01.台湾旅行

双連駅近くのグルメ格安ホテル。1泊6〜9千円台で泊まれるCUホテル台北を紹介

ホテルに泊まるなら、シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)がオススメです。

どうもこんにちは、台湾在住4年目のまえちゃん@Maechan0502です。

ぼくは台湾に住んで4年くらい経つんですが、よく日本から遊びに来る人にオススメのホテルを聞かれます。

エリアによっていくつかオススメするお手頃格安ホテルは違うんですが、双連駅近くならシーユーホテル台北がオススメです。

  • ゲストハウスとホテルが一体化していている(バックパッカーにも普通の旅行客にも対応)
  • 駅からホテルまでの道に安くて美味しいローカルご飯屋さんが多い
  • 台北で一番のグルメ夜市と言われる寧西夜市が隣にある
  • ホテル付きの朝食が格安ホテルの割に豪華で美味しい
  • 外装は古いけど、ホテルの設備が綺麗で、清潔感ある

交通の便は台北駅から2駅離れているので、少しだけ悪いんです。

ただ反対にホテルの価格が安いし、その上に美味しいローカル台湾グルメを堪能できる場所にあります。

台北でグルメを楽しみたい人はここがオススメです。

では実際に泊まってみた内装を紹介します。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の外観

【シーユーホテル台北の全体の外観】

こちらがシーユーホテル台北の外観です。

ホテルは1階が朝食を食べるレストランとコインランドリー。2階が宿泊施設になっています。

外装は古いんですが、内装は綺麗なので、安心してほしいです。

【ホテルの建物の横にある看板】

ホテルの入っている建物は、台北市の図書館とホテル、公設市場がセットになっており、かなりカオスな作りになっています(笑)

ホテルはユースホステル登録もされているので、建物自体は公共的な施設なのかもしれません。

【玄関を入った後の通路】

【クリスマスデコレーションの階段】

では中に入ってみましょう。

玄関を入って通路を抜け、階段を抜けて上った先が受付です。

【レセプション】

こちらがレセプションです。

受付に行ってパスポートを出せば、カードキーを渡してもらえます。

ちなみにぼくが行った時は受付のお姉さんは英語しかできなかったんですが、笑顔で対応が良かったです。

カードキーは2枚ありました。ただ写真は撮り忘れています。すみません!

【荷物置き場】

フロントの右側にはスーツケースを預かってくれる場所があり、チェックアウト後に預けることも可能です。

旅行最終日はホテルに預け、ギリギリまで観光して、ホテルからタクシーで台北駅まで向かうと楽でしょう。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の部屋の種類について

・4人部屋(1人まで泊まれる・最安・1,900~3,000円くらい)

・スタンダードツインルーム 窓なし (2人まで泊まれる・目安6,000~9,000円くらい)

・スタンダードダブルルーム 窓なし (2人まで泊まれる・目安6,000~9,000円くらい)

・スタンダードトリプルルーム (3人まで泊まれる・窓なし・目安9,000~1.3万円くらい)

・スタンダード4人部屋 (4人まで泊まれる・窓なし・目安1万円~1.5万円くらい)

シーユーホテル台北では部屋の種類が4つあり、1人から4人まで泊まれます。

2人で泊まると一番安い部屋は、割り勘をしてだいたい3,000~5,000円くらいの値段で予約が可能です。

今回ぼくは4人部屋とスタンダードダブルルームの二つに宿泊してみました。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の部屋の紹介

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)は普通の個室(スタンダードダブルルーム)と4人部屋に泊まったので、両方の様子を紹介します。

まずは普通の個室からです。

【廊下】

【ドア】

廊下を抜けたら、部屋にチェックインしてみます。

カードキーをドアにかざせば開くので、カードを押し当ててみて下さい。

【客室内の全体像】

今回ぼくが泊まったのは、一番安いファッションダブルルームという部屋です。

窓がないんですが、部屋の照明はけっこう明るかったです。

【ベッドだけ斜め横】

【ベッドと机】

部屋に入ると、真ん中にダブルサイズのベッドが置かれています。

ただ両サイドもスペースがあり、前回泊まった台北Mホテルの部屋よりも心持ち広かったです。

【ベッドの枕】

枕もふかふかで、なかなかの寝心地の良さです。

【テレビ】

ベッドの前にあるテレビはパナソニック製。

寝っ転がってみるには良さそうです。

【ベッドの横の電話】

ちょっと残念だったのは、ここのホテルのベッド横にコンセントが設置されていないことでした。

「電話はいらないからコンセントつけてくれー!」と思うお客さんはぼくだけではないはずです。

【テーブルと椅子、ホテルの備え付けの設備】

入り口横の壁には机と椅子がありました。

テーブルは横に水のペットボトル、ケトルが置いてあります。

椅子は背もたれがあったので、ここのホテルはけっこう格安ホテルなのに
仕事や作業するのに向いていました。

今まで泊まった同価格帯の台北Mホテルや友友ホテルは、ホテルの部屋の椅子がイマイチだったので、これはオススメです。

【ティーポットとお茶】

【ペットボトルとリモコン、ティッシュ】

またテーブルの上にはティーポットとお茶やコーヒーのパック、ペットボトルが乗っていました。

コーヒー、紅茶、烏龍茶など、種類がたくさんあったので、これはありがたっかたです。

いやー、後で触れますが、このホテルは本当に食べ物や飲み物が充実しています!


【コンセントと有線LAN】

【壁横のケトル】

またテーブルの上のケトルをどけると、コンセントと有線LANがありました。

ちょっとコンセントはここしか使いやすい場所がなかったのが、CUホテル台北の残念なポイントです。

【冷蔵庫】

安い部屋ですが、一応冷蔵庫も完備しています。

格安ホテルなのか、無駄な作業を省くためなのか、中にジュースや水はなかったです。

【ベッド横の二段テーブルとスリッパ】

ベッド横のテーブルには説明書きとスリッパも。

【部屋のドアとハンガー、荷物置き】

【荷物置きと自分のバッグ】

あとCUホテル台北の部屋にロッカーはありませんでした。

代わりに荷物置きに自分の荷物を置き、壁にかかっているハンガーに荷物をかけます。

CUホテル台北には、セキュリティーボックスとロッカーはありませんでした。

またコンセントがベッド脇になかったのが残念でしたが、他のホテルよりも使いやすいテーブルがあったのが、よかったです。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の洗面台

【洗面台とトイレの全体像】

シーユーホテル台北は部屋に入って、右側に洗面台兼シャワールーム兼トイレが付いています。

外観は古いホテルですが、トイレと洗面台は綺麗でした。安心して使えるかと感じます。

【ドライヤー】

洗面台横にちゃんと小さいドライヤーもついていました。

【アメニティのアップ】

洗面台のアメニティーは7つです。

【石鹸】

・歯ブラシ(2つ)

・カミソリ

・ヘアブラシ

・髪留め

・綿棒・歯間ブラシ

他の格安ホテルに比べ、石けんがついていたのが地味にコスパいいなぁという印象でした。

他の格安ホテルは石けん抜きで、全く同じアメニティーなので、これが5,000~7,000円台の台湾格安ホテルの平均なんでしょう。

【自分と洗面台、タオル・バスタオル】

また洗面台の下に、タオルとバスタオルも付いていました。

【シャワールームの全体像】

洗面台の横にあったのが、シャワールームです。

取り立てて特徴があるわけではありませんが、とても綺麗でした。

本当にこのホテルは、外観の割に内装が清潔です。

あとシャワールームのアメニティーはシャンプーとボディーソープのみでした。

リンスが必要な人は持っていく必要があります。

【トイレ】

トイレもこじんまりですが、綺麗でした。

ちなみに台湾はトイレにトイレットペーパーを流すと詰まるので、横のゴミ箱に捨ててください。

CUホテル台北の部屋の内装とベッド

【ベッドとドア】

CUホテル台北は個室だけではなく、ゲストハウス的な相部屋もあります。

両方併設されているところは珍しいので、ぼくは両方泊まってみました

【部屋の全体像】

こちらが4人部屋のカプセルホテルです。

最近の台湾のゲストハウスはカプセルホテル方式が有名ですが、ここは木のベッドでした。

カーテンで仕切られているので、個室感はあります。

【ベッドの中 全体】

【ベッドの中 枕と照明】

ぼくの泊まったベッドがこちらです。

ベッドの布団の厚みは薄くて少し背中が痛かったですが、まあこんなものでしょうか?

照明の脇に、一つコンセントがついていました。

一つだけだと心もとないかもしれませんが、ちょっと古いホテルなので、しかたないかもしれません。

【枕と自分の荷物】

【枕と扉を開いたところ】

ベッドの枕部分の後ろにはセキュリティーボックスがついており、ロッカーがわりになっています。

けっこう広かったので、いろんなものを入れやすかったです。

ただここのロッカーの鍵を使うためには、フロントで100台湾ドル(約350円)のお金を預けないといけません。

ほぼ必ず使うと思うので、泊まる人はフロントでチェックインするときに合わせて鍵をもらったほうがいいでしょう。

【テーブルとハンガーを干す場所】

あとはハンガーをかける場所もあったので、防寒具はここにかけることができました。

ただハンガーの数が一人1本しかなかったので、洗濯物を干すまではできません。

洗濯物を干すならあきらめて、下のコインランドリーにある乾燥機を使ったほうがよさそうです。

CUホテル台北のシャワールームと洗面所

【男性用・女性用マークと壁のボード】

続いて、2階にあるシャワールームです。

けっこうシャワールームは他のゲストハウスに近い作りをしていました。

【シャワールームの全体像】

シャワールーム内はこんな感じです。

室内は広く、シャンプーとボディーソープ、荷物入れもついていました。

あまり期待しないほうがいいかもしれません。

【シャンプーとボディーソープ】

シャンプーとボディーソープは二つあります。

ここも台湾のゲストハウスでは平均的な作りです。リンスだけないので、欲しい人は自分で持って行ってください。

【パウダールーム(鏡と洗面所・ドライヤー)】

シャワールームの外にはパウダールームがあり、ここで髪を乾かしたり、化粧したりできます。

綿棒などはありませんでしたが、清潔感がありました。

【洗衣區】

あと面白いと思ったのは、洗衣區(ランドリー)という場所があったことです。

どうやら流しが洗濯板のようにギザギザになっており、自分で洗濯物を洗うようでした。

【脱水機】

奥には脱水機もつけられており、完全に自分で洗えるようになっています。

ただぼく的には部屋のハンガーが足りなかったので、どこで干せばいいのかはわかりませんでした。

CUホテル台北のキッチン

【キッチンの全体像】

シャワールームの隣にはキッチンもありました。

【流しと電子レンジ】

コンロはないんですか、流しとキッチンはありました。

あとお皿もあったので、買ってきたフルーツや持ち帰ったご飯をお皿に入れられそうです。

【冷蔵庫】

【給湯器】

冷蔵庫と給湯器もあるので、カップラーメンも入れられますし、コンビニで買ってきた食材の保管もできます。

コンロがあれば満点でしたが、近くに深夜までご飯を食べられる場所があるので、CUホテル台北はコンロがなくても大丈夫かと感じました。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の1階にあるジム、ランドリーなどの施設

ホテルの1階には朝食を食べる食堂やジム(というよりも運動する場所)、コインランドリーもついていました。

他のホテルと比べるとジムもしょぼいし、コインランドリーはお金を取るので、あまりオススメではありません。

ただ朝食だけは抜群によかったので、その様子を紹介します。

CUホテル台北のジム設備

【ランニングマシーン】

一階の朝食を食べる食堂の一角にランニングマシーンや腹筋マシーンが置いてあります。

ただ使える時間が限られているのと、器具自体が少ないです。

このホテルはぼくが泊まった台北の格安ホテルの中で、一番ジム設備が充実していませんでした。

ジム設備には期待しないでください。

1階にあるコインランドリー

【洗濯機と乾燥機と利用者の全体像】

1階の別室に洗濯機と乾燥機もついています。

残念ながらホテルはゲストハウスと併設されてるので、この洗濯機と乾燥機は有料でした。

洗濯機は1回で50台湾ドル(約175円)です。

乾燥機は10分で10台湾ドル(約35円)でした。

洗剤も有料で、2階のフロントで買う必要があります。

(すみません、値段は忘れました……)

他の5,000〜7,000円台のホテルのランドリーは無料なので、ここはCUホテル台北の弱点かもしれません。

CUホテル台北の朝食

【朝食の部屋の全体像】

CUホテル台北は朝食のサービスもついていました。

こちらのホテルはベッド横にコンセントが付いてなかったり、ジムがしょぼかったり、洗濯する場所が有料だったり、他のホテルと比べて劣ってる部分があります。

ただ朝食コーナーが素晴らしかったです!

台湾はご飯を目当てに来る人がいるので、ここは推したいポイントでした。

ぼくは1階で朝食をとって、けっこう感動したので、その様子を紹介してみます。

※ 4人部屋の宿泊客には朝食はついていません。

【担仔麺とルーロー飯の場所】

【麺と茹でる場所】

【できた担仔麺と胡椒などの調味料】

まずこちらのメニューでいちばんのオススメは担仔麺とルーロー飯です。

台湾の家電の電鍋に入っており、ここから自分の好きな分だけすくって食べられます。

また担仔麺は麺を自分で温めて、自分で肉を乗せて作れるので、かなりオススメでした。

自分で台湾の料理を作って食べられるのは、他の同価格台のホテルではできないし、外のレストランではできません。

コレはかなりオススメです!

【パン】

パンもあり、横にはトースターもありました。

ジャムの種類も豊富!

【フライドポテト】

【野菜のサラダバーとコーヒー】

【肉まんやおかゆに乗せる具】

また肉まんやおかゆも食べることができます。

肉まんを温める機会は少ないので、ホテルの値段の割に充実し過ぎです。

おかずはフライドポテトや野菜のサラダバーなどがあり、栄養のバランスは偏っていません。

【パッションフルーツのデザート】

ドリンクバーはお茶やコーヒー、ジュースなどがありました。なかなか充実しています。

デザートもパッションフルーツが置いてあり、もてなす姿勢がすごいと感じました。

台湾のフルーツは台湾を代表する名物ですが、包丁やナイフを持っていない旅行者はなかなか食べる機会がありません。

でもパッションフルーツなどは食べずに帰るのは、もったいない味です!

それを出してくれるところは、本当にすごいかと思います。

【自分でとった朝食】

朝食の味は、今まで泊まった同価格帯の格安ホテルの台北Mホテルや友友ホテルより、こちらのCUホテル台北が一歩抜きん出ていました。

他のホテルは外で食べてもいいかと思いましたが、CUホテル台北は朝頑張って起きて、朝ごはんを食べたいホテルです!

CUホテル台北の近くのオススメスポットと観光地

泊まるところの紹介はホームページやホテル予約サイトを見れば、いくらでもわかります。

なので、ここでは台北市のど真ん中に半年間住んでいたぼくが、CUホテル台北の近所でオススメのレストランや場所を紹介します。

寧西夜市

Taipei neisha nightmarket 003

CUホテル台北にいちばん近くてオススメなのは、すぐ隣にある寧西夜市です。

ここは台北の夜市のなかで、一番のグルメ夜市として有名!

士林夜市よりも観光客が少なく、地元の台北人も利用する夜市として人気になっています。

夜市のお店以外にも、鶏肉飯(ジーローファン)の名店として知られているので、よかったら試してみてください。

こんなに夜市に近いホテルは見たことないので、ぼくはとても驚きました。

冰讃(マンゴーかき氷屋さん)

Karigoori 028

CUホテル台北と双連駅に間には、有名なデザート屋さんが二つあります。

そのうちの一つが4〜10月くらいまでしか営業しないことで有名な冰讃です。

冰讃の名物はマンゴーかき氷で、ふわふわな雪花冰のかき氷を食べられます。

日本語も通じるかき氷屋さんなので、日本人観光客も通いやすいことでしょう。

【関連記事】

台北のマンゴーかき氷の名店と言えば冰讃(ピンザン)!半年か営業しないお店を紹介します

双連円仔湯

もう一つの有名なスイーツ屋さんが双連円仔湯です。

お餅の上にきな粉と黒胡麻をまぶした伝統的な台湾スイーツのお店であります。

ここは日本人にも評判が高く、かなり好きな人が多いので、よかったら訪れてほしいです。

阿國切仔麺

CUホテル台北のまわりにはグルメ夜市とデザートの他にも、美味しいものがまだまだあります。

阿國切仔麺もその一つです。

切仔麺という薄味の麺と、ここのお店は炸紅焼肉という揚げたお肉が美味しいので、
このお店もオススメでした。

地元の人が並んでいたので美味しいのかと思って入ってみたんですが、これが大当たり!

しかも値段も地元価格だったので、お財布にも優しかったです。

シーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)の立地と行き方 (アクセス)

では最後に桃園MRT(地下鉄)の双連駅からシーユーホテル台北への行き方を紹介します。

桃園空港から地下鉄に乗って台北駅へ。そこから地下鉄の淡水信義線の淡水方面に乗り、2駅先の双連駅で降りてください。

シーユーホテル台北への写真での行き方解説

【1番】

まずは桃園地下鉄の双連駅の1番出口から出ましょう。

2番出口からもいけますが、横断歩道を渡ることになるので、1番線からがラクです。

【2番】

【3番】

そのまま階段を降りて、出口を背にして左側に向かってください。

あとこのまま真っ直ぐ歩くだけなんですが、他にも目印となる写真を撮ったので、紹介します。

【4番】

さらに歩きます。

雨でも歩けるような屋根付きの歩道なので、ひたすら進んでください。

【5番】

まっすぐいくと、十字路の横断歩道が見えるので、そこも曲がらずにまっすぐ進みます。

【ユースホステルと書かれたCUホテル台北】

ここです!ホテルの建物の壁が入り口上にかかっているので、なかに入れば大丈夫です。

【ホテルの外観】

チェックインする場所は2階なので、上がってみてください。

お疲れ様でした。

台北は他の台湾の都市に比べて雨が多いんですが、このホテルは屋根のある商店街を通ってくるんで、濡れにくいんじゃないでしょうか?

駅から5分くらい歩きますが、立地はいい方だと感じます。

まとめ シーユーホテル台北のメリット・デメリットについて

というわけで、シーユーホテル台北のホテルレビューは以上です。

・ゲストハウスとホテルが一体化していている(バックパッカーにも普通の旅行客にも対応)

・駅からホテルまでの道に安くて美味しいローカルご飯屋さんが多い

・台北で一番のグルメ夜市と言われる寧西夜市が隣にある

・ホテル付きの朝食が格安ホテルの割に豪華で美味しい

・外装は古いけど、ホテルの設備が綺麗で、清潔感ある

まとめると、台北のシーユーホテル台北のいいところは、6,000~9,000円台で台湾グルメを堪能できる双連駅に泊まれることです。

またゲストハウス用の部屋も併設されているので、2,000〜3,000円でも食べることができます。

隣には台北No.1のグルメ夜市もあるし、双連駅からホテルに向かうときは、美味しいローカルのお店もたくさんあるのも特徴。

あとは台北駅からも2駅離れているだけなので、立地も良いほうです。

格安ホテルの中ではここが一歩抜き出るほど朝食も美味しいので、グルメを楽しみたいならオススメです。

またジムが充実しているし、休憩室や洗濯機、お茶のサービスなども無料で手厚いので、満足できるでしょう。

反対にデメリットは以下の通りです。

・ホテルが広いので、ゲストハウス用の部屋に行くのが遠い

・朝食以外の設備はがっかりするほどショボい(ジムやキッチンなど)

・休憩スペースもソファーが置いてある程度

・ランドリーを使うなら、お金を払わないといけない

逆にデメリットはグルメを推す以外は、設備的にショボいことです。

洗濯するときのランドリーもお金を取るし、ジムも全然充実していません。

推せるポイントがグルメ以外ないので、けっこう人を選ぶホテルかもしれないです。

ぼくは食べ物を重視するので、このホテルはけっこう好きなのですが、人を選ぶかもしれないと感じました。

観光するときも近くのめぼしい観光地は迪化街(ディーファージエ)なので、地下鉄に乗る必要があります。

双連駅の止まる淡水信義線は観光に便利なのでいいんですが、もっと観光したいなら台北駅周りのほうが動きやすいのは確かです。

美味しくて安い台湾グルメを食べたいなら、こちらのホテルがオススメだと感じました。

まあぼくはこれくらい振り切っているほうが好きなので、美味しいグルメを食べるならCUホテル台北はオススメです。

あとまわりは下町の雰囲気を残しているので、地元の人が暮らしている雰囲気を味わいたい人にもいいかと感じます。

台北のシーユーホテル台北(西悠飯店・CU HOTEL)に安く泊まる方法

最後に台北のシーユーホテル台北に泊まりたいと感じている人に、オススメの予約サイトを紹介します。

それがホテル予約サイトのBooking.comです。

時々セールもやっており、予約システムも使いやすいので、簡単に予約することができます。

→Booking.comでシーユーホテル台北の値段を確認する or 予約する

(※希望宿泊日に近づくとホテルの値段は上がります。予約するなら早めがおすすめです。)

それでは楽しい台湾旅行を!

ではまた。

【関連記事】

台北で5,000〜10,000円台で泊まれる格安ホテルをランキング形式でまとめてみました。

台北の格安ホテルランキングまとめ。1泊5千円から1万円以内で宿泊可能!

この記事が気に入ったらフォローお願いします。
ABOUT ME
まえちゃん
職業ブロガー、ライター。台湾台南市在住。台湾に住みながらブログ収入とライター収入で生計を立てています。 1年間の台湾ワーキングホリデーを経て、台湾生活4年目に向かって生活中。 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。 お仕事の依頼はこちらの問い合わせページからお願いします。 →→ ここを押すと問い合わせページへ飛びます