【動画付き】やっぱり謝罪会見!ワーホリ本イベントでワーホリから学んだ3つの失敗談を赤裸々にしゃべってきました


Working holiday book event 010

ワーホリにこれから行く人、現在ワーホリ中の人に経験者からどうしても伝えたい話があります。

どうも。オーストラリアワーホリ経験者のまえちゃん@Maechan0502です。

ちょっと遅れましたが、先日書いていたワーホリ電子書籍の出版イベントを開いたんですが……、

すみません!結論から言うと、「出版会見イベント」とぶち上げたのに間に合わずに謝罪会見になってしまいました!

しかもその間にイベント準備のスライドを作り、さらに原稿が遅れる始末……。

でも今回自分の1年間のワーホリの失敗を振り返り、これだけはこれから行く人に伝えたい3つの教訓を話してきたので、その動画を公開します。

話した内容はぼくの海外生活の反省と学びになっているので、ワーホリだけでなく海外に長期間行く人に役にてるものになっていると感じます。

というわけで、その動画とトークショーの内容、最後にワーホリガイド本について紹介しているので、レポートさせていただきます。

スポンサーリンク

前原がイベントで話した内容

Working holiday book event 008

さて今回久しぶりにワーホリのイベントをやりました。もちろんイベントの目的はワーホリに行く人に今書いている電子書籍の魅力を伝えることです。

しかしセールストークを2時間聞いてもらうのも申し訳ありません。

そこで今回は電子書籍の話を関係なく、ぼくがワーホリで心から感じた大切だと思う3つのことを話してみました。

それも全部自分の失敗から来る大きな教訓です。

  • お金と準備
  • ワーホリでやりたいことを持つ
  • 自分の将来を考え続ける

今回これらを自分の恥ずかしい当時の失敗を交えて、1時間ほど話させもらいました。

なぜ失敗談を交えたかと言うと、もうぼくのようにアホなワーホリを送る人を減らしたかったからてす!

オーストラリアワーホリにたった17万円で行ったり、逆に現地でお金を稼ぐことにとらわれ過ぎてやりたいことを見失ったり、果てはオーストラリアで恋愛に夢中になる……。

えー、自分でも振り返ると、さすがにここまで酷いワーホリの例の組み合わせはないと思います。

しかし長いワーホリで「お金と準備」「やりたいこと」「恋愛」の1つくらいはみんな必ず悩むものなので、それについての自分の失敗と教訓を話させもらいました!

こちらがその動画です。

自己紹介。本の紹介。そしてオーストラリアワーホリに行くため100万円貯金したのに、到着したら17万円になっていて自分の計画の甘さに後悔した話。

到着したら仕事を2日でクビになったり、住人と金銭トラブル続出。

今度はお金を稼ぐことにとらわれてたけど、自分と向き合ってワーホリでやりたい目標を取り戻した話。

そして最後は恋愛。一番やりたいことが台湾人の女の子に告白するのに夢中になってた。でも振られた後

こんな感じで失敗談と教訓を話し、最後に本の宣伝を入れています。

と言うわけで、これを見てワーホリ本が欲しくなってたら嬉しいです!!

11月30日発売予定なので、今度こそよろしくお願いします!!

えー、というのはおちゃらけすぎてるので、もう少し真面目にスライドとワーホリについて語らせてください。

今のネットのワーホリには将来を考える情報がたりていない

Working holiday book event 014

真面目な話をすると、なぜこの話をしたのかと言うと、未だにワーホリで将来のことを考える情報がネットに少ないと思ったからです。

ぼくがワーホリしたのは、ちょうど今から4年前の2013年11月でした。この間にワーホリの情報はブログやツイッターでは爆発的に増え、格段に行きやすくなったと思います。

ぼくがワーホリの準備をし始めた2012年は、「ワーホリにはMDウォークマンを持っていこう!」という時代遅れの情報しかネットになかったので、隔世の感があります。

でもぼくはワーホリ経験者としてどこか引っかかっていました……。

たしかにワーホリで貯金したり、英語を覚えたり、果ては外国人と恋愛するハウツー情報が増えたのは嬉しいことです。

しかし本当に大事なのは、自分について考えることではないでしょうか?

この動画の最後でぼくはワーホリで一番大切なのは「地図より、まずコンパスを持とう」と言っています。

自分が何をしたくて、どんな自分になりたいのか?

それとまず向き合わないと、増えすぎた情報に振り回されると思うんです。

もちろんそう簡単に自分がわかるとは思いません。ぼく自身、オーストラリアにいたのに今は台湾に住んでいるので、かなり遠回りだったと思います。

その上ぼくは現在台湾でブログ書いて生活してますが、会社でも働いていないし、未だに不安定です。それに影響力や収入面で言えば、他業種のYouTuberには劣るし、収入も月100万円ある人に比べれば、数分の1なのは否めません。

でも小さな世界のことかもしれないけど、オーストラリア時代からやりたかった「ブログ収入で台湾に住む」という目標は達成できました。

誰かに比べたら劣るかもしれない。でもこんなぼくでもワーホリで自分と向き合い、失敗をしながら努力をしてきたら、やりたいことは叶えられました。

だからこれからワーホリに行く人、もしくはワーホリの最中の人は、「自分がどういう人間で、何をこれからしたいのか?」、それを向き合ってもらえたらぼくは嬉しいです。

そしてこれからワーホリに行く人は必要だと思ったら、ぼくの出すワーホリガイド本「ワーホリの歩き方」を読んでほしいと思っています。

ばなさんとのトークショー

Working holiday book event 023

またこのイベントのぼくの発表の後、トークショーが開かれました。

話した相手は、オーストラリアワーホリ経験者で、2017年の初めまで現地で美容師として働いたばなさんです。

彼はワーホリ中に財布を盗まれたので、タダで入れるレストランで飢えをしのいだり、バス停で待っている人にマッサージしてお金を稼いだというサバイバル力あふれる持ち主。

ぼくとは違ったタイプのワーホリを送った人なので、違う一面を伝えられたかと思います。

こちらの動画も上げたいのですが、最後にぼくがプライベートな恋愛事情などをしゃべってるので、編集できたら載せたいと思います。

またばなさんはブログでワーホリ情報を載せているので、ワーホリ関係で参考にしたい方は是非どうぞ。2017年の情報なので、とても新鮮です。

http://baaaaaaana.com/

感謝の言葉と反省

Working holiday book event 028

とういわけで、今回は雨の中のイベントでしたが、来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

一緒にイベントをやってくれた『俺やで、バナやで。』のばなさん。

写真提供いただいたphotravelのPhotravelさん。

レポートを書いていただいたブログの先輩『め〜んずスタジオ』のアスカさん。

前原和裕さんの「ワーホリ電子書籍出版記念イベントトークショー」に参加してきたので、レポートを公開!

この3人では実務でもお世話になりました。ありがとうございます。

Wh book schedule

そしてぼくの書いている電子書籍『ワーホリの歩き方』は11月30日、今度こそ発売予定です!!

ワーホリエージェントに数万円のお金払うより役立つ経験者の情報を1,000円くらいの本にまとめているので、よかったらチェックしてほしいです。

それではラストスパート頑張ります。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする