01.台湾旅行

台北駅近くの格安ホテル。1泊5〜7千円台で泊まれる台北Mホテルを紹介

台北駅近くで、値段の良くてコスパよくホテルに泊まるなら、台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)がオススメです。

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

ぼくは台湾に住んで4年くらい経つんですが、よく日本から遊びに来る人にオススメのホテルを聞かれます。

エリアによっていくつかオススメするお手頃格安ホテルは違うんですが、台北駅近くなら台北Mホテルがオススメです。

  • 帰国するために使う桃園MRTの台北駅から、徒歩5〜10分の近距離にある
  • 地下鉄の台北駅にも近いので、台北観光にも便利
  • 近所に安いご飯屋さんが多い
  • 土曜以外は料金が安い(1人だと5,500〜7,000円台が多い)
  • 格安ホテルなのにジムの設備が豪華

美味しいグルメのお店は台北駅まわりにないんですが、交通の便やホテル設備はいいです。

では実際に泊まってみた内装を紹介します。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)の外観

【台北Mホテルの外観】

こちらが台北Mホテルの外観です。

2010年代に建てられたので、外装も内装も綺麗です。

泊まってみると、「中の壁が薄くて他のお客さんの声が聞こえる」などの問題点はあるんですが、泊まり心地はよかったです。

【外の休憩所の外観とホテルの入り口】

【休憩所の外観】

【お茶とコーヒー】

ホテルの入り口横には、休憩できるスペースがあり、涼みながらお茶とコーヒーを飲むことができました。

ミストが撒かれていたので、思った以上に日陰であれば涼しかったです。

もちろん日差しのある場所は暑すぎましたが(笑)

【レセプション】

こちらがレセプションです。

受付に行ってパスポートを出せば、カードキーを渡してもらえます。

ちなみにぼくが行った時は受付のお姉さんは英語しかできませんでした。

ただ中には日本語のできるスタッフさんもいるようです。

【カードキー】

カードキーは2枚あり、一つは部屋の中に差しっぱなし。

もう一枚は外出用に持っていくなんて使い方ができます。

【1階ロビー】

一階のロビーは結構広く、ソファーで休むスペースなどもありました。

【荷物置き場】

フロントの左側にはスーツケースを預かってくれる場所があり、チェックイン後に預けることも可能です。

特に台北Mホテルは桃園空港まで直通で行ける桃園MRTの台北駅まで、徒歩7分という近距離なので、ここに荷物を預けていくといいでしょう。

スーツケースは街中のコインロッカーに預けると料金がかかります。かといって、駅から遠いホテルは取りに帰るのも時間がかかるものです。

だから最終日に預けて、効率のいい観光ができるのがありがたいところだと僕は感じました。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)の部屋の種類について

・ファッションダブルルーム 窓なし / ダブル(窓なし) (Double No Window) (二人まで泊まれる・最安・5,500〜7,000円くらい)

・ファッションツインルーム 窓なし (二人まで泊まれる・二番目に安い・目安8,000〜9,000円くらい)

・デラックスダブルルーム (二人まで泊まれる・窓あり・目安9,000円〜1.4万円くらい)

・ラグジュアリーダブルルーム (二人まで泊まれる・窓あり・目安1万円〜1.5万円くらい)

・トリプルルーム (三人まで泊まれる・窓あり・目安7,000〜1万円くらい)

・ファミリールーム (四人まで泊まれる・窓あり・目安7,000〜1万円くらい)

・デラックスファミリールーム (四人まで泊まれる・窓あり・目安1,2万〜1,8万円くらい)

台北Mホテルでは部屋の種類が7つあり、二人から四人まで泊まれます。

二人で泊まると一番安い部屋は、割り勘をしてだいたい3,000〜4,000円くらいの値段で予約が可能です。

今回ぼくは一番安い部屋の・ファッションダブルルーム 窓なし / ダブル(窓なし) (Double No Window) (二人まで泊まれる・最安・5,500〜7,000円くらい)に宿泊してみました。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)の部屋の紹介

【廊下】

【カードキーとドア】

続いて、部屋にチェックインしてみましょう。

カードキーをドアにかざせば、開きます。

【客室内の全体像】

今回ぼくが泊まったのは、一番安いファッションダブルルームという部屋です。

窓がないんですが、部屋の照明はけっこう明るかったです。

【ベッド正面】

【ベッド斜め横】

部屋に入ると、デーンとダブルサイズのベッドが置かれています。

部屋面積の半分はベッドで占められていて、けっこう大きかったです。

ベッドは柔らかく、スブリングが効いて、気持ちよく寝れました。

【ベッドの横のコンセントと電話】

【コンセント差し込みのアップとスイッチ】

ベッド横にはコンセントとスイッチがついており、2つの差し込み口がありました。

各国対応のマルチコンセントプラクで、どんなものを持っていってもこれなら安心です。

(といっても、日本と台湾のコンセントプラグは一緒なんですけど)

【壁横の机と椅子】

壁の横には机と椅子、奥にロッカーがありました。

テーブルは横に水のペットボトル、ケトルが置いてあり、椅子も背もたれがないので、あまり仕事をするには向いていません。

ここは格安ホテルなので仕方ないかなぁと感じました。

【ティーポットとお茶、ペットボトル】

またテーブルの上にはティーポットとお茶やコーヒーのパックが乗っていました。

このホテルは1つしかティーバッグがなかったので、なかなかコスト削減されている感じです。

【コンセントとワイファイ】

またテーブルの上にもコンセントとワイファイプラグがありました。

【クローゼット・セーフティボックス】

クローゼットはテーブルのすぐ隣にあります。真ん中にセーフティーボックス上、下に冷蔵庫がありました。

【冷蔵庫】

安い部屋ですが、一応冷蔵庫も完備しています。

格安ホテルなのか、無駄な作業を省くためなのか、中にジュースや水はなかったです(笑)

【セーフティーボックス】

そして忘れていけないのはセーフティーボックス。

旅行先で不安なパスポートや財布も閉まっておけます。

あとはここにスリッパが完備されていました。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)の洗面台

【洗面台】

台北Mホテルは部屋の奥に洗面台兼シャワールームが付いています。

あたらしいホテルなので、洗面台は綺麗でした。安心して使えるかと感じます。

奥にちゃんと小さいドライヤーもついていました。

【アメニティ】

洗面台のアメニティーは6つです。

・歯ブラシ(2つ)

・カミソリ

・ヘアブラシ

・髪留め

・綿棒・歯間ブラシ

高級ホテルだったらこれに石けんやヒゲソリジェルなどがつくんですけど、台北Mホテルはここまでです。

他の格安ホテルも全く同じアメニティーなので、これが5,000〜7,000円台の台湾格安ホテルの平均なんでしょう。

【タオル・バスタオル】

またタオルとバスタオルも付いていました。

【シャワールームとトイレの全体像】

洗面台の奥にあったのが、シャワールームとトイレです。

取り立てて特徴があるわけではありませんが、とても綺麗でした。

本当にこのホテルはコスト削減ばかりで、特別いいと褒める点はないんですが、全体的にめちゃめちゃ綺麗なのが特徴です。

【シャワーと右にあるソープ類】

シャワールームのアメニティーはシャンプーとボディーソープのみでした。

リンスが必要な人は持っていく必要があります。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)にあるジムなどの施設

【ジム全体の眺め】

ホテルの中にはジムやお茶をする施設もついています。

高級ホテルほどは施設が充実してはいないんですが、他の格安ホテル以上の設備を備えていたので、台北Mホテルに泊まるメリットはここにあると言えるでしょう。

【ランニングマシーン】

【腹筋マシーンとエアロバイク】

【ダンベルとチェストプレスマシーン】

有酸素運動ができるランニングマシーンから、筋トレできるマシーンが揃っているので、本当にすごいです。

台北の高級ホテル以外では、ここが一番ホテルの筋トレ設備は充実していました。

【休憩スペースのテーブルと椅子】

ジムの横にある休憩スペースは、打ち合わせスペースやちょっとした仕事場のような感じで作られていました。

ここも充分な机と椅子の広さがあったので、とてもオススメです。

【コーヒーメーカーとティーバッグ】

休憩スペースのサイドにはコーヒーメーカーとティーバッグも備え付けられています。

1階の外にもあるんですが、屋上近くにもあって、とても便利でした。

【洗濯機と乾燥機と利用者の全体像】

あと屋上には洗濯機と乾燥機もついていました。

嬉しいことに、この洗濯機と乾燥機は利用料が無料です!

他のホテルは有料なので、ここの洗濯機・乾燥機の無料サービスはポイント高いと感じました!

長期滞在したり、洗濯する必要がある人にはオススメです。

【昼の屋上のベンチ写真】

【昼の屋上のベンチとビルの写真】

【昼の屋上のフェンスとスモーク】

また屋上の階は外に出ることもできました。

9月くらいは暑いので、長時間滞在することできないんですが、雰囲気は良かったです。

【夜の屋上のベンチ写真】

【夜の屋上のベンチとビルの写真】

夜のベンチは昼と比べて過ごしやすかったので、かなりオススメでした。

台北Mホテルの朝食

【朝食の部屋の全体像】

台北Mホテルは朝食のサービスもついていました。

ぼくもここの最上階の一つ下の階で朝食をとったので、その様子を紹介してみます。

【ご飯とルーロー飯】

まずこちらのメニューでいちばんのオススメはルーロー飯です。

台湾の家電の電鍋に入っており、ここから自分の好きな分だけすくって食べられるます。

このメニューがここで一番のオススメかもしれません。

【パン】

パンもあり、横にはトースターもありました。

【フライドポテト】

【野菜のサラダバー】

【野菜の炒め物】

おかずはフライドポテトや野菜のサラダバーなどがあり、栄養のバランスは偏っていません。

【ドリンクバー】

【仙草ゼリーとグアバ】

ドリンクバーはお茶やコーヒー、ジュースなどがありました。けっこう充実しています。

デザートも台湾らしい仙草ゼリーと、台湾のフルーツグアバという組み合わせ。

こちらも台湾らしい組み合わせで、十分ここで朝食をとってもいいかと思えました。

【自分でとった朝食】

朝食の味は、同価格帯の格安ホテル友友ホテルよりも、こちらの台北Mホテルの方が美味しかったです。

ただ台北Mホテルの周りは朝食屋さんも多いので、買ってきて食べるのもありかと思いました。

台北Mホテルの近くのオススメスポットと観光地

泊まるところの紹介はホームページやホテル予約サイトを見れば、いくらでもわかります。

なので、ここでは台北市のど真ん中に半年間住んでいたぼくが、台北Mホテルの近所でオススメのレストランや場所を紹介します。

老牌牛肉拉麺大王

台北Mホテルにいちばん近くてオススメなのは、すぐ隣にある老牌牛肉拉麺大王です。

ここのジャージャー麺は絶品で、台北駅近くにあるご飯屋さんでは、個人的にいちばんオススメであります。

ガツン!と効くニンニクの味が病み付きで、一気にかき回して食べてみてください。

オジさんも日本人慣れしていて、かなりフレンドリーです!

【関連記事】

あわせて読みたい
台北のジャージャー麺食べるならここ!台北駅から近い老牌牛肉拉麺大王を紹介します 台湾の台北でここは絶対外さないという炸醤麺 (ジャージャーメン)のお店を紹介します。 こんにちは。台湾在住のまえちゃん@Maech...

二二八和平記念公園

台北Mホテルから近い観光地といえばここ。二二八和平記念公園です。

戦後の台湾の歴史の重大な歴史があった場所なので、歴史に興味ある人はどうぞ。

そうでない人も、昔ながらの中華式建築や池があるので、のんびりできて楽しい場所でもあります。

台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)の立地と行き方 (アクセス)

では最後に桃園MRT(地下鉄)の台北駅から台北Mホテルへの行き方を紹介します。

桃園空港から地下鉄に乗って台北駅に降りると、7〜8分で着くので、とても便利です。

台北Mホテルへの写真での行き方解説

【1番】

まずは桃園地下鉄の台北駅の4番出口から出ましょう。

他の出口からもいけますが、ここから歩いていくルートが一番台北Mホテルに近いです。

【2番】

そのまま歩いて、横断歩道を渡ります。

車やバイクが多いので、この辺りは気をつけて渡ってください。

【3番】

さらに歩きます。

ビルが見えるので、ここからオフィス街へと入っていってください。

【4番】

さらにまっすぐいくと、右手に第一銀行が見えるので、そのまま進みます。

【5番】

十字路まできたら、ここでストップ!

右に曲がって、漢口路を進みます。

ここを曲がれば、あとはもう少しです。

【6番】

漢口路をまっすぐ進んだら見えてきました!

ホテルの建物の壁に名前と案内が出ているので、左に曲がってください。

【ホテルの外観】

あとは中に入って、チェックインすれば大丈夫です。

台北駅からも近く、値段的には充分安くて使える価格なので、ここの格安ホテルはオススメだと言えます。

まとめ 台北Mホテルのメリット・デメリットについて

というわけで、台北Mホテルのホテルレビューは以上です。

まとめると、台北Mホテルのいいところはこんな感じです。

・帰国するために使う桃園MRTの台北駅から、徒歩5〜10分の近距離にある

・地下鉄の台北駅にも近いので、台北観光にも便利

・近所に安いご飯屋さんが多い(学生街なので)

・土曜以外は料金が安い(1人だと5,500〜8,000円)

・格安ホテルなのにジムの設備が豪華

まとめると、台北の台北Mホテルのいいところは、5,500〜8,000円台で台北駅から近い場所に泊まれることです。

桃園空港行きの地下鉄が出ている台北駅まで7〜8分なので、かなり利便性が良かったと感じました。

またジムが充実しているし、休憩室や洗濯機、お茶のサービスなども無料で手厚いので、満足できるでしょう。

反対にデメリットは以下の通りです。

・ホテルのつくりが全体的にチープ

・壁が薄いので、他の人の声が響く(カップルの声がうるさい)

・まわりに観光客用のすごくいいレストランがない

・台北駅まで近いけど、駅に行くまで駅構内も迷いやすいので、迷うかも。

逆にデメリットは全体的にホテルの作りが安っぽいのと、周辺に観光地や台北駅が観光で使うときに向いていないことでしょうか?

特に台北Mホテルは綺麗な作りをしている割に、壁が薄いです!

ぼくが泊まった時は、他の日本人カップルのロマンスされている甲高い声が聞こえてきて、ちょっと恥ずかしい思いをしました(笑)

子供さんの泊まるときは、端っこの部屋に泊まった方がいいかもしれません。

あとはまわりに有名な観光地やレストランが少なく、台北駅も慣れるまでは迷います。

朝や夜にこの周辺でご飯を食べようとしても、美味しい場所が少ないのはネックです。

台北駅も地下鉄が二本通っていて便利なんですが、構内が複雑なので迷ってしまいます。

便利なんですが、慣れるまでが大変です。

移動すると割り切るならこちらのホテルがオススメだと感じました。

友達やカップルとワイワイしながら泊まるなら、こちらがいいかなという感じです。

台北の台北Mホテル(台北門精品飯店・Taipei M Hotel-Main station)に安く泊まる方法

最後に台北の台北Mホテルに泊まりたいと感じている人に、オススメの予約サイトを紹介します。

それがホテル予約サイトのBooking.comです。

セールをやっており、時々4,400円という値段で泊まることができます。

ファッションダブルルーム 窓なし / ダブル(窓なし)というのが一番安い部屋なので、そこをまず探してみてください。

→Booking.comで台北Mホテルの値段を確認する or 予約する

(※希望宿泊日に近づくとホテルの値段は上がります。予約するなら早めがおすすめです。)

それでは楽しい台湾旅行を!

ではまた。

ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます