01.台湾旅行

九份に一泊した人が解説!見所と観光にベストな時間、豆知識を紹介

Taipei kyufun minshuku 0112

意外と行ったらガッカリすると言われる台湾の観光地、九份の本当の魅力を紹介します。

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

さて台湾旅行で必ず行ってみたい観光地として上がるのが、『千と千尋の神隠し』のモデルと言われる九份です。

本当にモデルかと聞かれたら、「うっ、ゲホンゲホン」と誤魔化さざるを得ないのですが、それでも行っておきたい観光地なのは間違いありません。

この記事では、九份の観光に訪れると混んでいない時間やシーズン、オススメの写真を撮るスポット、グルメ、歴史を理解した楽しみ方などを紹介します。

実際に丸一日泊まったからことがあるから気づいたポイントなどがあるので、参考になれば嬉しいです。

では行ってみましょう。

九份(きゅうふん)ってどんなところ?

Taipei kyufun minshuku 0191

台湾の台北市の隣にある山あいの老街です。

まるでアニメ映画のような世界観の街なので、非常にフォトジェニックであり、映画の撮影地になったりしています。

歴史的な流れで言うと、昔の九份は金が取れる金山で有名になって栄えたものの、1970年代に廃山になりました。

そのあと寂れて全然見向きもされなかったのですが、1989年に制作された『悲恋城市』という映画のロケ地になり、再び注目されて観光地になっています。

現在ではジブリ映画の『千と千尋の神隠し』の湯婆婆の湯屋に似ていると言う噂が広まり、日本人や韓国人に大人気な台湾を代表する観光地になっています。

『千と千尋の神隠し』に関しては後述します。

九份観光するのにベストな時間帯は何時なのか?

Taipei kyufun minshuku 0113

九份は大人気の観光地で、狭い道に観光客を乗せたバスがひっきりなしにやってきます。

ピーク時の九份に訪れると、渋谷のスクランブル交差点並みに混んでいるので、そこを気をつけてください。

九份に1泊してみたところ、だいたいの混む時間帯がわかったので、以下の記述を参考にしてみてください。

個人的には、バスツアーのお客さんが少なくなる19時半から21時くらいが一番おすすめです。

Taipei kyufun minshuku 0153

7:00〜9:00の時間帯

観光客が来ない静かな時間帯。九份とは思えない人のいなさなので、全く人のいない写真を撮れる。

お店は全然空いていないので、要注意。

9:01〜15:59の時間帯

徐々に観光客が到着し始める。ちらほら人が見られるようになり、日本語、韓国語、中国語のツアーガイドの声が聞こえ始める。

お店は徐々に開き始める。

How to go to kyufun by bus 001

16:00〜19:30の時間帯

観光バスがやってくるピーク。九份で人が一番多くなる時間帯。

夕日と夜景の両方を見ることができるので、観光バスツアーもこの時間帯にお客さんを連れてこようと一生懸命働いている。

お店は一番開いていて、混雑もピークを極める。いい席を取りたかったら早めに入ったほうがいいかも。

Taipei kyufun minshuku 0115

19:31〜21:00の時間帯

観光バスツアーのお客が帰り始める。このあたりでやっと九份が落ち着き出す。

まだ夜景が綺麗なので、できれば19:30〜21:00の1時間半で写真を撮ることをオススメしたい。

個人的にはこの時間帯に九份を観光するのが最高。

Taipei kyufun minshuku 0148
21:01〜22:00の時間帯

お店が閉まり、観光客も全然いなくなる時間帯。またお店の灯りが消えるので、21時以降に写真を撮っても綺麗な九份の風景を写せない可能性あり。

ただお茶屋さんは空いているので、ゆっくりお茶を飲みたいならアリです。

九份へのツアーを避けたほうがいい時期は?

ずばり言うなら、日本人観光客が殺到するピークシーズンです。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの繁忙期は最悪の混みようになります。

お盆の時期にツアーガイドした日本人から聞いたら、狭い九份の道に観光客があふれてて、ちょっとずつしか進めなかったそうです。

このシーズンにしか行けない人はしょうがないですが、他の時期に行ける人はピークシーズンを避けたほうがいいでしょう。

観光するときの滞在時間の目安と見所は?

Taipei kyufun minshuku 0155

九份ツはツアーだとだいたい1時間半が目安だと言われてます。

ただ九份の見所を抑え、混雑を避ければ、2時間半くらいいても楽しむことができます。

個人的に魅力を感じるのは4つです。

  • 1.フォトジェニックな写真を撮る
  • 2.綺麗な景色でお茶を飲む
  • 3.食べ物が多いので、九份グルメを楽しむ
  • 4.その昔、金山だった九份の歴史を感じる

この4つを紹介します。

九份でのオススメの写真スポットは、海悦楼観景茶坊

台湾の九份

九份の魅力は、何と言ってもフォトジェニックな写真を撮れることです。

実際に現地に足を運ぶとゴミゴミしていて、人がいっぱいで疲れる場所だという印象は、たしかにぬぐいさることできません。

ただ、九份から帰ってきて写真を見返すと、台湾旅行中で一番綺麗な写真が撮れているので、九份マジックはあると感じます。

Taipei kyufun minshuku 0161

そこで一番オススメしたい九份の撮影スポットが、海悦楼観景茶坊というお茶屋さん兼レストランのテラスです。

だいたいWebで台湾を紹介する画像には、この角度からの九份の風景が紹介されているし、ポストカードやパンフレットにも使われています。

だいたいみんなは阿妹茶樓でお茶をするんですが、ここの中でお茶を飲んでも、全然中の風景は良くありません。

フォトジェニックな景色を狙うなら、海悦楼観景茶坊でお茶を頼み、2階や3階のテラスから写真を撮りましょう。

ちなみに海悦楼観景茶坊のご飯やお茶は普通の味ですので、出されるものにあまり期待しないほうがいいです。

あとティーポットを1つ頼めば、2人分くらいの量があるので、シェアをすることをオススメします。

九份でオススメのお茶屋さんは?

Ocha keshiki kyufun 06

九份といえば、台湾茶を飲むのも楽しみのひとつです。

九份にはいくつもお茶を飲めるお茶屋さんがあり、あらかじめどこのお茶屋さんがいいかを考えておくといいでしょう。

だいたい有名な場所は以下の3つです。

九份茶坊

Taipei kyufun minshuku 0149

九份茶坊は100年前から九份にあった茶藝館をリノベーションし、現代に復活させたお茶屋さんです。

九份によく行く人の中ではここが最高だとの呼び声が高く、ぼくも一度お茶してそう感じました。

値段が高く、また景色の見晴らしも良くないんですが、出されるお茶と雰囲気は最高です。

1人でいくと4,000円くらいかかるので、できれば2人以上で行くといいでしょう。

お茶を飲むなら、ここが一番ぼくはオススメです。

雰囲気と味:☆☆☆(最高)

値段:☆(高い)

景色:☆(悪い)

阿妹茶樓

Taipei kyufun minshuku 0166

阿妹茶樓は『千と千尋の神隠し』の湯婆婆の茶屋になったと言われてる茶藝館です。

実際のところは、「うっ、ゲホンゲホン、それは聞かないで!」

と言うところ……。

あとはお茶菓子がついてくるのが特徴ですが、別にそんなに美味しくありません

値段は無難なので、入ってしまいがちで、ソツがない場所です。

そんな高いところは入りたくないし、いい写真を撮りたくないという時にはオススメだという印象です。

ちなみにぼくは3回くらいここでお茶しました……。

雰囲気と味:☆☆(普通)

値段:☆☆(普通)

景色:☆☆(普通)

海悦楼観景茶坊

Taipei kyufun minshuku 0154

海悦楼観景茶坊は阿妹茶樓の向かい側にあるお茶屋さん兼レストランです。

味はそんな美味しくないし、お茶も普通レベル。お茶屋さんとしてのクォリティーは一番低いです。

ただ2階や3階のテラスから眺める景色が最高に綺麗なので、前にも書いた通り、写真を撮るなら一番いいと言えるでしょう。

雰囲気と味:☆(悪い)

値段:☆☆(普通)

景色:☆☆☆(普通)

九份のおすすめグルメは?

Taipei kyufun minshuku 0124

九份は台湾なので、たくさん食べるところがあります。

ぼくも最初に台湾人の友達に連れて行ってもらったら、4店舗くらいの九份グルメの名物店を案内され、お腹いっぱいになりました。

日本人は食べ歩きを真似しなくていいと思うんですけど、いくつかの名物を食べておくといいでしょう。

ぼくのオススメは阿柑姨芋圓剉冰(50台湾ドル=約180円)です。

甘く、歯ごたえあり、味が濃厚です。競合店も九份にあるんですが、こちらのほうが美味しいと感じました。

景色もいいし、かなりオススメです。

九份はジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルになったの?

Taipei kyufun minshuku 0186

結論から言うと、なっていません!

ぼくも一時期、それを信じていたのですが、ジブリ側がオフィシャルで否定しています。

ちなみにジブリの公式ホームページを覗くと、

大いに参考にした場所

「千と千尋の神隠し」「江戸東京たてもの園」

引用:ジブリ公式ホームページ Q&A

という話が載っているので、『千と千尋の神隠し』のモデルは「江戸東京たてもの園」であり、台湾の九份でないようです。

ただ面白い実話として、九份は『もらい泣き』などで有名な歌手・一青窈さんのひいおじいさん、おじいさんの土地でした。

九份には、一青窈さんのおじいさんの名前が付けられた欽賢中学校もあります。

一青窈さんのひいおじいさん、おじいさんは九份の金鉱で財をなし、台湾5大財閥に数えられるほどになったという歴史を見てみると、ノンフィクションなリアル九份が見えてくるかと思われます。

【関連記事】

詳しくは一青窈さんのお姉さんで、作家の一青妙さんのこの記事をどうぞ。

https://www.nippon.com/ja/column/g00529/?pnum=1

まとめ イメージの九份もいいけど、本当の九份の姿も知ってほしい

Taipei kyufun minshuku 0159

というわけで、どうでしたでしょうか?

ぼくが何度も足を運び、実際に1泊して泊まった九份の魅力や注意点をまとめてみました。

九份は混んでいて、タイミング悪い時期に行くと人が多すぎて最悪なんですが、事前に情報を知っていれば楽しむことができます。

また混んでいるといるから外せばいいかというと、写真を撮れるなどの魅力は捨てがたいので、事前に予習してうまくプランを組んでみてください。

それでは楽しい台湾旅行を!

ではまた。

ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます