【無料】10月28日(土) 19時〜21時15分東京開催「ワーホリ電子書籍出版記念イベントトークショー」のお知らせ


Maehara dmm01

10月28日に電子書籍の出版記念イベントを開くので、よかったら遊びにきませんか?

どうもこんにちは!ここ半年大したブログ記事も書かずに迷走していたブロガーのまえちゃん@Maechan0502です。

さて最近ブログも書かずに何をやっていたかというと、前回のブログ記事に書いた通り、電子書籍を執筆していました。

そして!ようやく!ようやく目処が立ったので、出版記念イベントをやりたいと思います!

まあ目処が立ったというだけで、まだ書き終わっていないのですが、ここは宣言してやりきらないと終わらないとアドバイスを受けたので、もう言っちゃいたいと思います。

内容はスライドを使った1時間くらいのトークショーと、その後に懇親会を計画中です。

しかもイベントは無料なので、よければお越しください。

詳細は以下の通りです。

ではどうぞ。

スポンサーリンク

出版記念イベントの内容

Australia sydney

さて前にも書いた通り、ぼくは現在電子書籍を書いています。

内容はオーストラリアワーキングホリデー本です。オーストラリアにワーホリに行くと決めたら、オーストラリアに行くまでの準備と最初の3ヶ月までにやるべきことを経験者目線で書いた本になっています。

ただし原稿の完成度は3/4で、校正もまだ。電子書籍の出し方もわかっていません。

しかしここはもう思い切って出版記念イベントを設定して、出し切ってしまうことに決めました。

これは先日の記事の後日談になるのですが、電子書籍を作ると決めた後、タイブロガーのゆーたろや一緒に日本から来ていた弁護士の友達のそうすけくんに相談した後に、言われたことがきっかけです。

「いつまでに電子書籍を出せばいいかな?ブログやライターの仕事もあるし、なかなか進まなくて不安なんだど……」

とそれでも逃げ腰になっているぼくに、彼らは言いました。

「でも前原さん、締切決めないと、いつまでたっても出さないっすよ!」

「そうだよ、会場押さえてイベント開き、そこまでに電子書籍を出せなかったら、謝罪会見開けばいいじゃん!オレはそっちの方が見たいけどね!(笑)」

他人事だと思ってテキトーなアイディアを出してくる彼らに、「もっと真剣に考えてくれよ!!」と思ったんですが、たしかに締め切りを決めないとやらないのは当たっていたので、思い切って開くことにしました!

もちろん本の内容も、イベント自体も真面目な内容です。

ただ出版できなかったら、ちょっと謝罪会見と懇親会でぼくがささやかながらおごるというコンセプトの出版イベントになっています。

日時と場所

日時と場所は以下の通りです。

【日時】

2017年10月28日 (土) 19:00 – 21:15

18:45 開場

19:00 トークショースタート

19:45 質問タイム

20:00 懇親会

21:15 解散と片付け

というスケジュールです。

【場所】

東京都中央区新川1-3-4 PAビル 3F

今回の会場はコワーキングスペース茅場町 Co-Edoになります。

東京の東西線・日比谷線茅場町駅から徒歩2分の距離にあるので、アクセスもいいです。

会場は3階なので、お間違えのないよう。

コワーキングスペース茅場町は茅場町駅徒歩2分、4線6駅が利用可能です。 東京駅も徒歩圏内であり、実際はもっと多くの路線でお越しいただけます。

料金と申し込み方法

【料金】

無料

【参加人数】

30名 (席に限りがあるので申し込みはお早めに)

【申し込み方法】

今回のイベント用のLINE@アカウントを作ったので、そこに自分の名前かニックネームを送ってください。

お申込みQRコードはこちらをクリック

もしLINE@を使えない場合は、こちらのグーグルフォームに名前とメールアドレスを記入していただければ、申し込めます。

前原の電子書籍出版記念イベントです。LINE@を申し込み先にしたのですが、LINE@から申し込めない人にはこちらから申し込みいただけます。

トークショーで話す内容

Yann Romain 13

さてここ当日に話す内容を今考えてる段階で紹介します。

トークショーのテーマは「オーストラリアワーホリ 〜マニュアルの向こう側〜」です!

今回ぼくが作っている本の内容はオーストラリアワーキングホリデーのマニュアル本になります。

オーストラリアワーホリに行くと決めたら準備する持ち物や手続き、オーストラリアに到着して3ヶ月間のうちにやることを1冊にまとめました。

最近は嬉しいことにネットでワーホリ情報をたくさん手に入れられるんですが、多すぎて何を選べばいいかわからないという問題も起きています。

なので、ブログよりもわかりやすい形で一通りの準備のやり方を理解できるように、電子書籍を作りました。

Australia 5

しかし作っているうちに、マニュアルにはできないぼくの経験も伝えたいと思ってきました。

たしかに最短で迷わず選びたいというニーズは絶対にあります。それを応えるために電子書籍を作るのは間違いではないと思ったからこそ、ぼくも今年久しぶりにオーストラリアに取材まで行ってきました。

でもワーホリの準備をしていたり、オーストラリアで過ごすと、マニュアルには書かれていない悩みも出てくるわけです。

・ワーホリに行きたいんだけど、親に反対されたらどうするの?

・会社員という安定を捨ててオーストラリアにきたんだけど、またオーストラリアでも行きたい場所と仕事の安定で悩んでる。こういう時はどうすればいい?

・オーストラリアワーホリ終わってからの人生不安なんだけど、どう仕事とかを考えたらいい?

ここらへんの悩みはマニュアル本には書けませんでした。

そしてこれらの問題は、「ぼくはこう考えて、ワーホリ中に失敗しつつも、行動してきた」という実例を紹介するしかない」と思ったので、これについて45分から1時間くらい話そうかと思っています。

メルボルン ストリートアート 15

と言っても、語られるエピソードは全然成功談なんかではありません。むしろ逆です!

ワーホリに行くのを母親に反対されて「絶対見返してやる!」と反発して出てきたはずだったのに、オーストラリアでお金がなくなり、親からお金を借りることになったマエハラの失敗談と学んだ経験とは?

日本で転職か?それとも行きたい海外か?と悩み、オーストラリアに来た。でも到着したオーストラリアでも行きたいタスマニア島に行くか、確実に仕事のあるシドニーに行くか悩んで、選んだ結果は?

オーストラリアでやりたいこと追いかけて、その結果が当時好きだった台湾人に告白しいくことだったけど……。告白失敗したあとに3年間で逆に得たものは?

これらの失敗のおかげで金と準備は大事だと気づき、マニュアル本を作ったんですが、他にもぼくの失敗から学んだことはたくさんあります。

いわば、これから出す電子書籍は表面。トークショーでは裏面を見せたいと思います。

オーストラリアワーホリを考えている人や、前原のワーホリ時代を知りたい人はよかったら来てください。

無料なので、イベント来て、感想書いて、本を宣伝してくれる人も募集中です(笑)

まとめ

というわけで、「電子書籍作っているので、10月28日にイベントをやります!役に立てるお話しするので来てください!」というお知らせでした。

内容的には真面目さと、ノリで決まった部分がありますが、本とイベント自体はしっかりしたものにする予定です!

特にこれからワーホリに行く人には自分の経験を伝えたいと思ってますので、悩んでいる人は来てください!

申し込みはこちらのフォームからお待ちしております。

今回のイベント用のLINE@アカウントを作ったので、そこに自分の名前かニックネームを送ってください。

お申込みQRコードはこちらをクリック

もしLINE@を使えない場合は、こちらのグーグルフォームに名前とメールアドレスを記入していただければ、申し込めます。

前原の電子書籍出版記念イベントです。LINE@を申し込み先にしたのですが、LINE@から申し込めない人にはこちらから申し込みいただけます。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする