ブログ運営者の前原が、ポッドキャストのJust globalとブログの快適ちゃんでインタビューされたので音源と記事を紹介します


Wh book 006

偶然にも同じタイミングで、去年の6月にオーストラリアで取材してもらったインタビューが出たので紹介します。

どうもこんにちは、オーストラリアワーホリ経験者のまえちゃん@Maechan0502です。

さて半年前になるんですが、オーストラリアにワーホリ本の取材に行った時、ぼくはインタビューをされました。

その2人が在豪日本人ブロガーさんのはつさんと、ポッドキャスト配信してる浅野さんです。

ありがたいことに文章と音声という2つのメディアでインタビューしてもらう機会なんてなかなかないと思いますので、よかったらどうぞ。

では紹介させてもらいます。

ポッドキャストのインタビュー Just Global by 浅野さん

ジャストグローバル

一つ目はポッドキャストのインタビューです。

インタビューしてくださった方は、オーストラリア在豪歴約15年以上の浅野さんです。

浅野さんはオーストラリアのメルボルンで働きながら、メルボルンを拠点で活動してるパワーポップバンドのThe Wellingtonsでもギターを弾かれています。

自分の声は普段聴き慣れてないので恥ずかしいのですが、ブログの続け方の自分なりのアドバイスや自分にとってブログとは何か?、また次にやりたいことを語っています。

半年前のインタビューですが、自分の言ってることややりたいことは変わらず、その後、徐々に電子書籍を出したり、アフリカのルワンダに行っていました。

他にもやりたいことなども語っているので、ぜひ聴いてください!

第1回目

https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88-just-global/id1009280052?mt=2&i=1000393811137

第2回目

https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88-just-global/id1009280052?mt=2&i=1000400630708

第3回目

https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88-just-global/id1009280052?mt=2&i=1000400630708

ブログのインタビュー 快適ちゃん by はつさん

Kaitekichan

もう一つはオーストラリアのメルボルンで、現地の学校で日本語教師をやりながら、ブログを運営されているはつさんのインタビューです。

こちらでは普段、自分のブログでは書かない裏側をしゃべっています。

たとえばブログ運営する上でのルールやどうやって2013年からブログを作ってブログで生活できるようになったのか?

またオーストラリアワーキングホリデーをするにあたって、反対する家族とどう話し合ったかなんてこともインタビューされました。

現在ブログをやってる人や、オーストラリアワーホリしてる人には、

「ワーホリ中にブログやって、その後に生活できるようになった人がいたんだ。どんなこと考えていたんだろう?」

と興味ある人にはみてもらえると嬉しいです。

前編

ブログを書いてそこから収益をあげて、時間や場所に縛られずに生活する、そんな生活って素敵だと思いませんか? 実は世の中にはそんなライフスタイルを満喫している人たちがいます。 以前にワーキングホリデー(ワーホリ)でオーストラリアに滞在し、現在は台湾でブロガーとして活躍している前原和裕(まえはらかずひろ)さん。前原さんがワー

後編

前回の記事に引き続き、プロブロガーの前原和裕(まえはらかずひろ)さんのインタビュー。今回はその後半です。 前半ではプロブロガーになるまでの経緯、前原さんにとってブログとは、プロブロガーとして生きるという事について伺いました。 後半では更にブログの核心に迫った質問に答えて頂きました。また、これからブログを始めたい人、プロ

最後に

というわけで、短いブログでしたが、ぼくからの紹介は以上です。

インタビューを見返したり、聞いたりすると、けっこう「自分の家族が病気になった時にワーキングホリデーに行ったり、実はモテますか?」などいろいろ際どいこと聞かれてしゃべってるなぁという印象です。

自分のブログは発信することをコントロールしてるんですが、こうやって聞き手の質問のおかげで普段話していないことを話すのがインタビューの魅力だと感じます。

どちらも面白いインタビューになっているのでチェックしてみてください。

最後に浅野さんもはつさんも、編集が大変なのにありがとうございました。

ではまた。

【関連記事】

ワーホリで何をするためにここに来たのか?と悩むけれど、ぼくらは自分の本当に好きなことを探すためにここに来たんじゃない?

オーストラリアの次は、やっぱり台湾で一年間ワーキングホリデーしたい

ついにぼくのオーストラリアワーホリが終わります。最後にこの国でまわる場所と、年末までの計画を紹介します

大人の夏休み「ワーホリ」を1年やってどんな意味があったの?1年間のオーストラリアワーホリを終えたぼくが答えます