01.台湾旅行

台湾の桃園国際空港でやる両替(換金)、携帯、フリーWiFiまとめ

DSC02053

台湾の桃園国際空港に到着したらやるべき、両替(換金)、携帯、フリーWiFiの設定をまとめてみました。

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

台湾の桃園空港に到着したら、地下鉄に乗る前にやっておいたほうがいいことがあります。

それが現金の両替(換金)、フリーWi-Fiの登録設定、台湾で使える携帯のSIMカード入手です。

ではいってみましょう。

その前に 自分の到着した空港のターミナルを確認する

ハイ、ではさっそく紹介したいところなんですが、その前に自分の到着したターミナルを確認してみてください。

ターミナルとは建物のことで、広い空港はいくつかの独立した巨大な建物に分かれています。

桃園国際空港には第1ターミナルと第2ターミナルがあり、それぞれ両替や携帯のSIMカードを買える場所が異なっているので、ターミナルの場所がわかっていれば探しやすいです。

桃園空港(桃園国際空港)の台湾銀行で両替(換金)する

Taiwan Taoyuan airport 14

まずは両替です。台湾観光するために空港を訪れたなら、空港で両替してしまいましょう。

本当は市内の台湾銀行の両替が手数料も取られずに一番安いのですが、銀行は平日の10時から3時までしかやっていません。

たとえば2泊3日から3泊4日の短い旅行をするなら、お金よりも時間が重要でしょう。

空港の両替手数料は30元 (約120円)なので、市内にいって銀行を探し、時間をかけるくらいなら、空港の両替所か、ATMで両替をした方が効率がいいです。

たかだか120円のために、短い旅行で30分もかけて銀行探したらもったいないですからね。

実際に5ヶ所で両替して調べてみたところ、空港の両替所と台湾銀行のATMがベストという結論に落ち着きました。

[関連記事]

台湾で日本円を台湾ドルに両替する時絶対損しない方法(8ヶ所比較)

2泊3日から3泊4日の台湾旅行なら2万~4万円あれば充分です。

クレジットカードを持っている人は台湾銀行のATMで海外キャッシングもおすすめ

Taiwan taoyuan airport cashing atm t2 02

またクレジットカードを持っている人は、現金両替よりもレートの良いATMでの両替をオススメします。

ATMでのクレジットカードのキャッシング両替というと利息がついて危ないイメージがありますが、実は現金両替のほうが手数料がかかっていますし、クレジットカードの繰上げ返済すると利息を100円以下にできるのでオススメです。

[関連記事]

詳しいやり方と場所はこちらからどうぞ。

台湾の桃園国際空港のATMでクレジットカードを使ってキャッシングする方法

Taiwan Taoyuan airport 15

(1台湾ドル)=3.6円計算 2018年10月 現在)

フリーWi-Fi登録をする

Taiwan Taoyuan airport 21

次にフリーWi-Fi登録をしましょう。こちらは外国人観光客を対象に整備されてる、台湾政府が提供するフリーWi-Fiです。

iTaiwanというのですが、これは地下鉄のMRTや公共施設などにいって、Wi-Fiの電波を探せばつなぐことができます。

このフリーWi-Fiは空港のサービスカウンター (旅客服務中心)に行って、「フリーWi-Fi プリーズ」と告げ、パスポートを見せると登録してもらえます。

Taiwan Taoyuan airport 24

ちなみにぼくが行った時は写真のカウンターのお姉さまが日本語で説明してくれました。英語がしゃべれなくても大丈夫です。

登録してもらったらiTaiwanのIDが「自分のパスポートナンバー」iTaiwanのパスワードが「自分の生年月日」になります。

たとえば1985年6月30日生まれなら、パスワードは「19850630」です。

有効期限は1ヶ月なので、日本の携帯電話を持っていった人や、Wi-FiのみのiPadのようなタブレットを持っている人には使えるサービスです。

Taiwan Taoyuan airport 22

追記

日本からでも事前にiTaiwanの登録ができるようです。事前にやったほうが受け付けでの登録にかかる時間を省け、時間短縮になるでしょう。

無料Wi-Fiサービス iTaiwan(愛台湾)に登録してみた! | 好好台湾

台湾で使える携帯のSIMカードを手に入れる

Taiwan Taoyuan airport 20

さてフリーWi-Fiは日本のドコモやソフトバンク、auの携帯を持っている人にはフリーWi-Fiを勧めましたが、海外で使えるSIMフリースマートフォンを使える人は、SIMカードを購入して台湾で自分のスマホを使っちゃいましょう。

桃園国際空港の第2ターミナルを出て、右側に進んでいくと、台湾の通信会社が並んでいます。

台湾の空港でSIMカードを購入するメリットは「無制限でインターネットが使えるようになる」という点です。

空港以外の街中の携帯通信会社屋さんでもSIMカードは購入できるのですが、こちらは通信制限がかかります。最大でも8GBしか使えなかったりするので、1ヶ月以内の短い滞在なら空港で通信制限のないSIMカードを購入するのがオススメです。

それでは簡単ですが、説明させてもらいます。4GがLTEの高速のインターネット、3Gがちょっと遅いインターネットです。

台湾大哥大

Taiwan Taoyuan airport 19

台湾大哥大は台湾で一番通信の電波の速度と安定性がいい会社です

電波の質がいいだけあって、値段も一番高いのですが、台湾で一番良い通信会社を選びたいならここがオススメです。

中華通信

Taiwan Taoyuan airport 17

次に中華通信は台湾大哥大よりも電波の質が劣りますが、台湾領導品牌預付卡よりは電波と通信エリアが充実してる会社です。

元々国営だったので、日本で言うとNTT ドコモのポジションでしょうか?

中華通信と契約すれば、中華通信の500以上のWi-Fiスポットが無料で使えるようになるのもお得です。

値段も空港で売っているSIMカードの中では中間の価格設定です。台湾大哥大か中華通信と契約しておけば、スマホの通信エリアと速度は大丈夫でしょう。

台湾領導品牌預付卡

Taiwan Taoyuan airport 18

最後は台湾領導品牌預付卡です。ぼくは全然知らない通信会社なのですが、この会社のSIMカードも空港で契約できます。ポイントは値段で、どこよりも安いです。

ただ得てして安い通信会社は田舎に行くとつながりにくいものなので、台北などの都会で使いたくて、多少通信速度が遅くなったり、電波が入らなくても割り切って使える人が向いているでしょう。

財布の値段と合わせて、好きなSIMカードを選んでみてください。

まとめ 空港で賢く手続きを済ませてから、台湾の観光に行こう

Taiwan Taoyuan airport 16

いかがでしたか?ぼくも空港で携帯のSIMカードの契約をせずに街中にいき、あとあとスマートフォンの通信に苦労したり、銀行のおカネに困ったことがありました。

だから手続きは早めに済ませてしまいましょう。それが苦労せずに台湾観光を楽しむコツです。

次にやることは、桃園空港のターミナルから地下鉄やバスに乗って台北市内まで行くこと

また桃園空港で両替やフリーWiFi(ワイファイ)の設定を済ませてしまったら、台湾観光に行きましょう。

この時に「台湾のどこに行くか、何時に空港に到着するか?」によって使う交通機関が分かれるので、次に知っておくとラクになる交通機関を紹介します。

朝から夜までに桃園空港へ到着して、台北市内に向かう場合は地下鉄(MRT)

地下鉄が動いている時間に桃園空港に到着して、台北市内に向かう場合は、2017年に開通した桃園MRT(地下鉄)に乗るのがオススメです。

桃園MRTは急行に乗ると35分、各駅停車に乗っても50分くらいで台北駅に到着します。

バスだと1時間くらいかかるので、地下鉄がおすすめです。

【関連記事】

【動画付】台湾の桃園空港から桃園地下鉄(MRT)で台北駅まで行く道順解説

深夜に桃園空港へ到着して、台北市内に向かう場合はバス

もし深夜のLCCに乗って、0〜1時くらいに桃園空港に到着した場合、残念ながら桃園MRTは閉まっています。

その場合はバスに乗って、台北市内まで向かうといいでしょう。

バスなら深夜も営業しているので、国光バスに乗っていけば安心です。

【関連記事】

全4社のバスに乗って全部試したぼくがオススメする!桃園国際空港からバスで確実に台北駅に行く方法

[関連記事]

台湾の桃園国際空港のATMでクレジットカードを使ってキャッシングする方法

全4社のバスに乗って全部試したぼくがオススメする!桃園国際空港からバスで確実に台北駅に行く方法

【動画付】台湾の桃園空港から桃園地下鉄(MRT)で台北駅まで行く道順解説

ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます