06.国内旅行

東京で台湾の朝ごはんを食べたければ、東京豆漿生活がオススメ!

Doujiangshenghuo005

日本で台湾料理を楽しむ良さといえば、何を思い浮かべますか?

台湾に何度も行ったことがある人なら、「この台湾料理は本物に忠実」、「これは再現度が微妙」と本物に近いものを探す楽しみもあるかもしれません。

しかし、台湾に4年半住んでいたぼくがオススメしたいお店は、日台のいい部分が上手に融合した台湾料理店です。

東京の五反田にある「東京豆漿生活」もそんなお店の一つ。

本物の台湾の朝ご飯と、東京らしいモダンでオシャレなお店が特徴です。

行ってみたので紹介します。

東京の五反田にある東京豆漿生活の場所

Doujiangshenghuo001

【JR五反田駅から歩く途中】

さて、東京豆漿生活は、JR山手線の五反田駅が最寄り駅です。

JR五反田駅から約400メートル離れており、5〜8分ほど歩きます。

お店が路地裏にあるので、けっこう歩くように思うかもしれません。

でも意外と早く着きます。

JR五反田駅から歩いて行くと、お店の入り口が正反対なので、そこだけは注意してください。

店名 東京豆漿生活
電話番号 03-6417-0335
住所 東京都品川区西五反田1丁目20-3(地図
営業時間 9:00~15:00
定休日 日曜日
公式ページ 東京豆漿生活オンラインストア

東京豆漿生活の外観と内装

Doujiangshenghuo015

【東京豆漿生活の外観】

こちらが東京豆漿生活の外観です。

黄色のビルの建物に、両隣は別々の種類の樹木。

ここが台湾の朝食屋さんなんて思えないお店構えをしてます。

というか、何のお店かすらわかりません。

Doujiangshenghuo011

【東京豆漿生活の内装】

Doujiangshenghuo009

【オープンキッチン】

しかし、中に一歩入ると、そこはモダンなデザインの店内が広がっています。

ここまで洒落(しゃれ)たデザインのお店は、なかなか台湾の朝ご飯屋さんでは見られないでしょうう。

おしゃれでモダンな朝ごはん屋さんは、台湾の台北などに存在します。

台湾人の若者が始めていて、それが人気になっていたりするのです。

ただ、まだ台湾の朝ごはん屋さんの大部分は庶民的な雰囲気のまま。

本格的な台湾料理と雰囲気のいいお店に行けるのは、本場の台湾でもなかなか味わえない体験です。

店舗のBGMも台湾のラジオを流しているので、台湾に戻ったような異国情緒があります。

東京豆漿生活のメニュー

Doujiangshenghuo003

【東京豆漿生活のメニュー】

Doujiangshenghuo002

【東京豆漿生活のレジ横の商品】

写真のメニューが東京豆漿生活の食べ物です。

・鹹豆漿(塩味の豆乳スープ)



・飯糰(台湾おにぎり)



・酥餅(サクサクした食感のパイ生地で包んだ食べ物)



こんな感じで、台湾の朝ご飯屋さんにあるメニューが並んでいます。

お店の方に直接インタビューした記事を読んでみると、どうやら台湾でレシピを学び、試行錯誤して日本の材料で再現したメニューばかりだそうです。

朝9時の開店前に行列ができるため、一部のメニューはオープンしてすぐに品切れすることもしばしば。

ぼくが友達と2度目に行った時は、午前11時15分の時点で、飯糰(台湾おにぎり)が売り切れていました。

食べたいメニューがあるなら開店前に並ぶか、朝10時台くらいに行った方がいいと思います。

東京豆漿生活の鹹豆漿を食べてみた

Doujiangshenghuo005

カウンターで注文し、待つこと5分ほど。頼んだメニューを食べることができました。

ぼくが頼んだのは、鹹豆漿です。

台湾の豆乳のスープに、しょっぱく味付けしたものと言えばいいでしょうか?

Doujiangshenghuo007

うっすらと固めてあるので、豆乳はおぼろ豆腐のように固まっています。

そこに有條(ヨウティァオ)と呼ばれる中華揚げパンを浸して食べてみました。

あっさりとしたしょっぱさと酸味が美味しく、どんどんとスプーンを持つ手が進みます。

豆漿も本場の味とそんしょくがなく、台湾で食べた懐かしい味が口に広がりました。

少し酸味があるので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

(ぼくが台湾人に聞いたところ、台湾人でも鹹豆漿が好きではない人がいるそうです)

でも、ぼくはこのおぼろ豆腐に酸っぱさが加わった味が好きです。

ラー油も思ったより辛くなく、最後まで食べ進めてしまいました。

Doujiangshenghuo008

他にもメニューはたくさんあり、飯糰(台湾おにぎり)や蔥肉酥餅(ネギと肉のパイ生地包み)もおすすめです。

とくに蔥肉酥餅(ネギと肉のパイ生地包み)は、人気No.1。

なので、豆漿以外で注文するなら、これがオススメです。一緒に行った友達は2つも頼んで食べてました。

朝から食べ過ぎ!

最後に

Doujiangshenghuo009

他にもいろんなメニューを食べましたが、どれも本場の台湾の味です。

ぼくがここのメニューをオススメするなら、人気メニューを注文すると満足度が高いかと思いました。

・鹹豆漿(塩味の豆乳スープ)



・蔥肉酥餅(ネギと肉のパイ生地包み)



・花生酥餅(ピーナッツのパイ生地包み)



・紅豆酥餅(あんこのパイ生地包み)


他のメニューの韮菜酥餅(ニラと卵と春雨、ピーナッツのパイ生地包み)もぼくは食べましたが、本場の味すぎて、とまどってしまいました。

台湾独特の甘しょっぱさがあります。

「台湾で食べた飯糰(台湾おにぎり)を、また東京で食べたい!」

そういう人は満足度の高いクォリティーです。

しかし、ただ懐かしい台湾を感じたい人は定番と人気メニュー。あと日本人にも馴染み深い小豆などの素材がオススメです。

メニューの味は台湾らしく本格的。東京らしい内装のセンスもあり、絶妙な台湾のラジオのBGMが琴線に触れます。

興味ある人は行ってみてください。

ではまた!

店名 東京豆漿生活
電話番号 03-6417-0335
住所 東京都品川区西五反田1丁目20-3(地図
営業時間 9:00~15:00
定休日 日曜日
公式ページ 東京豆漿生活オンラインストア

この記事が気に入ったらフォローお願いします。
ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます
LINE公式アカウントの登録はこちら

毎週日曜日に役立つ台湾情報を集めたLINEオフィシャルアカウントを発行しています。

友だち追加