【告知】5月23日(火) 19〜21時東京開催 「ブログと海外移住&海外(地域)情報を収益に変える方法セミナー」


Taiwan kyufun01

海外移住って東京から沖縄に引っ越すよりも安くて簡単にできるって知っていましたか?

どうもこんにちは。普段は台湾の台南に住んでいるまえちゃんです。

さてぼくは普段台湾の台南でブログと原稿を書きながら、パソコン一つで場所を選ばずに生活しています。

普段ブログには自分の生活の全てを書かないのですが、まあちょっと変わった働き方と生活をしているのは事実です。

そこで今回5月23日火曜日の19時から21時の間、東京の六本木一丁目で

「ブログと海外移住&海外(地域)情報を収益に変える方法セミナー」

を開かせてもらえることになったので、今回はその告知です。

なんと!今回はブロガーのバイブル本・『ブログ飯』の染谷さんと一緒にしゃべらせてもらえるので、

「前原なんてどうでもいい!染谷さんを見たい!直接しゃべりたい!」

という方にもオススメであります。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

日時と場所

Dmm rounge 01

日時と場所は以下の通りです。

【日時】

2017年5月23日(火) 19:00 – 21:00

【場所】

東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー DMMグループ総合受付24階

セミナーをやる人の自己紹介

前原和裕 (まえはらかずひろ)

1986年5月2日生まれの30歳。台湾台南市在住のブログ収入で生計をたててるプロブロガー、Webライター。

ブログの平均月間PVは34万PV、月間読者数は16万人。

東洋大学社会学部社会学科を卒業後、新卒入社した新古書店の店長として1年半馬車馬のように働く。しかし疲れて安定と有給を求めて公務員に転職を試みるが、面接下手が災いし、転職失敗。

そこで人生に悩んだが、もう一度公務員を受け直すよりも元から海外に行きたい気持ちがつのり、オーストラリアワーキングホリデーを決意。

3ヶ月間のフィリピン英語留学、1年間のオーストラリアワーキングホリデー、1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、現在はそのまま台湾在住。

ワーホリ準備中にブログの存在を知り、2015年10月からはブログ収入で独立。

Webライターもやりながら、現在は職業ブロガー、Webライターとして海外を拠点に活動中。

染谷昌利 (そめやまさとし)

Someyamasatoshi

株式会社MASH 代表取締役

1975年生まれ。埼玉県出身。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、GoogleAdSense、アフィリエイトの専門家として2009年に個人事業主として独立。7年間フリーランスとして活動し、2015年3月に株式会社MASHを設立。

現在はブログメディアの運営とともに、地方自治体や企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

主な著書は

  • 『ブログ飯  〜個性を収入に変える生き方〜』
  • 『世界一優しいアフィリエイトの教科書』
  • 『Google Adsense 成功の法則57』

他著書多数。簡単に言うとすごい人です。

ブログ

インターネットを駆使した情報発信術を軸に、アイドルや筋肉や出版や地方創生やブログ運営論について書いてます。

All About アフィリエイトガイド

「染谷 昌利」からのお知らせや挨拶、経歴などのプロフィールを紹介

内容

Narita airport

ぼくが最初の60分でしゃべる内容はこちらです。

前原の内容

1.意外と簡単にできるぼくの台湾移住生活をスライドで紹介

・片道1万円のLCC航空券買って、飛行機に乗って成田から台湾まで移動する方法

・台湾のATMにクレジットカード入れて、日本の口座から現地のお金を引き出すやり方

・日本より簡単な現地での家探しと契約方法etc.

・コワーキングスペースなんていらない。コーヒーさえ注文できればタダで電源とフリーwifiの使えるお店で仕事

2.日本人が世界各国に住むための手段と条件解説

・ビザの問題

・言葉 (特に英語) の習得の仕方 (フィリピン英語留学など)

・東アジア編 (ex.台湾)

・東南アジア編 (ex.フィリピン)

・オセアニア編 (ex.オーストラリア)

3.自分が海外に住もうと思ったきっかけと、ブログで稼いで海外に住めるまで4年かかった準備

・今では海外に住んでるけど、Wifiという単語を知らず、TOEIC300点だったこと

・ブログ収入が月5万円しかないのに、先輩に行けと言われて行ったこと

・ブログで独立したはいいが、家賃が高過ぎて、すぐに引っ越した話

4.ブログやライターの仕事で稼いでるぼくの方法

・海外にいながらブログで稼ぐ方法

・ライターの仕事の受注方法

・海外の企業からPR記事を受ける方法 など

他にもリクエストあったので、

海外在住者になれば日本でも中国人と同じように15%オフでビックカメラで爆買いできたり、

海外ブロガーの中でなぜぼくがブログだけでも生活できてるのか、PVの集め方などの戦略も説明しようかと思います。

染谷さんのの内容

・海外居住者(地方居住者)の情報発信方

・どんな情報が求められるのか

・独自性の容易さ

・収益化にはどんなやり方があるのか

・ブログの多言語化、ビッグイベントへの準備

基本的にぼくが海外移住の具体的なやり方、海外でブログやライターで稼ぐ実例を説明します。

そして染谷さんが海外でブログを書くメリットや内容、収益化の方法を体系的に説明してくれるセミナーになっています。

ぼく個人の体験談は具体例を出すのでイメージ湧きやすいですが、あくまでも一個人の体験です。もしかしたらぼくだけができた例をあげるかもしれません。

染谷さんは多数の事例をもとに、分析して説明してくれます!

金額と申し込み方法

【金額】

3,000円

【申し込み方法】

こちらのPeatixのリンクから申し込めます。

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」主催月イチセミナーの一般募集ページです。 セミナーの内容 前半部はギガ盛りブログ飯メンバーでもある台湾移住した前原さん(諸般の事情で... powered by Peatix : More than a ticket.

会員になればオンラインからも視聴可能

Gigamoriblogmeshi

なお今回のセミナーは染谷さんのオンラインコミュニティ「ギガ盛りブログ飯」が毎月行っている定期セミナーの5月分としてやらせてもらっています。

染谷さんのオンラインコミュニティ会員は、月額4,320円 (税込) を払うと無料で参加できます。

「これから本腰を入れてブログを勉強したい!」

「1人でやるのは悩んだ時に不安だし、実際に月一でブロガーと話したい!」

「商業出版に取り組みたい!(ぼくはこれが目的で入りました)」

という方は、毎月面白いイベントが開かれてるので、自分のやりたいことと合っていたら、入ってみるのもいいと思います。

あと「ギガ盛りブログ飯」の会員は無料でセミナーの講演ビデオをオンラインで視聴できます。

興味あれば、オンラインからの視聴方法も参加の一つの方法として検討してみてください!

<ブログ飯著者の染谷昌利に情報発信を教わりたい人、コラボしたい人、サロン内でメンバーと交流したい人集まれ!>このオンラインサロンは募集終了しております。新規会員は以下のURL(サロン)で申込可能です。

最後に

Uluru02

というわけで、「5月23日火曜日にセミナーを開きますよ!」というお知らせでした。

ぼくはつい数ヶ月前に染谷さんのオンラインコミュニティー「ギガ盛りブログ飯」に参加させてもらったんですが、わずかな間にこんなチャンスをいただけてビビっています……。

染谷さんは日頃「次の世代にチャンスを〜」とツイッターでつぶやいているんですが、まさか自分にチャンスをくれるとは思いませんでした。

4年前、ぼくが初めてお会いした時に

「染谷さんのブログ教本の『ブログ飯』読みました!

面白かったです!

最後に奥さんが書かれていた8ページくらいのエッセイが一番!」

と超失礼なこと言ったのに、本当にありがたい限りです。

あ!すみません。

真面目なこと言うと、その後ぼくがブログで稼ぐノウハウ (特にアドセンス) や運営方法。染谷さんから飲み会でアフィリエイト業界のすごい人を紹介してもらって教えてもらいながら、海外でのブログ飯を実現できました。

ぼくはいろんな人にお世話になって、今の海外ブログ生活にたどり着いたんですが、染谷さんは本当にお世話になった1人です。

そんなブログの恩人と一緒にしゃべらせてもらえるなんて、めちゃめちゃ感謝しています。

ここ4年間で身につけたノウハウを伝えたと思っていますので、興味があれば申し込んでみてください。

セミナ-の申し込みはこちら

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」主催月イチセミナーの一般募集ページです。 セミナーの内容 前半部はギガ盛りブログ飯メンバーでもある台湾移住した前原さん(諸般の事情で... powered by Peatix : More than a ticket.

ぼくも入ってる染谷さんのオンラインコミュニティーの入会はこちらです

<ブログ飯著者の染谷昌利に情報発信を教わりたい人、コラボしたい人、サロン内でメンバーと交流したい人集まれ!>このオンラインサロンは募集終了しております。新規会員は以下のURL(サロン)で申込可能です。