大好評!オーストラリアのシェアハウスで、日韓台香独仏合同のたこ焼きパーティーをやってみました!


たこ焼きパーティー 14

あなたはたこ焼きを作る台湾人や韓国人、フランス人の姿を見たことありますか?

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのパースでワーキングホリデー中のまえちゃん@Maechan0502です。

さて!さる6月8日の日曜日、ぼくの住んでいるオーストラリアのパースのシェアハウスでたこ焼きパーティーを開いてみました。

しかもこのパーティー、日本人はもちろん、韓国人、台湾人、香港人、ドイツ人、フランス人の友達をまねいたビッグパーティーです。

結果は大好評!みんな楽しそうにたこ焼きをくるくるまわしてくれてたので、それを紹介します!

日本から持ってきたたこ焼きの鉄板が今こそ役に立つ時!

てか、なんでオーストラリアでたこ焼きパーティーなんて開けるのか?と思った方もたくさんいると思いますが、それはぼくが日本から鉄板を持ってきたからです。

日本から持ってきたぼくのキャリーケースの重さは総重量25キロ。そして鉄板は2.5キロ。オーストラリアに着いた時は「なんて意味のないものを持ってきてしまったんだ?」とここまで来て後悔し、飛行機に乗って移動するたびに自分の愚かさを呪いました。

でもこうやってたこ焼きパーティーを開けて、本当にどっかに捨てなくてよかったと感じました。笑

たこ焼きパーティー開始!

たこ焼きパーティー 25日本人、フランス人、香港人がたこ焼きを作る

たこ焼きパーティー 30見て見て!みんなたこ焼きの鉄板に夢中だよ!

たこ焼きパーティー 29後ろで遊んでみる。笑

たこ焼きパーティー 35みんなたこ焼き作りに夢中

たこ焼きを実食!

たこ焼きパーティー 31

台湾人のノーマにたこ焼きを食べてもらいましたよ。

たこ焼きパーティー 32

よかった!美味しかったって!

続いてお好み焼きを作る

たこ焼きパーティー 43ぼくと香港人のトンとビビアン

たこ焼きパーティー 44

たこ焼きパーティー 46お約束。笑

さらにはベルギーワッフルまで作った

たこ焼きパーティー 39

たこ焼きパーティー 40

香港人のビビアンが台湾でこの機械を買い、オーストラリアまで持ってきたそうです。

たこ焼きパーティー 41香港人のビビアンの彼氏は台湾のヘンリー

ちなみにヘンリーはウチのシェアハウスのオーナーです。

集まってくれたメンバーはぼくが今までオーストラリア各地で出会った友達

ぼくの今住んでいる場所はオーストラリアの西海岸のパースで、今はみんな全員このパースに住んでいます。しかし今回集まってくれたメンバーは国籍も様々なんですが、さらにぼくが出会った場所もそれぞれ違いました。

How to be sweet 09オーストラリアのタスマニア島で出会ったフランス人のヤンとロマン

フランス人のヤンとロマンと出会った場所はオーストラリア大陸よりさらに南東にあるタスマニア島で出会ったし、韓国人のトムも同じくタスマニアでのチェリーピッキング(さくらんぼ摘み)の仕事仲間です。

DSC06911韓国人のトム。そういえばタスマニアでもたこ焼きパーティーをやったのでした

さらに日本人の女友達はバイロンベイからゴールドコースト空港に向かうバスで偶然出会いました。

Byronbay sunrise 16

そしてなんの縁かみんなこのパースに移動してきて、このシェアハウスでいっせいに集まる。

なんだか別々の場所でであった友達たちが全員一緒の空間で笑ってるのは、写真を撮っててとても不思議な気分でした。

たこ焼きパーティー 21韓国人のトムとヒジ

たこ焼きパーティー 22フランス人のロマンと日本人の友達

たこ焼きパーティー 24ヤクザ映画が大好きなフランス人のヤン

たこ焼きパーティー 19ウチのシェアハウスメイトの台湾人、香港人、ドイツ人、さらに台湾人の友達

たこ焼きパーティー 12テーマはスーパー戦隊!

たこ焼きパーティー 42女の子に囲まれてヘンリーは嬉しそうです。笑

たこ焼きパーティー 36台湾のキャスパーとKG。そしてフランス人のロマン

たこ焼きパーティー大成功 みんなの感想がぼくの心を震わせた

たこ焼きパーティー 37

さて非常に楽しくて、あっという間に時間が過ぎたたこ焼きパーティーでしたが、一番嬉しかったのはみんなからの感想でした。

韓国人のトムはぼくに

「カズ、本当に今日は招待してくれてありがとう!こんなに大勢のいろんな国の人と友達になれて、最高に楽しい日曜日だよ!」といってくれたし、

日本人の女友達からも「今日は本当に美味しくて、かつ楽しかったです!カズさんがたこ焼き器とたくさんの国の人とつながりを持っててくれたからできたことですね。ありがとうございます!」と言ってもらえました。

フランス人のヤンにいたっては

たこ焼きパーティー 17

「カズ、キミのアイディアはいつもパーフェクトだ。タスマニアやメルボルンの時もお好み焼きパーティーを他のみんなと開いたし、今日も素晴らしい。だからカズ、次は必ずフランスに来るんだ。いや、来なければいけない。次はぼくがウチの家に泊めてもてなすから」

と言ってくれました。

「やぁ、ちょっとそれはほめ過ぎではないかい?」とむずがゆくなりましたが、そう言ってもらえて本当に嬉しかったです。

でもこんな楽しいたこ焼きパーティーを開けたのはぼくの手柄ではなく、いろんな優しくてフレンドリーな友達たちがぼくに出会ってくれたからだと思ってます。本当にただそれだけ。

一人一人が優しくていい人たちだったからこそ、それがぼくに「このみんなとたこ焼きパーティーをやったら面白いだろーなー」と思わせてくれ、それがこの日のパーティーにつながったんです。

これはぼくじゃなくて、みんなが開いてくれたパーティーだったんだと心から思います!

たこ焼きパーティー 01

Time flies so quickly.楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

でもぼくのワーキングホリデーの中でもベストに挙げられるくらい楽しくて、こんな時間を過ごすためにオーストラリアに来たんじゃないかと思いました。

あとぼくのワーキングホリデーも半年を切りましたが、こんな楽しい思い出をたくさん作れるように楽しみたいです。

ではまた!