ヒッチハイクが当たり前!タスマニアでヒッチハイクしてきました。


どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのタスマニアでワーホリ中のまえちゃん@Maechan0502です。

みなさん、ヒッチハイクってしたことありますか?

今日、泊まってる家の人に図書館まで送ってもらったのですが、

そこで言われたのが「帰りはヒッチハイクで帰ってきてきてね」

という一言。

次に移る場所を調べるため、長く図書館にいなくてはいけなかったぼくは、「あ……うん」ととまどいながらそのまま降ろされました。

ここタスマニアではヒッチハイクが当たり前

さて一見ぼくはすごくこの家族から嫌われてるように見えますが、実はタスマニアではこのヒッチハイクが当たり前です。

バスが通ってないところに行きたければ、みんな当然のように「ヒッチハイクしなさい」と言ってきます。

またぼくの泊まってる家族のお母さんも、よくヒッチハイカーを乗せるそうです。

そう、タスマニアに住む人にとって、ヒッチハイクはごく自然の交通手段なんです。

おそるおそる自分でもヒッチハイクしてみた

ぼくがいたシグネットという街の図書館から、家まで歩いて約30分。

歩いてもいいですが、さすがに遠いです。

ということで、ものは試しに親指を空に向けて立ててみました。

家に向かって歩きながら、ヒッチハイクしてみる。

……。

しかし眺めてるいると、手を振ったり、フロントガラスから親指を立ててくるドライバーはたくさんいますが、いっこうに止まってくれる気配がありません。

「……本当に止まってくれるのか?」

笑われるばかりで、なんかだまされた気分もしてきた。

そう思いながら、もう500メートルはダラダラと歩いてあきらめかけた時です。

……ある老婦人がぼくの目の前で止まってくれたではありませんか!?

すぐさま家の住所をiPhoneで見せると、そこまで乗せてくれるといってます!

ぼくは何度もお礼を言いながら、初の海外ヒッチハイクで家まで帰ることができました。

ヒッチハイクが当たり前だという噂は本当だった!

タスマニアでヒッチハイク。

これはやってみると、非常に面白いです!乗ってしまうとテンションが上がって、いつもよりかなり積極的にオーストラリア人に話しかけられるし、出会いで旅がいっそう面白くなります。

ちょっとこのまま成功すると、ゲームの裏技を見つけた感覚でどんどん使ってしまいそうです。

みなさんもぜひやってみてください!

ではまた

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク