼくはワーキングホリデーして海外生活をしたいと思った時に「ワーホリする海外でたくさん友達を作り、オーストラリアを離れた後もその友達を訪ねるような旅をしたい」と強く願ってました。

なぜならもう学生時代のように旅行した先の世界遺産を眺めるだけの旅は、思い出に深みがなくてうんざりだったからです。

首都圏の中学生は修学旅行で京都・奈良というおじいさんおばあさんが喜びそうなスポットを訪れます。あの修学旅行が楽しいのは、訪れた場所は中学生にとってつまらなかろうと、一緒に訪れる仲間が楽しいからです。

それをもう一度ぼくは今度海外でやりたかったのだと、ようやくわかりました。

合計で1年と3ヶ月のフィリピン英語留学とオーストラリアワーキングホリデーで、ぼくは英語がしゃべれるようになり、そして世界のあちらこちらに友達ができました。

他の人から見れば子どもみたいなやりたいことだったのかもしれないけど、ぼくは今「そういえば自分のやりたかったことを叶えられたんだな」としみじみ実感しています。

この達成感は今でも人には伝わらないかもしれないけど、これは海外に出る準備期間を含めて2年間半、日本で正社員をやっていたら絶対手に入れられなかった宝物です。

そしてぼくがやりたかったことを成し遂げる。それがぼくは人生でもっとも価値のあることだと感じるんです。

それではあと少しでぼくのオーストラリアのワーキングホリデーは終わりますが、最後の中華圏の旅行も含めて楽しみたいと思います。

ではまた。

[関連書籍]

[関連記事]

【エッセイ】 ぼくがオーストラリアへワーキングホリデーに行こうと決意したその理由 その1

【エッセイ】 ぼくがオーストラリアへワーキングホリデーに行こうと決意したその理由 その2

【エッセイ】 ぼくがオーストラリアへワーキングホリデーに行こうと決意したその理由 その3