ブロガーに憧れてたんじゃないの!?ブログ収入だけで海外生活できるようになったのに、今アフィリエイターに挑戦するSEKATABIのゆーたろにインタビューしてみた


Maechan taiwan

世の中にはブログだけを書いて生活できる人たちがいるのを、あなたは知っていますか?

どうも!日本で絶賛骨折治療中のまえちゃん@Maechan0502です。

さて前回から始めたブロガーインタビュー。2回目はブロガーからアフィリエイターの世界に足を踏み入れたSEKATABIのゆーたろに聞いてみました。

彼はぼくと同時期の2013年5月に始め、現在はブログ収益だけで海外生活できるようになっています。

しかしゆーたろは多くのブロガーが憧れるプロブロガーライフを成し遂げているのに、自分のブログを3月はたった2回しか更新せず、アフィリエイトサイトを作っているという噂なのです。

今なぜ彼は新しい目標を目指しているのでしょうか?

そこには憧れのプロブロガーの立場になったからこその悩みと決断がありました。

今回のインタビューは、ブログだけで生活できると知って憧れている人に、ぜひ読んでほしいです。

ではどうぞ。

スポンサーリンク

SEKATABI ゆーたろ

Sekatabi

ゆーたろは大学を卒業して、タイのバンコクにある日系企業に新卒で海外就職しました。

そしてタイに派遣される前に沖縄の本社で研修を受けていた頃、その会社が影響力あるブロガー (パワーブロガー) を招待して開かれたブログセミナーに感動して、ブログを始めます。

現在は会社を辞め、ブログだけの収入で生活できるプロブロガーとしてタイのパタヤで生活中。

2017年1月にはタイ人の彼女と結婚式を挙げ、彼は数年前に叶えたかった自分の夢を全て叶えたように見えます。

しかし今なぜ彼は憧れていた自由なブロガー生活をストップし、アフィリエイトサイトを作っているのです。

なぜまたリスクある大変な道を選んだのでしょうか?

質問をぶつけてみました。

ブロガーに憧れてたんじゃないの!?SEKATABIのゆーたろに7つの質問をぶつけてみた

Yutaro tebura

Q.1 現在住んでいる場所とやっているブログ以外の仕事を教えてください。

僕は今、タイのパタヤに在住しています。もともとバンコクの日系企業で仕事をしていましたが、それを辞めて約1年ちょっとはタイと日本を行き来していました。

ですが、パタヤ出身のタイ人女性との結婚を期に今年1月から完全にパタヤ在住になりました。

(まえちゃんさん、パタヤでの結婚式へのご参加、本当にありがとうございました!)

現在は、サイト制作に力を入れています。もともと僕は、自分自身で「何か(思いとか)」を発信したいタイプではないですから、1つの「あるモノ(クライアント様の素敵な商品とか」)について真摯にサイトを作ることに向いているようです。

「なんで今までブロガーやってたのか?」って突っ込まれそうですが(笑)

Q.2 そもそもブログを始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

バンコクの日系企業に行く前,沖縄の本社で働いてた時に招待されて、パワーブロガーさんとお会いする機会がありました。その時お会いしたのが、『Last day.jp』のまたよしさん、『おまスキャ』のうしぎゅーさん、『め〜んずスタジオ』のアスカさんなど、今も当時も名だたるブロガーの方々です。

そのときに、「こんな素敵な生き方があるのか!?」と感銘を受けて、僕もブログを書くようになりましたね。

今でもその思いは変わってなくて、「自分が本当にしたいこととか、本当に行きたい場所とか、そして本当に住みたい場所とか」については極力妥協せず、自分に正直に生きています。

だから今、僕が20歳前後で決意していた「タイに住む」っていう目標が実現しています。

Q.3 ゆうたろうが憧れたパワーブロガーさんは誰もがPVと収益の両方がずば抜けていましたよね。

そのブログ収益だけでタイに住めたのはすごかったです。

でも自分が憧れのパワーブロガーのようにPVを集めたり、意見を述べるのに向いてないと気付いた時、葛藤や悩みはありませんでしたか?

うーん、特に凹みはしませんでしたね。もともと僕は社交的なタイプじゃないですし、自分からブログやSNSで「自分の想いや考え」を発信したいタイプじゃないんです。

そんなのはさて置き、自由な方が楽じゃないですかー(笑)

名前も知られていなくて、SNSやブログすらやってなくても、(金銭的にも精神的にも) 自由な人って世の中かなり多いです。

いや……むしろ、そういう人の方が多いはずです。

僕はお世辞にも金銭的なゆとりがあるとはまだまだ言い難いですが、少なくとも精神的なゆとりだけは、かなり身に付いたと思っています。

ただし、これに気付けたのも、今の自分があるのも、諦めずにブログを運営してきたおかげです。だからブログにはずっと感謝しっぱなしですよ(笑)

Q.4 ぶっちゃけ最近更新少なくなりましたが、ブログに興味なくなったんですか?(笑) 

サイト制作してるって聞きますけど。

うーん、そんなことも無いですよ。SEKATABIは僕が初めて本格的に作ったブログなので思い入れはすごくあります。

いや、あったって言ったほうが正確かな。

だからブログへの思い入れが強すぎて、新しいことにトライすることができなかったんですよね。

何かやろうとしても、全部SEKATABIを軸に考えてしまうというか。

例えば、「こっちの方がブログに書けそうだな……」とか、旅行するときは「ブログ用に写真撮らなきゃ……」とか。

でもSEKATABIは僕にとって初めてのブログだったから、文章の書き方やデザインなど、いろいろ満足のいってない部分も多いんです。

僕は面倒臭がりなので、ひとつひとつ過去に更新した記事やブログを変えるのも大変ですし、いっそのこと振り切ってサイト制作に切り替えた感じですね。

それによって、同時にSEKATABIへの思い入れも少しは吹っ切れました。

また、1サイト完結型にしておけば、毎回そのときの最高のスキルでサイトを作れるから後悔もないかな、と思うようになりました。

1つのことに依存しないことも、精神的なゆとりに必要な要素ですし(笑)

Q.4 なぜブログの次に、今の仕事をやるようになったんでしょうか?ブログから受けた影響があれば、それも含めて教えてください。

以前、知り合った方からこんな話を聞きました。

その方は2年ほど前から僕ら世代のブログを見て憧れて、ブログではないですけれど、アフィリエイトサイト制作を1からスタートされたようです。

そしてその2年後、その人の現在の月収は7桁を余裕で越えるほどになったとのことでした。

それを聞いて僕は本当に悔しかったですし、純粋にスゴイなと感心してしまいました。

と同時に、今までSEKATABIでいい気になって、ぬるま湯に浸かっていた自分が正直恥ずかしくなったんです。

それと同時に、初めてブログを始めたときの感覚とあの頃の記憶が蘇ってきました。目標を追い求めてがむしゃらに書いていたあの時のことが。

ぼくがSEKATABIを始めた頃に思い描いていた「自分の本当にしたいことや行きたい場所、住みたい場所に妥協しない」」という人生目標は、すでに達成しました。

でもその方と知り合って、また新たな目標ができたので、今はその目標に向かって走っている感じですね。

恥ずかしいですが、いつも僕の原動力は「劣等感」です。

Q.5 ありがとうございます。ブロガーは月数十万円稼げますけど、アフィリエイターは月数百万円稼ぐのが当たり前になっていますよね。

しかしその分ライバルサイトやSEOでの競争も激しいし、他のライターさんやプログラマーに仕事を依頼したり、ブロガーよりやる仕事が増えます。

ブロガーではなく、アフィリエイターとして活動にチャレンジする勇気はどこから湧いてきますか?また話せる範囲で次の目標をきかせてもらえば嬉しいです。

勇気……。うーん、正直まったく勇気はないですね(笑)

絶対今のブログの方がドメインの威力ありますし、知名度もあります。

なので、ブロガーの方やブログで収益が上がってる方にサイト制作はおすすめしません。たぶん僕は、どこかネジが飛んでるんだと思います……(苦笑)

それでもやるのは、上でも書いた通り新しい目標が出来たからですね。当面のぼくの目標は

「(新しく制作をしたアフィリエイトサイトの収益が)6ヶ月以内にSEKATABIの収益を超えること」です。

タイ人の嫁に、「超えなかったら来年は就職すること!」と念を押されちゃいましたので本気です(笑)

Q.6 これからはどんなスタイルでブログを更新していきますか?

今まで通り、月に何度かは更新したいと思っています。今までも更新頻度は少ない方ですけど(笑)

ぜひ、SEKATABIをこれからも宜しくお願い申し上げます。

Q.7 最後に自分の仕事とこれからの自分に対しての意気込みを教えてください。

うーん、自分に対して贈りたい言葉は特にないですね……(笑)

--ありがとうございました!

マエハラのインタビュー後記 〜憧れたブロガーに自分がなった時、次はどんな目標を探すのか?〜

ゆーたろは、2013年頃からブログを始めたぼくらブロガー仲間の中では、誰よりもブロガーへの憧れが強いとぼくは感じます。

それは自分のブログに自分の気持ちを書くのが苦手と言ってるけど、珍しくブロガーへの憧れを書いた彼の記事からも読み取れます。

僕は3年くらい前から、ずっとブロガーという人たちに憧れていました。

また、海外を自由に旅する働き方を実現されているフリーランスの人たちにも興味を持っています。

僕が本格的にそういった人たちの仲間入りをしたいと真剣に願ったのが、沖縄でパワーブロガーさん達が開いたセミナーに参加した時です。

〜中略〜

僕の心は震えました。

「こんなカッコ良い生き方があるのか、僕も彼らの1人に入りたい・・。」

【関連記事】

来る2016年6月4日(土)に第1回ブロガーオフ会@台湾を開催します。僕は6/1〜5までの5日間滞在予定で、もちろん今回のオフ会にも主催者の1人として参加しますよ。現在のようにブロガーとして生活できるまでに、会社員時代も合わせると約3年かかりました。今回は、あの頃の僕たちからこれから輝く皆さんへのラブレターです。

それほどブロガーに憧れたゆーたろが、なぜ今ブログを書くのを放置してまでサイトを作っているのか?ぼくは不思議でした。

しかしインタビューをしてみて思いました。彼はフリーランスで居続けたいからこそ、あえてブロガーのポジションをいったんストップするんじゃないか?と。

彼が憧れたブロガーさんたちは、ブロガーであると同時に海外を自由に旅できるフリーランスです。

でもぼくも同じ立場だからわかりますが、フリーランスという働き方は、自由で縛られないからこそ大変な面もあります。

どこにでも住めるし、好きな時間にも起きられる。でも縛られないからこそ、ノルマもないし、叱ってくれる上司もいません。

だからこそフリーランスは、人一倍自分の気持ちと素直に向き合う必要があるんじゃないでしょうか?誰も目標を示してくれないフリーランスは、自分自身の心に次の目標を聞くしかありません。

ゆーたろは憧れてた先輩たちと同じように、4年間でブログで生活できる立場に追いつきました。でもこれからも憧れたブロガーの先輩たちの同じように、自由なフリーランスで居続けたい。

だから「劣等感」という認めたくない感情とも独りで向き合い、次の目標を探し出したんじゃないかと、ぼくは思うのです。

これからゆーたろはサイトを作るので、一見ブロガーのようには見えないかもしれません。でも彼は今も誰より、あの時出会って憧れたブロガーの先輩たちの背中を追っている。

アフィリエイターっぽく見えるけど、ブロガーらしく自分の生き方と向き合っている彼の生き方を知り、ぼくは彼のサイト制作に挑戦するのを心から応援したくなりました。

それではまた次は別の仕事に興味を持ったブロガーに取材する予定です。

ではまた。

ゆーたろ@yutaro_sekatabiのブログはこちらです。

海外ノマドとして自由に生きる方法や旅行情報を中心に自身の経験を交えて発信中。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。

ゆーたろが影響を受けたブログはこちらです。

海外旅行、沖縄、英語。
管理人がおすすめしたいものを幅広く紹介するブログ。自炊(本のデータ化)、iPhoneやMac、個人事業や起業、旅行やグルメまで。
iPhoneやSIMフリースマホ・格安SIM・ガジェット・ディズニー・映画・旅行・グルメ・イベント情報などを発信するブログメディア

【関連記事】

ブログに興味なくなったんですか?これからもブログは続けるけど、今は写真撮影とツイッターに全力で挑戦するJIBURi.comの宮崎大輔さんにインタビューしてみた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする