01.台湾旅行

え、九份って泊まれるの?旅行会社STWが九份の民宿を出してるツアーを体験しました【PR】

Taipei kyufun minshuku 0066

すみません。九份なんて全然いい台湾観光地じゃないと思っていたんですけど、泊まってみたらめちゃめちゃよかったのです!

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

さて、日本人観光客に一番人気といってもウソではない台湾の九份。

しかし!最近の九份は人が多すぎるので、もはや観光地として全然魅力的ではなくなっていると、個人的には感じていました……。

だけど今回、ご縁で台湾にあるエス・ティー・ワールド(STW)さんの九份に泊まれる民宿に泊まったところ、

「自分の九份への悪印象はツアー観光客が押し寄せる時間帯に行っていたからなんだ……」

という点に気づいたので、今回は九份に一泊してみた様子をレポートしてみます。

ではどうぞ。

今回利用した九份民宿ツアー

今回ぼくが利用させてもらったのは、エス・ティー・ワールド(STW)という旅行会社さんが企画している「九份民宿ツアー」です。

3泊4日の台北ツアーのなかで、台北市内のホテルに2泊、台北で一番の観光地と言われる九份に1泊するのが目玉のツアーになっています。

「ただ九份にわざわざ泊まる価値があるんだろうか?」

と不安に思う日本人もいることでしょう。

ぼくも正直にいうと、

「九份って、滞在してるときは疲れるけど、あとで写真を見返すと綺麗な写真が撮れるスポットだよ」

と感じるくらいのスポットでした。

しかし歌手の一青窈さんのお姉さんである、一青妙さん(作家)のWeb記事がぼくの考えを変えたのです。

【関連記事】

https://www.nippon.com/ja/column/g00529/?pnum=1

「九份の魅力は夜にある。観光客が押し寄せない時間に行けば、本当のよさがわかる」

そう書かれていたので、それを確かめるためにも泊まらせていただきました。

それではここからレポートしてみます。

九份民宿の宿泊ツアーは午後14時くらいから

Taipei kyufun minshuku 0187

まず九份民宿の宿泊ツアーは午後14時からスタートしました。

九份へ来るバスツアーはだいたい夕方の16時から19時半に集中します。

だから、パッケージツアーを組んでいるエス・ティー・ワールド(STW)さんでは、観光客が押し寄せる前に来ることを推奨しているそうです。

Taipei kyufun minshuku 0013

九份に来たら、チェックインをします。

ただ今回泊まる場所は民宿なので、こちらの民宿側では二つのチェックイン方法が用意されていました。

直接民宿へも足を運べるのですが、運営しているコーヒーカフェでも、部屋の説明と鍵を受け取れるのです。

Taipei kyufun minshuku 0018

【涵館珈琲民宿】

こちらがレセプション(受付)代わりのコーヒーカフェです。

Taipei kyufun minshuku 0021

ちょっとひなびた外観ですが、中に入ってみると、落ち着きのある内装と、綺麗なテラスがありました。

Taipei kyufun minshuku 0029

民宿の中には台湾人のチャーリンさんがいて、この方から宿の場所と九份について教えてもらいます。

ちなみにチャーリンさんは日本語が話せるので、日本人でも安心です。

お父さんが台東で民宿を運営しており、娘さんのチャーリンさんはここでお父さんの民宿を管理しているという話でした。

Taipei kyufun minshuku 0026 Taipei kyufun minshuku 0023

直接民宿に行ってもいいのですが、ここに顔を出せばウェルカムフルーツのドライフルーツと、ジュース(コーヒーなども頼める)を無料で出してもらえるそうです。

Taipei kyufun minshuku 0028

また地図をもらい、九份に住んでいる台湾人からオススメの場所を書き込んでもらいます。

民宿運営者のチャーリンさんに質問もでき、ぼくは九份近くの金山博物館などの情報も教えてもらいました。

このあたりのコミュニケーションできる気配りがけっこう嬉しかったです。

台湾のホテルは洗練されている代わりにスタッフの対応が事務的なので、台湾の民宿の魅力はこの辺りにあるかもしれません。

九份にある日光涵館の外観

Taipei kyufun minshuku 0037

チェックインが終わったので、ぼくらは泊まる予定の民宿へ移動しました。

今回ぼくが泊まったところは「日光涵館6番」という民宿です。

チャーリンさんのお父さんは九份で7館ほど運営しており、その中でも一番アンティークな小物にこだわっているのが「日光涵館6番」でした。

なんでも九份全体には100軒ほど民宿があり、実は泊まる施設が充実しているんだそうです。

「日光涵館6番」は、九份で一番有名な阿妹茶樓のある階段まで徒歩1分の距離ほどに位置しています。立地が抜群に良かったので、ここが最高でした。

STWでは、日光涵館4番~6番の部屋の宿泊プラン、ツアープランを販売しているそうです。

日光涵館の部屋紹介

Taipei kyufun minshuku 0043

【客室】

こちらが客室です。今回、ぼく入り口から入ってすぐの場所にある部屋に泊まらせてもらいました。

入り口から手前に冷蔵庫やお茶を入れる給湯器、真ん中にソファー、奥にダブルベッドとシャワールームがあります。

Taipei kyufun minshuku 0045

【ダブルサイズベッド】

こちらがダブルベッドです。なんと一部屋にダブルベッドが2つもありました。これなら4人でも充分に泊まることができます。

また普通のホテルならベッドの前にテレビがついているものですが、ここの民宿にはありませんでした。

その代わりに九份と台湾の海を一望できる窓がついていたので、とても景色が良かったです。

この贅沢な景色を眺めていると、テレビなんていらないと思ってしまいます(笑)

Taipei kyufun minshuku 0049

【ソファー】

入り口とベッドの真ん中にあるのは、ソファーとテーブルです。

いわばリビングルームと言えばいいでしょうか?

Taipei kyufun minshuku 0072

真ん中のテーブルには、お茶を入れるポットもありました。

ソファーからも九份を一望できる窓ガラスがあるので、ここで休憩するのもいいでしょう。

Taipei kyufun minshuku 0074

【棚】

日光涵館6番の特徴はアンティークです。このように中華式の棚に、古いミシンが置いてあったりして、普通のホテルでは見られないアンティークを見ることができました。

中国の文化を基準にしつつつ、日本や西洋を取り入れてるところが面白いです。

Taipei kyufun minshuku 0050

【冷蔵庫と給湯器、お茶】

玄関からすぐ入った場所には、冷蔵庫と給湯器、お茶が置いてありました。

ここでお茶を入れたり、外で買ってきたお土産などを保管しておけます。

バスルーム

Taipei kyufun minshuku 0064

【シャワールーム】

続いては日光涵館のバスルーム紹介です。

日光涵館はシャワールームと洗面台、トイレが一緒の部屋に入っています。

Taipei kyufun minshuku 0065

【シャワールームのアメニティ】

シャワールームのソープです。

シャンプー、ボディーソープがありました。

Taipei kyufun minshuku 0061

【アメニティ】

シャワールーム近くには、アメニティーが一式入っています。

紙コップ、歯ブラシ、バスタオルがありました。綿棒や髪留めなどはなかったので、自分で持って行ったほうがいいでしょう。

18時くらいの日光涵館の眺め

Taipei kyufun minshuku 0066

だいたい16〜19時半くらいの九份は混雑しているんですが、民宿の中はすごく静かでした。

この時間帯の九份は、旅行会社のツアーバスが集中するので、かなり人で九份はごった返して観光すると疲れてしまいます。

その混雑を避けられるのは、九份に泊まってこそだと気付かされました。

18時くらいに九份のうるささを避けて、静かな民宿で一泊するのは最高です。

Taipei kyufun minshuku 0059

こんな景色を落ち着いて眺めながら、ソファーに座れるのは最高じゃないでしょうか?

Taipei kyufun minshuku 0067

お茶を飲みながら、ソファーに座って休むのは、本当に最高だと思います。

19時半過ぎからの九份の眺め

Taipei kyufun minshuku 0089

19時半を過ぎたら、民宿を出て、九份の中を散策するのがオススメです。

この時間帯になると観光客を乗せたツアーバスが帰るので、人気がなくなります。

Taipei kyufun minshuku 0091

18時台は10人以上いた場所も、時間を過ぎればこれくらい人が減ります。

Taipei kyufun minshuku 0112 Taipei kyufun minshuku 0115

人が少なくなるので、落ち着いて撮影することが可能です。

階段も人が少なかったので、珍しく人があまり入っていない写真を撮ることができました。

Taipei kyufun minshuku 0119 Taipei kyufun minshuku 0118

こんな写真をじっくり撮ることができるのが、九份に泊まるいいところでしょう。

他にも時間がたくさんあるので、普段は選ばないお茶屋さんや台湾かき氷を食べることができました。

午前9時前の九份の景色

Taipei kyufun minshuku 0156

また九份の民宿に泊まるいい点は、朝7〜8時の時間にあります。

九份に観光客がやってくるのは9時以降なので、全く人のいない九份の写真を撮ることができるのがポイントです。

Taipei kyufun minshuku 0169

観光客でごった返す九份の階段で、誰もいない写真を撮れます。

こんな景色をぼくは想像ができませんでした。

Taipei kyufun minshuku 0160

また夜は人が押し寄せてしまう小道も、全く人がいません。

こんな九份を歩けるのは最高の贅沢でしょう。

朝食前の散歩に最高のフォトウォークでした。

もし九份の民宿に泊まりたい人は、カメラやスマートフォンを片手に、朝の九份を歩いてみてください。

人にびっくりされる九份の写真を撮ることができるでしょう。

日光涵館の涵館珈琲民宿の朝食

Taipei kyufun minshuku 0176

日光涵館の朝食は、チェックインした涵館珈琲民宿で食べます。

なので、朝起きたら民宿から移動してきて、こちらの涵館珈琲民宿にもう一度行きましょう。

Taipei kyufun minshuku 0019

日光涵館の朝食

Taipei kyufun minshuku 0172

【涵館珈琲民宿の朝食】

こちらが涵館珈琲民宿の朝食です。サンドイッチと台湾で取れるフルーツ、あとはドリンクがついていました。

Taipei kyufun minshuku 0171 Taipei kyufun minshuku 0182

【ジュースとコーヒー】

朝食で頼む時はジュースやコーヒー、お茶の中から一つを選びます。

しかしぼくがゆっくりしていたらチャーリンさんが「コーヒーも飲みますか?」と言ってくれたので、お言葉に甘えて飲ませてもらいました。

Taipei kyufun minshuku 0180 Taipei kyufun minshuku 0177

【晴れた日は九份の景色を眺めながら朝食を】

また晴れた日は外で朝食を食べることができます。

ここの景色が抜群にいいので、9時以降の九份の喧騒を避けて、ここでゆっくりするのはオススメだと感じました。

九份の民宿に泊まるメリット

それでは今回、九份に1泊しみたぼくが正直に九份に泊まって発見した魅力を紹介してみます。

時間がたっぷりあるので、好きな時間に写真をゆっくり撮れる

Taipei kyufun minshuku 0114

九份に行く魅力は、台湾で一番魅力ある景色を撮ることにあります。

しかしツアーでいくと、1時間半くらいしか滞在できません。

初めて九份に行くと、どの時間が混み合っているのかわからないので、いい写真を撮り逃がしてしまいます。

そのために丸一日泊まれば、本当にいい景色を撮ることができるでしょう。

また後から見返したときに、綺麗な九份の景色を残しておけば、本当に台湾旅行に行ってよかったと思えるので、かなり満足度が高いです。

じっくり九份の名所を観光できる

Taipei kyufun minshuku 0130

他にも九份に泊まれば、じっくりと魅力を探ることができます。

たとえば九份でお茶を飲むといえば、阿妹茶樓が有名ですが、実は九份茶坊のほうが雰囲気がいいです。

ただ時間がないと「失敗したくないから、とりあえず有名なほうにいっておくか」と消極的な選択をしてしまいがちになります。

でも24時間くらいも滞在時間があれば、隠れている九份の素敵な茶館に足を運ぶことが可能です。

ぼくも今回九份に泊まったので、やっと九份茶坊という100年の歴史がある茶藝館に足を運ぶことができました。

Taipei kyufun minshuku 0139

民宿を運営している台湾人から、生の情報を聞くことができる

Taipei kyufun minshuku 0031

また九份の民宿に泊まるいいところは、ここに住んでいる台湾人からお話を聞けることです。

これが実は最高に貴重な体験なので、とてもありがたいといえます。

大通り沿いの混んでいる九份は「うちでお土産買って!」「早く!」など、信用できない殺伐とした雰囲気が漂っているので、民宿のチャーリンさんと話せるのは貴重です。

ぜひ泊まったらチェックインの際にいろいろ聞いてみてください。親切で気配りできる方なので、とてもいいです。

九份の民宿に泊まるデメリット

ただ九份に1日泊まると、ちょっとここが不満とか、合わない人もいると思ったので、そこも正直に紹介してみます。

意外と予定をしっかり立てて泊まらないと、九份を効率よくまわれない

Taipei kyufun minshuku 0113

九份に泊まったのですが、実際に泊まってわかったのは、意外と時間をちゃんとみて行動しないと混雑した九份に巻き込まれてしまうことでした。

だいたい観光客の流れはこんな感じなので、その合間をぬって混雑時にはお茶屋さんや民宿で休憩。

お店が閉まる前にご飯を食べる、観光客が帰ったら写真撮影などしないと、混雑に巻き込まれます。

だからこそスケジューリングが大事だと感じました。

九份で食べられるご飯の味はまあまあ

Taipei kyufun minshuku 0124

あと台湾といえばグルメが有名ですが、九份で食べるグルメはまあまあです。

美味しいといえば美味しいんですが、九份らしい名物もないので、そこにあまり期待しないほうがいいでしょう。

グルメを楽しみにしている人は、九份に一泊する価値があるかどうかは悩ましいところです。

ぼくは写真を撮りたかったのでよかったのですが、ここらへんは目的次第だと感じます。

いろいろ台湾を巡りたい人には向いているツアーではない

あと最後に感じたのは、台湾旅行をしていろいろと台北の観光地を回りたい人がいたら、あまり向いていないと感じます。

台北には行くべき王道の観光地がたくさんあります。

中国4,000年の宝物が集まっている故宮博物院。

アジアで2番目に高いビルの台北101。

美味しい中華料理を安く食べられる台北のレストランなどなど。

10カ所以上の見所があるので、そこに行きたい人は九份に泊まらないほうがいいでしょう。

反対にすでに台北の観光地を回ったことがあるリピーターさんや、ゆっくりと九份で友達や家族、カップルで過ごしたい人にはオススメです。

九份の民宿 日光涵館のまとめ

Taipei kyufun minshuku 0166

ではここまで九份の日光涵館のいいところを紹介してきたので、いったんまとめてみます。

九份の日光涵館のいいところ、メリットは以下の6点です。

  • 九份に1日中滞在できるので、台湾旅行の思い出に残る写真を撮れる
  • 九份のピーク時は民宿でゆっくり滞在できるので、消耗しない
  • 綺麗なオーシャンビューを眺められる
  • ホテルでは味わえない台湾らしい宿に泊まれる
  • じっくり九份の観光地(グルメ・お茶屋さんなど)を味わえる
  • 地元の台湾人からオススメの九份スポットを聞ける

一言で表すと、写真を撮ったり、友人やカップル、家族で泊まるのにオススメだと感じました。

なんといっても九份のオススメは、フォトジェニックな景色でしょう。

混雑している時の九份は大変ですが、写真を撮って、後で見返すと本当に台湾旅行の思い出に残ります。

あとは民宿で泊まれる人数が多く、ゆっくりと滞在したいときにオススメです。

もし気になったら、以下のリンクから飛んで予約をしてみてください。こちらに詳しいツアースケジュールや九份への送迎時間、値段が載っています。



エス・ティー・ワールド(STW)の公式サイトで九份ツアーの値段を確認する or 予約する

またエス・ティー・ワールド(STW)では、九份の民宿に泊まれる1泊2日旅行プランも用意しています。

自分で航空券を取ったり、すでに台湾に旅行に行っている人は、こちらから九份の民宿に泊まれるので、よかったらチェックしてみてください。



エス・ティー・ワールド(STW)の公式サイト「TRIPREX」で九份民宿1泊2日の案内を確認する or 予約する

それでは楽しい台湾旅行を!

ではまた。

ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます