ワーホリするなら、その前に絶対フィリピン英語留学すべし!!経験者のぼくが心から痛感した3つの良かったこと


英語、しゃべれますか?

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのタスマニアでワーホリ中のまえちゃん@Maechan0502です。

さてタスマニアに着いて初日は海外で初野宿をしましたが、その翌日はちゃんとパックパッカー向けのホテルに泊まりました。タスマニアのホバートという街にあるTransit Backpackers Hotelという安宿です。

ぼくはそこのラウンジで、たくさんの韓国人や台湾人、そしてスリランカやドイツ人と知り合いました。

そこで本当によかったと思ったのは、つたないながらも英語でコミュニケーションが取れて良かったという実感です。

今年の5月から7月にかけて、3ヶ月フィリピンでマンツーマン授業を受けてきた成果をオーストラリアに来て感じます。ではどのあたりに良さを感じるのか?それをワーホリの経験で今回紹介します。

1.日常会話レベルの英語力が身についた

ぼくの二年前のわかりやすい英語力はTOEIC300点です。しかしそれが3ヶ月フィリピン英語留学で、日常英会話をしゃべれるようになりました。

しゃべりやすさでいうと、アジア系>欧米人>ネイティブオーストラリア人の順で差はあります。

それでもちゃんと英文を作ってしゃべれるところまで、ぼくをフィリピン英語留学は3ヶ月で押し上げてくれました。

あの3ヶ月があったからこそ、ぼくはオーストラリアで会う台湾人や香港人と友達になれたし、タスマニアでも欧州から来たヨーロピアンと話すことができてます。

2.英語でメッセージを送れるようになった

1.と少しかぶりますが、英語でテキストメッセージが送れるようになったのも良かったことです。

安宿で仲良くなった台湾人とLINEのアカウントを交換し、その後農家の仕事について連絡を取り合ってます。

一度仲良くなれば、今はスマートフォンのおかげでいつでもどこでも連絡でき、恵まれた時代だと思いました。

メッセージは英会話より返事に時間をかけられるので、こちらもいい練習になってます。

できればワーホリする人は、日本からSIMロックフリースマートフォンを持ってくることを合わせてお勧めします。

3.ワーホリに行く友達をたくさん作ることができた

フィリピン英語留学すると、大勢のワーホリ予定者に会うことができます。

特にぼくは英語を話すために、ずっと台湾人の友達とずっと3ヶ月いました。

彼ら、彼女らはほぼ次に行く予定がオーストラリアでワーホリだったので、こっちにきてからもつながることができてます。

たこ焼きパーティーをしたのもフィリピン英語留学つながりの台湾人友達だし、タスマニアに来たのもフィリピン英語留学時代の日本人友達です。

もうほとんどのオーストラリアでの人とのつながりは、フィリピン英語留学なくして語れません!!

ぜひ仲間を作る意味でも、フィリピン英語留学はやってほしいと思います。

まとめ

いかがでしょうか?実際にオーストラリアに来てから3ヶ月学校に通った人と、フィリピンで3ヶ月学校に通った人だと、後者の方が英語ができます。

それは学校という場が、毎日同じ生徒が顔を合わせるので、友達を作りやすいからです。

日本で学生時代はたくさん出会いがあったけど、働きだしてから交友関係が一気に狭くなったとよく聞きますが、ワーホリも同じことが言えます。

なんせ「ワーキング」ホリデーなので、都会の仕事場ではあまり仲良くなれません。

それにオーストラリアの学校はどうしても一対多数になるので、英会話の練習にはなりにくいです。

その点フィリピン英語留学は、一日6時間のマンツーマン授業が週に5回あります。

しかも一ヶ月通って、三食宿付きで10万円から15万円台なので、コストパフォーマンスが抜群です。

ぜひ英会話を覚えたいなら、ぼくはフィリピン英語留学をオススメします。

フィリピンでずっと付き合えるたくさんの外国人の友達ができ、ぼくの二十代で一番最高の思い出になりました。

本当にオススメです。

ではまた!

Posted from するぷろ for iOS.