ワーキングホリデーへの旅立ち。部屋の荷物をスーツケースにすべておさめたぼくが、今みんなに伝えたいたった一つのこと。


Tabidachi working holiday5

※いつもとテイストが違いますが、長くないので必ず最後まで読んでください。最後のあたりのぼくが本当のぼくです。

今日自分の部屋に散らかっていた、ありとあらゆるものを最終処分した。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く。その準備をすることは、自分の部屋に散乱する物を捨て、たった20キロしか入れられないスーツケースに一年間使う物を詰め、そして異国の地で自分の新しい暮らしをスタートさせる。

ワーキングホリデーというと大層なものに感じるかもしれない。

「コイツ、けっこう人生の大きな決断をしちゃってんな」と思う人もいるだろう。

でも言ってしまおう。それはただの引っ越しだ。

たしかに英語しゃべって仕事するだろう。友達も外国人ばっかりになるかもしれない。他の国の文化にとまどうこともあるだろう。

だけどそんな自分の生活が180度変わったって、自分まで一瞬で180度変わるはずがない。

Tabidachi working holiday2

でも物を処分して、一つだけ変わったと感じたことがある。

それは自分はこれから本当に新しいライフスタイルを生きるんだという実感だ。

これから絶対もうCDをクローゼットに詰めるほど買わないし、あんなに好きだった本も本棚を持つことはないだろう。DVDもどれだけレンタルショップに行ってレンタルすることになるんだろうか?

すべてはiPadやiPhoneでアクセスして、そこからダウンロードして楽しむだろう。荷物はスーツケース20キロ、手荷物が7キロだけになった。

これがぼくのLife Packing(人生の荷物)だ。ここから始まる。新しいライフスタイルが。

これからはこれだけ持てば世界中のいろんな場所で暮らせる。今はまだお金の問題があるから世界中は飛び回れないけれど、数年かけてどこでも稼げる経済力をつけてやろう。

また一つなりたい自分に近づけたことを嬉しく思う。

……最後にスーパークールなブログを書いたついでに、これだけはみんなに言わせてもらいたい。

Tabidachi working holiday1

おい、ブック○フ!!今日せっかくおれがスラムダンク完全版まで売ったというのに、たった8640円でしか買い取らないとはどういうことだ!!倉科カナちゃんの写真集までつけたんだぞ!!オマエ、この谷間が目に入らないのか!!

エアアジア荷物

そこのエアアジア!!オマエのとこの飛行機の手荷物制限が7キロだってさっき知って、今あわてて荷物減らしてんだ!!俺が泣いてもいいのか!!

Australia

てか、オーストラリア!!そっちに行くのはいいけど、オマエんとこの物価高すぎるんだよ!!30万円しか生活費を持っていかないのに、餓死でもしたらどうしようかと心配でたまらねぇよ!!コーラ300円とかビビってパンツが湿(しめ)ったわ!!

あぁぁぁぁーーーーー!!もうオーストラリアの物価が怖すぎて夜も眠れねぇぇぇぇぇーーーーーーーーーー!!!

以上、スーパークールなブロガー、マエハラ@Maechan0502がお送りしました。

「クールなマエハラさん、チョーカッコいい!!抱いて!!」っていう女子がいたら新生銀行の口座番号教えるので、とりあえず送金してください。オーストラリアまで

ぼくとの恋の相談はその後しましょう。

ではまた……