K-POPよりハマるかも!初心者のアナタに勧めたい台湾のポップミュージック 9曲プラス1曲!


DSC06116

みなさん、台湾のポップミュージックと言われたら何を思い浮かべますか?ビビアン・スーが歌ってた『タイミング』?

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのパースでワーキングホリデー中のまえちゃん@Maechan0502です。

さてこの1年間、フィリピン英語留学とオーストラリアのワーキングホリデーでぼくは台湾人とずっと住んできてきました。その中で素敵な台湾のポップミュージックを知ったので、今回はそれを紹介します。

さすがにいつまでもビビアン・スーがブラックビスケッツとして出した『タイミング』だけではマズイですからね。あれはJ-POPです。

これを知れば、台湾人と話す時にグッと距離が近くなること間違いありません。ワーキングホリデーで台湾人と話す大きなキッカケにもなりますよ!

ではいってみましょう。

スポンサーリンク

五月天 (Mayday)

五月天 (Mayday) 『Dancin’ Dancin’ feat.TERU(GLAY)』

五月天 (Mayday) 『突然好想你』

アジア最大の人気を誇るバンド、それが台湾の五月天 (Mayday)です。最近は日本のドラマの主題歌もやったり、SUMMER SONICに出たりしてて、日本でも活動してます。

GLAYとは昔から交流があって、GLAY のライブ、GLAY EXPOにも台湾代表として参戦したことがあります。

ここではGLAYのTERUさんと一緒に出した『Dancin’ Dancin’ feat.TERU(GLAY)』と、別れた恋人を突然思い出すことを歌った『突然好想你』を紹介します。

周杰倫 (Jay Chou)

周杰倫 (Jay Chou) 『七里香』

周杰倫 (Jay Chou) 『愛你沒差』

台湾で人気No.1の歌手が周杰倫 (Jay Chou) です。中国や台湾に中国語留学する日本人はほぼ必ずJay Chouの名前と曲を覚えて帰ってくるので、いかに中華圏での人気が大きいかがうかがい知れます。

ちなみに2014年の3月にオーストラリアにツアーでやって来たんですが、香港人の友達がそのコンサートに行ったところ、周りの観客はほぼ全員アジア人(おそらく中華系)だったそうです。笑

ワールドツアーって全世界の中華系のファンを動員するツアーだったのかい!さすが中華圏は人口の多さがハンパないです。

近年では映画にも出てて、俳優や監督業もやってます。

邓紫棋 (G.E.M.) 『龙卷风』

こちらは香港人の女性歌手のJ.E.Mですが、この曲は周杰倫 (Jay Chou) の曲をカバーしてます。ソウルフルな声と可愛さにほれぼれしますよ。

ちなみにこの曲の作詞は日本で超有名なあの台湾人のビビアン・スーです。1986年生まれの86(ハチロク)世代なら誰もが懐かしいハズ。笑

陳芳語(Kimberley)『愛你』

こちらは台湾人の歌手Kimberleyです。有名ではないけど、この曲はヒットしてます。昨年ぼくがフィリピンに英語留学した際に、台湾人の友達から教えてもらいました。

S.H.E

S.H.E 『愛上你 Loving You』

S.H.E 『Super Star』

台湾人で一番有名な女性アイドルグループと言えば、S.H.Eです。

日本でいうPerfumeみたいな3人組ですね。曲調は3人の声域の違うハーモニーと、中国の民族楽器を取り入れてるところが、さすが台湾のアイドルグループと言ったところ。

特にメンバーのHebeさんは一番綺麗で、唯一ソロアルバムも出すほどの実力派。

全員30歳をもう越えてるのに未だに人気があるのもすごいですね。

蕭煌奇 (Ricky Xiao)『好好先生』

こちらは今住んでる台湾人シェアメイトに教えてもらった曲です。

『好好先生』は中国語で「良い学校の先生」じゃなくて、「ナイスガイ」って意味になるので間違えないでください!

歌詞の内容は彼女に対して、おごったり、料理を尽くすんだけど、振られても見返りを求めないオトコの人について歌ってます。

……そういう男性をナイスガイというところが非常に台湾っぽいとぼくは感じました。

蕭敬騰 (Jam Hsiao) 『Marry Me』

ぼくが昨年フィリピンに英語留学した時に教えてもらった曲です。蕭敬騰 (Jam Hsiao) はロック系の歌を歌うシンガーなんですが、これは本当にストレートなラブソングになります。

彼の曲はいろいろ聴きましたが、これが一番好きです。

ちなみに台湾で行われた彼のコンサートでは、Wandsの『君が好きだと叫びたい』を歌いました。SLAM DUNKは台湾でも大人気なので、主題歌がカバーされてるんですね。

感想 台湾のポップミュージックをもっと多くの日本人に知ってほしい!

高雄01

さていかがでしたか?この1年間、ぼくもフィリピンの英語学校とオーストラリアに住み、多くの台湾人の友達ができたことでいろんな曲を教えてもらいました。

台湾のポップミュージックは特に歌詞が特徴的だとぼくは感じます。ズバリ男性の書く歌詞は感情がストレートです。

蕭敬騰 (Jam Hsiao) 『Marry Me』は本当にストレートに「キミのことがずっとずっと毎日、毎晩、毎分、毎秒好きだから結婚してくれ」って歌詞です。

その一方で五月天 (Mayday)の『突然好想你』は、別れた恋人のことを思い出してしまう女々しさ、消息を知ることの怖さを歌っています。

そういう歌詞は日本の曲ではあまり見られません。ぼくの知る限り、ゴールデンボンバーのボーカルの鬼龍院翔さんは本気で女々しい歌詞をたくさん書きますが、アルバムの中の1曲に収められています。

そういう歌が流行歌として流行るところが台湾人っぽさなのかと感じました。日本人は感情を隠しがちだけど、そういう台湾の歌のストレートなところが台湾人の体温が伝わってきてぼくは好きです。

また曲でも周杰倫 (Jay Chou)はメロディーがぼくの聴いた限り、どの台湾の曲より親しみやすいです。国境を越える音楽の力を彼の曲には感じるので、初めて台湾ポップミュージックを聴くなら周杰倫 (Jay Chou)は本当にオススメです。

というワケで、もっとお隣の国の音楽を知ってほしいなと思って紹介してみました。

詳しくなればぼくのように「ある日突然元カノが結婚したことFacebookで知り、ちょっと切なくなってそれについて歌った五月天 (Mayday)の『突然好想你』を聴く。」という慰めてもらい方もできます。笑

みなさんにももっと台湾が近い国なることを願うばかりです。

ではまた!