未分類

台湾人だけど、日本語で歌う台湾バンド。ゲシュタルト乙女の新アルバム発売ライブレポート

Gestalt girl 20191215 0004

台湾人なのに、日本語歌詞で歌うバンド。

ゲシュタルト乙女のファーストアルバムのリリース記念ライブがあったので、現地から報告します。

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

さて、実は今ひそかに台湾好きの日本人の間で注目されている、台湾の音楽シーン。

その中でも日本語歌詞で歌う台湾人バンド、ゲシュタルト乙女の1stアルバムリリース記念ライブがありました。

今回は2019年12月13日(台北)と15日(高雄)の二ヶ所で行われ、ぼくは15日の高雄に参加。

初めてライブに参加したのですが、これがとても良かったので、報告します。

ではどうぞ。

ゲシュタルト乙女の高雄ライブレポート

Gestalt girl 20191215 0016

今回のライブの開演は18時半。

ただゲシュタルト乙女のライブですが、日本からアーティストを二組呼んでいました。

それが

・Utae

・o’share

です。

Gestalt girl 20191215 0041

【o’share】

ぼくは少し遅れて入ったので、Utaeさんは見れなかったのですが、o’shareという3ピースバンドは見ることができました。

o’shareは椎名林檎のバンドでギターを弾いてる浮雲さん(長岡亮介さん)がやってるバンド、ペトロールズっぽくてカッコ良かったです。

そして肝心のゲシュタルト乙女のライブは開演から2時間後、20時25分ごろ始まりました。

Gestalt girl 20191215 0037

『white(SE)』

ライブハウスの照明が落とされると、『white(SE)』という曲とともにゲシュタルト乙女のメンバーが入場。

この曲は今回発売されたアルバム『視力検査』の一曲目です。

バンドメンバーは静かに入ってきて、楽器を手に取り、スッと演奏を始めました。

そこでぼくは初めて動くゲシュタルト乙女を見ましたが、パッと見て、「みんな、お人形みたい」だと感じました。

Gestalt girl 20191215 0023

メンバーを写真でしか見たことなかったのですが、ボーカルのMikanさんは綺麗な西洋人形といった佇(たたず)まい。

Gestalt girl 20191215 0039

ベースのユウユウ(Yu)さんは、伸びた黒髪が日本人形のよう。どことなく栗山千明を思い出しました。

Gestalt girl 20191215 0026

そしてギターのカイアキ(Kaiaki)さんは、丸っこくて中国のコメディー映画俳優を連想します。

ドラムの方はちょっと見えなかったのですが、パッと見た印象はそんな感じです。

ボーカルとベースの二人は写真よりも綺麗だな。

ギターの人は写真よりも丸い……。

と思いました。

しかし最初のぼくが見た印象は、曲が進んでいくうちに、どんどんいい意味で裏切られていきます。

Gestalt girl 20191215 0045

『心狩り』

1曲目が『心狩り』。2曲目は『心売り』、3曲目は『Fog』という曲です。

どれも静かな曲で、ボーカルのミカンさんは鋭い目つきで、客席を見ながら歌っているのが印象的でした。

ここまでは静かな曲が3曲続き、うち2曲目と3曲目が新曲だったので、観客も静かにノッて拍手をしています。

曲の終わりでは、ボーカルのミカンさんが「ありがとう」「謝謝(シェシェ)」を交互に言い、日本のバンドが台湾でライブしてしているのか?と一瞬勘違いするほどです(笑)

でも静かなバンドの雰囲気があったのはここまで。

ここからアップテンポの曲が2曲続き、ガラッと会場の雰囲気をゲシュタルト乙女は変えていきます。

4曲目は『生まれ変わったら』です。

この曲で、今まで静かに演奏していた場の空気は、ガラッと変わりました。

今まで観客側が静かだったのは、今まで演奏していた曲がアルバムからの新曲で、落ち着いたせいもあるんでしょう。

疾走感あるこの曲のイントロが演奏されると、一気に盛り上がります。

すでにシングルでリリースされてて、ライブでも歌い慣れてる曲のおかげで、盛り上がりました。

またぼくの隣から日本語で口ずさんでいるのが聞こえたので、振り向くと……。

なんと台湾人のお客さんが歌っています!

これにはだいぶビックリしました。

『EEヨ』

5曲目はEEヨ』。アップテンポの曲が続きます。

『EEヨ』は今回のアルバムから先行リリースされたシングルなんですが、こちらも盛り上がりました。

この時にボーカルのミカンさんが、曲の途中で初めて笑顔を見せます。

最初の数曲は、客席を射抜くような鋭い目をしていたのに、はにかむような笑っていました。

この途中で見せた笑顔のギャップに、ぼくはやられました。

アップテンポの曲が終わると、ここからしっとりとした曲が続きます。

6曲目が『Gestalt』

7曲目が『I Script』

新しいアルバムでも、ぼくが特に気に入っている2曲です。

特に『I Script』は浮遊感のあるギターイントロで始まり、ボーカルのミカンさんが囁(ささやく)くように歌い出す曲です。

でも曲の歌詞を聴くと、うまくいかない人生や対人関係を歌いつつも、芯のある価値観が日本語歌詞の中にちらりと見えます。

これは個人的に一番聴きたい曲だったので、すごく満足しました。

8曲目が『Dream Holic』

9曲目が『人生ゲーム』

待ちに待っていたライブもあっという間。

『Dream Holic』と『人生ゲーム』で終わりです。

すでにEP(シングル盤より長く、アルバムよりも短い曲数を入れたもの)の『タイムトラベル』で出ていたので、また会場が盛り上がりました。

ゲシュタルト乙女の4人は惜しまれつつも退場し、会場は自然とアンコールが湧きあがります。

そしてアンコールは『Time Travel』

ドラムの人が最初に入ってきて叩き、後からギターとベースが同時に音を鳴らすと、観客が盛り上がりました。

そしてボーカルのミカンさんが

「最後の曲はアルバムに入ってないタイムトラベル。一緒に盛り上がっていきましょう!」

と日本語で呼びかけ、歓声が上がります。

最後まで「このバンドは本当に台湾の台南出身のバンドなのかな?」とぼくはニヤケながら思ってしまいました。

Gestalt girl 20191215 0033

【最後に3組のアーティストとバンドで挨拶】

そして、最後の「ラララ〜」を観客に歌わせて盛り上げつつ、大盛況でライブは終わりました。

ゲシュタルト乙女のセットリスト

SE『white』

1曲目『心狩り』

2曲目『心売り』

3曲目『Fog』

4曲目『生まれ変わったら』

5曲目『EEヨ』

6曲目『Gestalt』

7曲目『I Script』

8曲目『Dream Holic』

9曲目『人生ゲーム』

〜〜〜

アンコール『Time Travel』

終わったらグッズ販売とサイン会

Gestalt girl 20191215 0015

最後に終わったら、グッズの販売会とサイン会がありました。

これはバンドのCDやポスター、トートバッグを買うと、メンバー全員からサインがもらえる仕組みです。

ぼくは初めての台湾のライブだったから、これが台湾のライブで恒例なのかはわかりません。

Gestalt girl 20191215 0018

でも音楽がストリーミングで聴けて、実際のライブも自由に撮影できるので、こうやってメンバーと触れ合える機会が嬉しいと感じました。

ちょっとでも話せるのは楽しいのではないでしょうか?

台湾人の他のお客さんもグッズを買って、一緒にライブをやった2組の日本人アーティストと記念撮影していました。

最後に ライブを見た感想

Gestalt girl 20191215 0047

【ゲシュタルト乙女ギターのカイアキ(Kaiaki)さん】

というわけで、今回のゲシュタルト乙女のライブのレポートは以上です。

今回のライブでここまで見ていて発見だったのが、ギターのカイアキ(Kaiaki)さんの腕です。

ゲシュタルト乙女は女性3人、男性1人というメンバー構成です。

一見するとガールズバンドなのに、男性が紛れ込んでいるのは、おかしいと感じるかもしれません。

しかしギターのカイアキ(Kaiaki)さんがテレキャスターで奏でる繊細な高音こそ、ゲシュタルト乙女の乙女っぽさだと見てて感じました。

ベースのユウユウさんは太いベース音を鳴らし、ボーカルギターのミカンさんはジャズマスターというジャカジャカと鳴るギターを使っています。

この組み合わせだと、激しい音楽になりそうです。

でもギターのカイアキ(Kaiaki)さんの歌うような繊細なギターの音が、ゲシュタルト乙女に女性らしさを与えていました。

実際に見てみると、ボーカルのミカンさんの日本語歌詞と同じくらいバンドを支えていて、実際に見て感動しました。

Gestalt girl 20191215 0023

あとは台湾人が普通に日本語で歌い、中国語と日本語を混ぜてMCをしてて、ぼくは台湾でとても不思議な体験ができました。

楽曲自体も、ギターで奏でられるメロディーがぐっと心を鷲掴みされます。

おまけに日本語で歌っているので、歌詞がダイレクトに耳に飛び込んで、世界観にひたれるのがいいところです。

これからもっと人気が出るバンド(いや、でなければおかしい!)なので、ぜひ日本で聴いて、台湾でライブがあるときに見にくるのはどうでしょうか?

ぼくも追いかけ続けて、またライブレポートをあげます。

ではまた。

YouTube始めました

YouTubechannel start

ブログに加えて、YouTubeチャンネルも始めました。

台湾の観光地やグルメ、ハウツーなどを動画でも発信しています。

文字と写真だけでは伝えきれない台湾を動画にすることで、よりいっそうわかりやすく、面白く紹介する予定です。

動画は毎週の水曜日に上げており、これからは日曜日も上げていきます。

よかったら下からチャンネル登録、お願いします!




(押すだけで、YouTubeを開いたときに、自動的にぼくの動画が届くようになります)


この記事が気に入ったらフォローお願いします。
ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます