実はこのワーホリで燃え尽き症候群に陥っていた自分。この一年を振り返って、ようやく新しい目標を立てました!


Working holiday 20134

どうもみなさん、こんにちは。オーストラリアのタスマニアでワーホリ中のまえちゃん@Maechan0502です。

さて日本では年の瀬らしいのですが、こっちのオーストラリアは南半球で夏真っ盛り。したがって「一切!」 年が暮れるという雰囲気はありません。

しかし多くのブログ仲間の方が年末を総括しているので、ここはぼくもビーチでオージー美女を眺めるのをあきらめて、今年を振り返りたいと思います

(夜はダウンジャケットにくるまって寝なきゃいけないほど寒いタスマニアに、水着美女なんていないけどね!)

今年は2年前にやりたいと決心して、ついにオーストラリアでワーキングホリデーすることができました。

しかし本音を告白すると、ここ2ヶ月で燃え尽き症候群に陥っている自分もいました。

やりたいことをやっているはずだったのに、実は心から満足していない。そんなワーホリメーカーのぼくの現状について、今年最後に振り返ってみます。

2013年振り返り 良かったこと

Working holiday 20135

・やりたかったフィリピン英語留学とワーキングホリデーを叶えた

・本当にたくさんの友達が外国人の友達ができた

・日常生活レベルの英語がしゃべれるようになった

・少しずつこのブログがたくさんの人に見てもらえるようになってきた

・ブログを通して、新しい仲間ができた

・いっぱい海外の国や、日本の地方をまわれた (今もまわっている)

・自分の持っている生活するに必要な荷物を、すべてスーツケースの中に収めることができた

・憧れの高城剛さんに直接出会って、お話しできた

今年はぼくにとって大きくいろんな景色が変わった年です。

2年前に思い描いた「海外に住んで、英語を学び、そして外国人の友達をたくさん作る」という目標はついに叶いしました。上の写真は香港の友達とメルボルンで撮った写真です。

2年間。自分がやりたいと思って突き進んできた道は、はっきりと間違っていなかったと言えます。

日本でずっと会社員をやって働いていたら、このどれも達成することなど無理だったでしょう。

Working holiday 20133

こちらはフィリピンの英語学校で出会った台湾人の友達「Lily」の家族と、向こうの家でご飯を食べたときの写真です。

ぼくに日本で家族がいて、友達がいる。そしてスーパーに行ったり、コンビニで立ち読みして何気ない毎日を送っているように、他の国でも誰かがぼくと同じような毎日を送っています。その国らしいライフスタイルで。

そう、誰もが行ける観光旅行じゃなくて、ぼくは海外でも友達を訪ねていく感覚で、外国に行きたかったんです。

そんなやりたかったことを叶えることができ、ぼくの宝物になりました。

そして今年の4月まで一人くらいしか外国人の友達がいなかったぼくがです。

今では台湾、中国、韓国、タイ、そしてフランスやドイツの友達までできました。

大学を卒業する時、もう二度と外国になんて行けないと思っていたのに、今年だけでもう6カ国もまわれました。

ブログで多くの仲間とつながりを得ることができ、そしてインターネットから収入を得るという道を進むことができ始めてます。

そして英語もまだまだですが、ぼくは会話ができるようになったんです。

おまけに憧れだった高城剛さんにフィリピンの英語学校に通っている時に、偶然会うことまでできました。

自分のやりたかったことが叶っていくのは、ぼくにとって一番嬉しかったことです。

その一方で大きな問題点がありました。

問題点

・2年前の2011年の11月にやりたいと思ったことを、だいたいワーキングホリデーに行く前に達成できてしまった

→ ワーホリでやりたいはっきりとした目標がないので、燃え尽き症候群に陥っている

・物価の高いオーストラリアでは、おカネを稼がなくては生活ができないのに、それをする気が湧いてこない

→自分は何か目標があると頑張って働けるタイプだが(1年間で海外に行くために100万円貯金など)、それがないと全然働かないタイプだと痛感。

・英語を勉強するモチベーションも低下気味。

→日常生活レベル話せることで、一定の満足感を得てしまった。特にアジア系の友達と話す時は、おたがいヘタなりに意思疎通できる。その一方で欧米人や、ネイティブオーストラリア人との会話は、聴き取るので精一杯で全然できない。

・ブログを通して、何を達成したいのかが、明確に描けてない

→もう一度このブログで誰に、何を伝えたいのか? それを向き合う必要がある。

そう、このワーキングホリデーにどこか心のそこから満足していないぼくの問題点は、最初の目標がワーホリに来る前にすでに達成されてしまったことにあります。

フィリピン英語留学の時点で、英語も、海外に住むことも、そして多くの外国人の友達を作ることも達成されてしまいました。

そしてワーホリに行く前に行った台湾旅行で、ずっとやりたかったことが現実になりました。

だから燃え尽きてしまった。

そこにやっとこの年の瀬で気づいたんです。オーストラリアに来て、がむしゃらに頑張れない理由はここにあったんだと思います。

思い描いた目標を追いかければ、そこに行くことはできます。それをぼくのこの2年間で体験済みです。

だからこそ常に自分と向き合って、新しいゴールと通過地点をセッティングする必要があると、今痛感しています。

ようやく新しい目標が見つかった

Working holiday 20131

幸い最近ようやくこのワーキングホリデーでの目標が見つかりました。

見つかったというか、自分の中でずっと気になっていたことを目標にしてもいいんじゃないか?そう、向き合えたと言うのが正しいかもしれません。

人から見ればそのために来たのか!?

と言われるかもしれない目標ですが、今の自分に大切なんだからそれでいいじゃんと開き直れました。

いずれまとめて報告したいと思います。

では年内最後の投稿になるかもしれませんが、来年もよろしくお願いします!!

「あしたはもっと遠くへいこう」管理人 前原和裕

ではまた!