将来に向けて、2015年の目標と2018年までの目標を合わせて発表します


PAK25 aozoratomachinami500

2015年と言わずに、4年間くらいの目標を発表します。4年以内にぼくは日本と台湾を往復するデュアルライフ、日本の田舎でのオフグリッドライフ、そして会社を設立するのが目標です。

どうもみなさん、こんにちは。台湾旅行を終えて日本に帰国してきたまえちゃん@Maechan0502です。

さて今年オーストラリアワーキングホリデーを終えたわけですが、年の瀬ですので2015年の目標を発表したいと思います。しかしぼくは1年間くらいじゃ成し遂げられない目標を設定しているので、4年後の2018年までに成し遂げたいことと、そのために2015年に何をしたいのか、その両方を合わせて発表したいと思います。

ぼくもそうでしたけど、ワーキングホリデーに行く人って将来の予定が見えないと思うので、ちょっとでもみなさんの参考になれば嬉しいです。そのアイディアの影響を受けた本も合わせて紹介します。

では行ってみましょう。

4年以内の目標 海外と日本国内のデュアルライフ(2拠点移動生活)ができるようになる

DSC02774

ぼくの最終的な目標は「世界中を旅するように暮らすこと」です。ただ今からいきなりアメリカに行ったり、その3ヶ月後にスペインに移り住むというのはハードルが高いです。収入も安定していないし、貯金も家もないから、何かトラブルがあったら一気に日本の実家に逆戻りになります。それはさすがに避けたい。

そこで一歩ずつレベルと上げていこうと思ってます。まずは自分の好きな国を見つけて、その国と母国である日本を往復できるような基盤を作りたい。これをデュアルライフ(2拠点移動生活)といいます。

ぼくであれば台湾が一番好きなので、日本と台湾に家を構え(もしくはホテルかウィークリーマンションを借りて)、1年間のうちに2つの国を往復しようと計画しています。そこでどっちの国でも仕事ができるようになりたいです。

2015年は台湾ワーキングホリデーをしながら、台湾観光動画ウェブサイトを作る

DSC02643

このデュアルライフを2年後の2016年くらいにはやりたいので、そのための第1歩として2015年の来年は台湾にワーキングホリデーして、家を借りたり、中国語を学び直したり、1年間住んで台湾の生活に慣れようと計画中です。

やっぱりオーストラリアに1年間住んでみて、自分にとって合ってない国に住むのはキツいと思いました。だから次は自分に合った国を選んで、そこで生活スタイルから言葉、そして友達や仕事を増やしていきたいです。

幸い台湾ならフィリピン英語留学とオーストラリアワーキングホリデーでできたたくさんの台湾人の友達がぼくにはいるし、物価が安いので月に10万円あれば暮らすことができます。ブログ収入を高めていけば届きそうな目標です。

ワーキングホリデービザはその国に1年間住める自由度の高いビザなので、ビジネスをしたり、永住権獲得を視野に入れて、1年目のステップとして使うのが有効的な使い方かと思いました。

それが2013年11月から2014年の10月にさんざんオーストラリアで迷走して、苦労しまくったぼくの今の結論です(笑)

というワケで、2015年の台湾ワーキングホリデーはずっと台湾で活動できるビジネスを作る基盤作りとしてやってみます。ビジネス的には台湾観光ウェブ動画サイトを作る予定なので、来年はパナソニックのミラーレスカメラのGH-4を購入してバンバン撮影予定です。

できれば空撮もやってみたいので、DMI社のInspire 1という空飛ぶラジコンことドローンがほしいです。法規制がかかる前に頑張って購入します。

[参考書籍]

4年以内の目標 おカネを全然使わずに生きていける暮らしを作る

2つ目の大きな目標は「おカネを全然使わずに生きていける暮らしを作る」ということです。仮に海外生活でうまくいかないことがあろうとも、日本の田舎でおカネをあまりかからない暮らしができれば保険代わりになると考えてます。

ぼくみたいなフラフラ暮らしをしてるとよく正社員になりなさいと言われます。その方が安定してるからです。

でも働き詰めの日本の会社生活はおかしいし、やりたい仕事がない限り絶対に正社員には戻りたくありません。

そして都会で食料もガスや電気、そしてあらゆるサービスを買わないと成り立たない暮らしをしているから「都会で正社員として朝から晩まで働く」という生活からはまり込むんだと思ってます。

それを抜け出すには「自分でできることを増やす」のが一番だと感じました。たとえばぼくは2013年の11月にぼくはナリワイという新しい働き方を提唱する伊藤洋志さんが主催する「床張りワークショップ」に行ってきました。

そこで集まった十数人のぼくを含むメンバーは、大工さんの指導のもとに自分で家をリフォームするために床を張る練習をしたんです。自分の手でできるようになれれば、必要なモノは材料費などで済みます。

もちろん素人が床を張るので出来がうまくいくとはいきません。しかし練習して重ねたモノは忘れることないし、その分リフォーム代などを節約することができます。

田舎の使っていない廃屋を月に1万円くらいで借りて、そこで自分たちでリフォームし、気軽に遊びにいける家を造れれば、もし海外で失敗しようが帰ってこれるフルサトを作れます。

だからぼくは海外に住めるようになると同時に、日本の田舎でおカネをなるべく使わずに生活できる暮らしを作りたいです。田舎の暮らしがぼくらの世代の年金になると思う。

そこで食べ物を自給しながら、月に1万円以下で住める家をリフォームし、そしてできればとことん電気をソーラーパネルで自家発電したりするオフグリッドハウスを建てたいと楽しみながら計画してます。その様子を動画に撮ってYou Tubeに公開したいので、そのためにも動画を撮る練習をしたいです。

2015年は田舎暮らしの準備として、自分に合った田舎のリサーチをするために国内を旅する

PAK86 ouuchijyuku500

日本の田舎でデュアルライフのための拠点を作る。これが台湾ワーキングホリデーから帰ってきた2016年のぼくの目標になります。

そのために2015年はちょくちょく台湾から日本に数週間帰ってきて、どこの田舎が自分にとって面白そうかリサーチします。

第1候補が九州、第2候補が沖縄、第3候補が岡山、広島などの瀬戸内海です。

ここらへんをまわって、自分に合った土地を見つけたいと思います。その下調べが2015年の目標です。できれば面白い人とたくさん直接会って、つながりを作ってみたいです。

日本の田舎で面白そうなことをやっている人のリストはこちらです。その方とほぼ全員会ってみたいと思っています。

ぼくは台湾や香港、韓国、そしてフランスやドイツにも友達がいるので、海外から人を招きたいという地方の人の要望にも応えられればいいですね。

[参考書籍]

4年以内の目標 経済的自由を手に入れる

Hutt River 28

さておカネを全然使わなくても暮らしていける暮らしを作りたいと言いましたが、そうは言ってもおカネは必要です。おカネがあればいろんな国に住めるなどの選択肢も増えるし、もしも病気になったときの保険でいい治療も受けられる。

ぼくの最後の4年以内の目標は「経済的自由を手に入れる」です。

2番目に出した田舎の暮らしだってある程度おカネが必要になります。野菜を作るにしても野菜の苗を買わないといけないし、狩猟するにも銃と銃弾が要ります。家を直すにも材料費だっている。

やっぱりぼくらの住んでいる世界は資本主義社会なので、おカネを稼いで、詳しくならないとダメです。

じゃあぼくはどうやったらおカネを稼げるか?

今考えているのがブログなど、複数のサイトを立ち上げて収益化です。実際ブログで頑張って月に50万円、100万円稼いでいる人もいます。だからそこまで目指して一定の成果が出たら、合同会社か株式会社を設立して「マイクロ法人」を立ち上げる予定です。

マイクロ法人は自分1人だけでやる会社だと思ってもらえばよく、フリーエージェントがうまく立ち回るための方法です。税制が有利になって、経済的自由を手に入れやすくなります。

ワーキングホリデーをしても企業面接ではまったく経歴的に評価されません。海外フリーター扱いです。だったらもうぼくは自分で小さな会社を設立して、そこで会社の社長というポジションを活用した方ができる仕事の可能性が広がります。

このマイクロ法人というアイディアは橘玲さんの『貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』という本に詳しく書いてあるので、興味ある方はこちらの本を読んでみてください。

2015年はマイクロ法人を設立するために、ブログなどのウェブサイト収益化に力を入れる

C789 mbaniokaretakeitai500

というワケでマイクロ法人を設立するためには、おカネを得ないことには始まりません。当ブログや新しく動画の台湾観光ウェブサイトを立ち上げて、その収益化を目指していこうと思います。

じゃあどうやったら収益化できるか?それは読んでくれる人に「マエハラのブログの情報だったら信用できる」と思ってもらうことです。

たとえば最近ぼくのAmazonアフィリエイトの売り上げがちょっと伸びているのですが、それはぼくの1年間のワーホリで使った持ち物なら信用できると思って買ってもらえたからだと感じてます。メールでも実際に同じ感想をもらいました。

マイクロ法人というアイディアを実行するには月に50万円くらいは目指す必要があるけど、地道に今まで以上に他の人に役立つブログやウェブサイトを作っていくことが2015年も大事だと思っています。

[参考書籍]

まとめ ぼくは新しい形のライフスタイルをみなさんにブログを通して届けたい

Pak01

今回来年と言わずに、4年分くらいの大きい目標に対してのやりたい目標を逆算して書いてみました。すっごく上の写真はふざけてますけど、このままいけば沖縄のビーチでパソコン開いて仕事しながらリラックスできるライフスタイルが実現できるってぼくは信じてます。

3年間経って2014年の今年はそれを徐々に実感できた年でした。ぼくの尊敬している高城剛さんは「何かを大きく変えるには7年間かかるものです」とよく言ってます。

ぼくが海外に出て、世界中を飛び回れるようになろうと思ったのが2011年の11月の終わり。それから3年経って、ブログで月に4万円おカネを得られたり、英語がしゃべれるようになったり、世界中に友達ができたり、徐々に結果が出始めてきました。

もちろんぼくも台湾人の女の子を追いかけて振り向いてもらえなかったりするけど、でもあきらめずに挑戦していたら何かはうまくいく。

今回述べた2015年の目標の「台湾ワーキングホリデー」したり、「国内の田舎をまわったり」、そして「ブログと台湾観光ウェブサイトの立ち上げと収益化」は、4年後の2018年までに「デュアルライフ」したり、「おカネのかからない暮らし」をしたり、そして「経済的自由を手に入れるため」の通過点です。

その先に最終的な今のぼくの目標の「世界中を旅するように暮らす」が叶うでしょう。

そしてぼくがやっていることをブログでわかりやすく発信することで、読んでくれてる人のライフスタイルも変わってほしいと思っています。読んでくれる方に新しい21世紀のぼくららしい生き方を作って提案してみたい。それがこのブログの目標です。

ではまた!

[関連書籍]