01.台北旅行

台湾の空港のプリペイドSIMで、2ヶ月から1年間契約できる中長期プランを紹介

Taiwan airpor prepaids sim 0001

台湾の空港で、実は30日以上のプリペイドSIMカードが契約できるって知っていましたか?

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

さて、台湾旅行に来る時に便利なのが、SIMフリースマートフォンであります。

台湾の空港でプリペイドSIMカードを契約すれば、30日までは1,000台湾ドル(約3,500円)で契約でき、4Gの高速回線でインターネットし放題!

ただ、このプランは台湾の空港限定なのがネックです。

31日目以降も契約したければ、また台湾の空港に足を運んで、契約をしなければいけない……、

というのが、台湾旅行の常識だとぼくは思っていました。

しかし、先日台湾の登園空港で台湾大哥大のスタッフさんから60〜360(約2〜12ヶ月)の中長期プリペイドの存在を教えてもらったのです。

これなら台湾で2〜3ヶ月間旅行する人や、半年から1年間留学する人もスマホを便利に使えます!

「ちょっともっと早く言ってよ!」と言いたい気持ちでいっぱいですが、素晴らしい情報を教えてもらったので紹介させてください。

では行ってみましょう!

中長期プリペイドSIMを買えるのは、台湾の桃園空港と台湾の高雄空港

Taiwan taoyuan airport cashing atm t1 01

さて台湾で中長期のプリペイドSIMカードを購入できる国際空港は、主に2つあります。

・台湾の桃園空港

・台湾の高雄空港

台北だと桃園空港、南部の高雄だと高雄空港で購入できます。

台湾の台北市内には松山空港という便利な空港がありますが、こちらには中華電信という通信会社しかありません。

なので、この後で紹介する台湾大哥大遠傳という会社がないので、松山空港では中長期のプリペイドSIMカードを契約できないのが難点です。

しかし日本から飛び立つLCC(格安航空会社)は桃園空港と高雄空港にしか到着しないので、大勢の人はプリペイドSIMカードを購入できると言えるでしょう。

ええ、こんな風にひっそりとしたサービスですけど……。

台湾大哥大(Taiwan Mobile)

Taiwan airpor prepaids sim 0005

台湾大哥大は台湾で2番目に大きい通信会社です。

桃園空港で入国手続きをする前、第1ターミナル、もしくは第2ターミナルの3カ所で中長期のSIMカードを契約できます。

Taiwan airpor prepaids sim 0002

普段は上の料金表のサービスしか出していません。

しかし60日以上滞在することを伝えると、カウンターの中から以下の料金票を出してくれました。

Taiwan airpor prepaids sim 0001

どういうことでしょう?

今まで30日間で1,000台湾ドル(約3,500円)だった料金が、60日間で1,500台湾ドル(約5,250円)に変わったではないですか!

・30日間で1,000台湾ドル(約3,500円)

【1ヶ月あたり1,000台湾ドル(約3,500円)】

・60日間で1,500台湾ドル(約5,250円)

【1ヶ月あたり750台湾ドル(約2,625円)】

・90日間で2,000台湾ドル(約7,000円)

【1ヶ月あたり666台湾ドル(約2,331円)】

〜〜以下略……〜〜

と、こんな感じで2ヶ月目以降から劇的に値段が下がっていきます。

もっと早く言ってよ!台湾大哥大!

とも感じましたが、ぼくは「このサービスを始めてくれてありがとう!」という気持ちのほうが上回りました(笑)

いつもはカウンターの中に隠してあるようなので、「2ヶ月以上滞在するので、この料金表のプランを見せてください」と言ってみてください。

おそらく店員さんに言わないと、料金表は見せてくれません。

遠傳 FarEarTone

Taiwan airpor prepaids sim 0003

他にも気になったので、隣にあった遠傳 FarEarToneという通信会社のカウンターでも聞いてみました。

すると、お姉さんは料金表のクリアファイルをめくり、2枚目、3枚目の隠された料金表を見せてくれたのです。

Taiwan airpor prepaids sim 0006 Taiwan airpor prepaids sim 0010

思わず、

「遠傳 FarEarTone、お前もか!」

と、ブルータスに裏切られたカエサルの気持ちになって、この台詞を口走りたくなりました。

しかし、どうやらこの通信会社にも中長期の契約プランはあるようです。

こちらのほうがまだお客さんの手の届くクリアファイルの中の2枚目、3枚目にありますが、料金表は台湾大哥大のほうがいいと感じます。

台湾で留学する学生向けのプランもありますが、値段は台湾大哥大とほぼ一緒でした。

中華電信

Taiwan airpor prepaids sim 0011

最後に台湾のドコモと言われている中華電信です。

元国営企業なので、台湾で一番電波がいいのですが……、こちら聞いたところ、中長期プランはやっていないと言われました。

Taiwan airpor prepaids sim 0007

普通の料金プランも、他の通信会社に比べて、少しだけ割高です。

中華電信は台湾の田舎や離島、もしくは山登りなどをする時にオススメだと感じます。

まとめ 台湾で中長期のSIMカードを契約したければ、台湾大哥大がオススメ!

Taiwan airpor prepaids sim 0005

というわけで、台湾のプリペイドSIMは、2ヶ月(60日)以上の料金プランもあります!という報告でした。

今のところ、ぼくが確認できた限りは2社あり、台湾大哥大(Taiwan Mobile)が最もオススメです。

・台湾大哥大のほうが遠傳よりも電波がいい(台湾で2番目くらい)

・台湾大哥大のほうが料金設定が細かい(4.5ヶ月などのプランもある

・台湾大哥大のほうが料金が安い(遠傳の学生料金と一緒)

比べてみると、台湾大哥大のほうが電波もいいし、料金も安いので、かなりいいと感じました。

台湾に2〜3ヶ月旅行する人や2ヶ月から1年間の留学する人にもオススメです。

いやー、本当に台湾大哥大はとてもいいサービスを出してくれたと感じます。

ではまた!

【関連記事】

台湾の桃園空港ですべき両替(換金)、携帯、フリーWiFiまとめ

台湾の台北松山空港でやる両替(換金)、携帯SIM、フリーWiFiまとめ

台湾の高雄国際空港でやる両替(換金)、携帯SIM、フリーWiFiまとめ

YouTube始めました

YouTubechannel start

ブログに加えて、YouTubeチャンネルも始めました。

台湾の観光地やグルメ、ハウツーなどを動画でも発信しています。

文字と写真だけでは伝えきれない台湾を動画にすることで、よりいっそうわかりやすく、面白く紹介する予定です。

動画は毎週の水曜日に上げており、これからは日曜日も上げていきます。

よかったら下からチャンネル登録、お願いします!




(押すだけで、YouTubeを開いたときに、自動的にぼくの動画が届くようになります)


この記事が気に入ったらフォローお願いします。
ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます